FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモドットコム、スマートホンレポート「1月にはAndroidが49.7%のシェアを獲得し、iOS:43.1%を上回った」

BCN携帯電話・週間売れ筋ランキング(集計期間:2014年3月17日~3月23日)

BCNの携帯総合ランキングを見ると、今迄と少しづつ動きが変わっているような気がします。
iPohne 5sの16GBが1~3位、iPohne 5sの32GBが4~6位になっているのは変わりません。
一定の購入層の購入が終われば安いものが上に来るのは例年のモデルの売れ行きと
変わりませんが、それぞれのグループの中で、両方ともドコモの端末が一番上に来ました。
そしてソフトバンクが一番下。

これは3月16日が最後と言われたキャッシュバックの影響が有ったと考えられます。
ソフトバンク系はこの日で最後となり、ドコモ系も一部は条件が悪化したというのが
聞こえてきていました。それでもドコモ系はまだ月末までは続いているという事で、
まだばら撒いているドコモのiPhoneがトップに来ることで、端末販売ランキングの
順位はキャッシュバック次第という事がよく分かると思います。

そして7~10位を見るとAndroid端末が4台入っており、徐々にAndroid端末の復活が
見えてくると思います。

iPhone集中から分散傾向へ--12月~1月のスマホ購入状況、ドコモ・ドットコム調査 ~ CNET Japan
ドコモ・ドットコムによる、モバイルビジネス・マーケティング情報誌「スマートフォンレポート」の最新号(Vol.11)より、スマートフォン購入状況調査の一部をお届けする。

スマートホンレポートで示されたiPhone 5sの各キャリアの販売状況の月ごとのシェアの移行。
・ドコモ     11月:17.2%→12月:13.4%→1月:10.4%
・ソフトバンク 11月:15.8%→12月:10.5%→1月:10.2%
・au       11月:12.4%→12月:8.6% →1月:8.5%



BCN等とは調査対象範囲が違う事でシェアに違いが見られます。
ドコモ系だからドコモが有利になるような範囲を取っているのか、それとも
自然とドコモが強い範囲になっただけなのかは分かりませんが、ソフトバンク系の
所がソフトバンクが有利になるような測定などを発表しているよりは信用しても
いいかなという気になる所がとても不思議です。

続いてOS別で見てみると、12月はiOS:48.8%に対してAndroid:44.3%と、10月、11月に続いてiOSがAndroidをかろうじて上回ったが、1月にはAndroidが49.7%のシェアを獲得し、iOS:43.1%を上回った。「iPhone 5s」「iPhone 5c」の人気は他のAndroid端末と比較するとまだ高いが、ここにきてAndroid機種の人気が回復していることがわかる。ちなみに、1年前にあたる2012年12月のiOSシェア(33.4)%と比較すると、2013年12月のiOSシェアは15%程高い。これは、ドコモからiPhoneが発売された影響によるものとみることができるだろう。

さすがに「2年前のドコモの端末がクソだった」という分析は書けませんよね。
有り勝ちなiPhoneだけのせいにしてしまっていて、ここの分析は残念な状態。
iPhoneが出たから移行が有ったのは間違いないですが、しかし何故その受け皿に
一気に移行してしまったのか、その原動力になる大きな力をしっかりと分析して
貰いたいなと思います。怒りは普段出ないような大きな力を生み出します。


クリックで拡大

なんとなく眺めると、10台とお年寄りでソフトバンクが強い傾向が見られます。
10台は責任もないし、軽いノリで犬とか金爆とかで選んでいたのかも知れません。

しかし社会に出ると社会的責任が増し、信頼が大事な事に気づきます。
なので信用の無いキャリアは使えないという判断がこのキャリアの年代別の
偏りから見えてくる気がするのですが気のせいでしょうか?

お年寄りは単純に「騙しやすい」だけのような気がさいます。
言われたら色々「はいはい」「専門家の言う事だから」という事なのかも。

本当なら家族割の影響がもっと強いのかと思ったら、ドコモ系の割には結構
アグレッシブな結果を載せるもんだと思いました。



二つの資料の結果のどちらも、大まかには時間が進むごとにiPhoneのシェアが徐々に
落ちている事が分かります。双方ともAndroidの復活が触れられていたり、ランキング
から見えてきたりします。ただ去年よりはその動きは間違いなく遅いです。
まだドコモの二年前の端末の出来の悪さの禊期間は完全には終わっていませんから、
その影響も大きいのではないかなと思います。
関連記事
  1. 2014/03/25(火) 19:48:43|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Androidの新しいバージョンまで影響する、バッファオーバフローバグが報告され、OSレベルの権限で色々出来る可能性有り | ホーム | ウィルコム、24日に6時間超の障害、実際の利用者が少なくてユーザーの障害レポートが殆ど見つからない>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4597-c74edd7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。