FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

LTE-AdvancedのCAの問題点は周波数の組み合わせが非常に多くなる事、更に端末の対応問題が複雑化

鳴り物入りと言っていい状態で日本でも始まろうとしているLTE-Advancedのキャリアアグリゲーションは
バラバラの帯域を一つにまとめて高速化出来るので、今後のスタンダードな技術になる事は間違い有りません。
しかし私は仕組み的に抱えている問題も大きいなと考えています。

それは私がLTEの開始前に周波数が3Gの頃に比べて各国で細分化される事を危惧してそれ関係の記事を繰り返し
書いたりしていましたが、結局それは端末の対応の分散化を引き起こしてしまい、世界共通端末というものが
一気に減ってしまいました。世界共通は無いわけではないけど、本当にコア帯域のみOKみたいな、GSMの
クアッドバンド端末の頃から比べると大きな退化です。

それでもコア帯域さえ共通なら使えないことはないですが、その国向けに専用に設計された端末よりも
掴める帯域は確実に少なくなり、電波の受信状況や速度的には不利にならざるを得ません。
日本でも1.5GHz帯のように確実に世界から無視されているバンドも有りますし、1.7GHz帯のように
ドコモのバンドでは東名阪とか訳の分からないことをして無駄を作ってしまっている帯域も有ります。

まあその辺りの話は追々マルチバンド対応のモデムチップと、AndroidやiPhoneのベースバンドの
プロファイルの対応で徐々に整理・対応されてくのだろうと思っていますが、その事情をここでまた
ややこしくするのが、CAの対応問題。

CAに対応するバンドは当然ながらモデムICやベースバンドのファームのプロファイルでが対応している
バンドである事は大前提ですが、そこにCAの組み合わせのプロファイルも重なってくるので、対応の
話が非常にややこしくなります。単一バンド毎では対応していても、CAの組み合わせで対応していない
端末とキャリアの組み合わせも当然考えられると思います。

CAは、アンテナ等の物理的はハードは必要ないので、後からでも対応される可能性は有りますが、
日本国内の1.5GHz帯などはCA_1-21と定義されていますので、そもそも1.5GHzに対応しない
海外の端末ではCAに対応できないケースも非常に増えてきて、今後海外の白ロムだと限られた
パターンでしかCAが使えない状態が続く可能性が高まったように思います。

一方で海外の端末が非常によく対応していると思われるBand1とBand3に跨ったCAは今の所定義されて
いないようで、少なくとも私が調べた限りではCA_1-3は見当たりません。アメリカではAWSで組み合わ
せで使っていたバンドなだけに、メジャーになるのかなと思っていたのですけど、両方とも
CAのベースバンドとして使われるようで、ベース同士での組み合わせは避けるという習わしが
有るのかも知れません。

常時黄な所、始まってみなければ分からない部分も多く、現状で分かる事も知れています。
出てくればもっと色々と問題点が分かってくるかもしれません。
少なくとも今はバンドと対応端末の組み合わせの問題が大きいなと思います。
関連記事
  1. 2014/04/23(水) 19:54:37|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<端末販売ランキングでAndroidがじわじわ上がり、iPhoneはじわじわ落ち&将来の3G停波に向けてVoLTE対応のフィーチャホンは必要だと思う | ホーム | ソフトバンクが2014年夏モデル発表会を見送り、純増・MNP・VoLTE・定額通話等、質疑応答での袋叩きを回避か?>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4694-f023c6bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。