FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ジャパンディスプレイ2560x1440(5.5インチ)液晶を出荷開始、見え始めてきた64bit CPUが必須の環境

ジャパンディスプレイ(JDI)、スマホ向け5.5インチ2560x1440液晶を出荷開始 ~ リンゲルブルーメン
ジャパンディスプレイ(JDI)は3月27日、スマートフォン向けの5.5インチ2K解像度の液晶モジュールの出荷を開始したと発表しました。

2K解像度のディスプレイがジャパンディスプレイから本格的に出荷が開始された模様です。

2560x1440の2K解像度は32bit colorを前提とすると、

2560×1440×4(byte)=14,745,600(約14MB)

なるので、一画面を表示するだけでも約14MBのフレームバッファを要求します。
Android端末だとJellyBean以上を動かすと、Android OSのスクロールに3面使って
いますから、フレームバッファだけで約42MBのメモリを消費します。

当然メインメモリ側にもガッツリと表示用のデータを確保する必要が有り、
2Kの画面を搭載した端末は最低でも2GBを積んでいないと話にならないと考えられます。
出来れば3GB以上は欲しい所。

こう考えると4Kの画面を積む端末は

4192×2358×4(byte)=39,538,944(約37.7MB)

と、4Kの最低クラスと思われる解像度ですらこのメモリサイズになります。
スクロールに3面を使うとフレームバッファだけで113.1MBのメモリを要求します。
しかもこれだけのメモリを高速にアクセスする必要が有るので、速度方面でも
相当高い要求が付きつけられます。

当然メインRAMも相当食いますから、3GBでもギリギリではないでしょうか。
4K解像度の端末はもはや32bitでは重荷です。

画面に4Kを採用する端末から初めて64bitのCPUが生きてくることになると思います。
64bitプロセッサが要求する端末像がようやく見え始めてきたのではないでしょうか。
関連記事
  1. 2014/03/28(金) 19:37:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Yモバイル誕生、しかしソフトバンクに3240億円支払って99.68%の株を買わされ、Yahoo所持の議決権比率は33.29%、拒否権も与えてもらえず | ホーム | オバマ大統領の次期端末はAndroidの可能性、ホワイトハウス関係者がサムスンとLGのAndroid端末をテスト中>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4607-39c35a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。