FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

米キャピタルのソフトバンク株保有比率が6.67%に減少、1年で半減している事から、売り抜けで市場にソフトバンク株がダブつく恐れ

米キャピタルのソフトバンク株保有比率が6.67%に減少、1年で半減 ~ ロイター
米運用会社、キャピタル・リサーチ・アンド・マネジメントの保有するソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート)の持分が6.67%に低下した。直前の保有比率は7.89%、昨年6月は13.56%だったため、持分は過去一年で約半分に低下したことになる。

米投資会社のキャピタルリサーチはソフトバンクの株の放出を続けているようです。
企業の5%以上の株を持っている株主は、大量保有者とされ、持ち株に変動が有れば
大量保有報告書を提出する義務が有ります。その大量保有報告書でこの事が発覚した模様。

去年の6月頃と言えば5000円台ですから、一時は倍近い所まで株価が上げたので、
もうソフトバンクにはそれ以上伸びしろが無いと判断され、売り抜けに入ったのだろう
と思われます。

iPhoneは全キャリアが扱い、かといってAndroidに売れる弾を持っているわけでもない。
日本のMVNOはどんどん格安になり、しかもドコモの回線を使っている。
純増やMNPだって渋い。スプリントはもう滅茶苦茶な状態。

ソフトバンクの株をもう持ち続ける意味は薄いと感じ、売り抜けに入っているのでは
ないかと思います。ここから先、株価は上げては叩かれ、上げては叩かれの繰り返しに
なりそうです。

下り最速とかいう類ではないですか、ここから先はソフトバンク株は「買わされる」と
いう形で、キャピタルやその他の投資会社などの養分化する事になっていきそうな
予感がします。

暫くの間は「下がりにくいのに何故か儲からない」という、初心者を嵌め込む悪質な
株になってしまうかも知れませんね。孫正義氏ご自慢のカチ上げ部隊はどうするの
でしょうか。ソフトバンクには現金がないので、自社株買いで支える力はもう余り
無いように思います。


怖い怖い。
関連記事
  1. 2014/04/22(火) 19:48:06|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ソフトバンクが2014年夏モデル発表会を見送り、純増・MNP・VoLTE・定額通話等、質疑応答での袋叩きを回避か? | ホーム | 韓国SKT、竹島で下り150Mbps(CA)のLTE-Advancedを提供開始>>

コメント

手品は終了ってことですか?
  1. URL |
  2. 2014/04/22(火) 22:22:24 |
  3. die #-
  4. [ 編集]

鍵を握るのははシンジゲートを組んで大量に資金提供(融資)している銀行の動きでしょう。1社でも、シンジゲートを抜けて融資した資金の回収に回ると、ババは引きたくない、とばかりに株の大量売りや、貸し渋り/資金引き上げがおこり、SBの経営が傾く可能性があります。(そのことを見越して米国居住に手を打ったのかもしれませんが)
  1. URL |
  2. 2014/04/22(火) 23:22:41 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

no softbankを読んでみましたが、よくもまあこんだけ問題を起こせるものだと、呆れを通り越して感激しました。
なぜこんな企業とも呼べない責任感でありながらいまだに潰れないのか。
これは迷いなく文句なく疑いなく世界の七不思議に入れたほうがいい現象です。
ナスカの地上画、水晶髑髏、マチュピチュ空中都市・・・そんなものはSoftbankが潰れない現象の前にはカスみたいなものです。
  1. URL |
  2. 2014/04/23(水) 21:10:38 |
  3. 南 #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4692-6630edb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。