FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Appleに盲目の忠誠を誓うiPhone信者化問題、アップルから受けた感動を選民意識と攻撃性に変化させる能力を取得する

Appleに盲目の忠誠を誓う「信者」が多いiPhoneユーザー、いったいどこから改宗したのか ~ buzzap
テレグラフ紙が報じたところによると、イギリスで2000人のiPhoneユーザーを対象に調査を行ったところ、実に5人に3人(6割)が常にAppleブランドに対して盲目の忠誠を誓い、常に最新のiPhoneに切り替えると述べたそうです。
彼らに対し別のスマートフォンを考えていない理由を尋ねたところ、78%が「他のスマートフォンを持つことを今は考えられない」と回答。さらに52%はiPhoneを持ったことで「感動させられた」とまで述べています。

イギリスでもiPhone信者というか、アップル信者の事が取り上げられています。
日本でもよくあるケースなのですが、アップルのする事は間違いないと盲目に信じる
傾向を示し、個人の心の中でそう思っているだけならいいのですが、例えば私が
iPhoneやiOSを叩いていると、頑張って攻撃してこられるような方が少なくありません。
(最近は私に何をやっても無駄と理解したのか頻度は減りましたが)

私がiPhone関連の不具合をまとめている理由はこの記事の通りなのですが、
これがまた長く長く検索で読まれている記事なんです。
過去のまとめ記事は本当によく検索で読まれている状態です。

普通は気になったら検索してOSのバージョンアップとか端末が好きとか嫌いとか
関係なしにして調べ、自分に利があるかどうかの判断で動きますよね。

しかし一部の信者層にはそれが通じない。
iOS7がいかにクソであろうが、iOS6のマップとの時もどれだけクソであっても
それを担ぎ上げ、擁護に回っています。私はその姿がとてもとても嫌いで、
より次回まとめる為のエネルギーになっていたりします。

燃えたり、焦げたり、煙を吐いたり。
ごくまれにならまだ分からなくもないですが、ちょっと頻度が高すぎませんか
と疑問を投げかけた記事を書いても否定されることも。事実の羅列なのに。

私がiPhoneの品質に完全見限ったのは例の感電事故に対してのアップルの態度。
中国のCAさんが感電死したやつです。

あの時はアップルは「徹底的に調べる」と言い放ってから結局世間が忘れて
フェードアウトするのを狙ったように何の公式発表もなし。
アップルの企業理念をわかりやすく表現した事件だったと思います。

「(都合の悪いことは)逃げる、隠れる、やり過ごす」
辺りがアップルの社訓として社内に掲げられているのかと思ってしまう程。

その事件に対して、アップル信者達は何を言ったのでしょう?
少なくとも私は非難している意見は一つも見かけたことはありませんでした。


まあ日本でもアップルや信者の動きはそんなものなんですが、冒頭に上げた
イギリスのiOSユーザーのシェアはこんな感じ。



2013/9~2013/11迄の各OSのシェアになりますが、9/20にiPhone 5s/5cが発売
されたイギリスでもiOSのシェアは下げています。

一番iPhoneが売れているはずのこの時期でも、シェアを下げているとか、
もう完全に終っているとしか言いようが無いですね。

それでも販売価格を高く保ち、利益率を最大にする為に、発売直後は如何にして
品薄にして入荷待ちを維持する期間を長くし、出来るだけ客を長く待たせて、
売れている感を演出するとか、もう狂気の沙汰だと思っています。

よくもまあこんなアップルの茶番劇に付き合っているなと。
見え見えの品薄商法の演出なのに、それに乗ってしまう。


日本ではドコモの失策のお蔭でiPhoneへより客が集まってしまう事になって
しまいましたが、それも恐らく今回で賞味期限が切れていくでしょう。

次のiPhone 6では画面が変わるという事でうわさになっていますけど、
余り変化が無ければ、そろそろ高価な価格付けが足を急速に引っ張り
始めると思います。日本以外では完全にピークを過ぎてしまいましたから。

日本は色々ドコモのお蔭で例年と同じ伸び率を維持できましたし、
何よりもAndroidが考えられない程売れなかったので、シェアでみると
極端にiPhoneが売れたように見えてしまうという事態に。

でもドコモのiPhoneへの参戦が無ければどうなっていたのでしょう?
もしかすると、ここまでiPhone 5sの品薄が続かなかったのかもとか
なんとなく想像してしまいます。

ドコモも利益率を考えると、何時までもiPhoneを扱う事が最善かどうか。
次のiPhone 6は扱わざるを得ないですが、更にその次はきっちりと
Android端末の立て直しを行い、iPhoneの取り扱いをフェードアウト方向に
持っていっても意外と問題ないような気がしていたりしなかったり。
今もiPadは扱っていませんし、そのまま扱わなくてもいいように思います。
あれやこれやアップルに縛られる必要なないでしょう。

ドコモにはNexusシリーズなど、SIMフリーの持ち込みも多いですし、
MVNOを考慮すれば意外と味方になるものは多いです。
ドコモはそれをうまく利用していないだけで、使える武器は多いです。


iPhoneを触ると、細やかな心配りというか、細部まできちんと作られて
いるなという事を感じさせるところが所々に見られます。
ファンになる人の気持ちは分からなくはないです。

しかし信者化すると、その細やかな心配りは他方へは向けられず、
自身の選民意識に付け替えられてしまい、自分が感動したアップルの
配慮は、他者へ向けては攻撃性へと変化してしまいます。

それがどんな逆効果を生み出してきたのかは、多くの人がよく御存じのとおり。
PPCになる前のモトローラな頃から何故かアップル信者というと
いいイメージが無いという伝統は、信者自信が受け繋いできた
その”伝統”が生み出しているんだなといつもいつも思わさせられて
しまいます。


昨日も信者の方がコメントで絡んでおいでになってから、なんとなく
遠い目になって感じた事をずらずらと書いてみました。
関連記事
  1. 2014/03/13(木) 19:28:26|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<シェールガスはハズレでガスコンバインドも最適解とは言えず、日本には核廃棄物の最終処分場に向く場所があるので、そこに作ってどんどん原発を動かそう | ホーム | GoogleがAndroid向けゲームコントローラーの会社を買収して開発中、そこから透けて見える次期Androidの姿>>

コメント

いい加減appleを元の世界に戻してあげよう

> 「(都合の悪いことは)逃げる、隠れる、やり過ごす」
辺りがアップルの社訓として社内に掲げられているのかと思ってしまう程。

もともとappleはPCの頃から信者相手の商売をしてましたからね。このように見える体質も、信者を相手にしている限り、なんの問題もありません。

iPodに始まり、iPhoneが馬鹿売れして、信者以外とも、本当に久しぶり(まだmicrosoftと覇権争いをしていた時以来だと思います)に、向き合うことになり、jobsも含め、本当に戸惑ったと思います。

幸か不幸か、jobsのカリスマのおかげで、社風を変えずにすんだapple。再び、信者相手の閉じた世界へと向かう方が、appleにとっては幸せなのかもしれません。(株主はご立腹かもしれませんが。)
  1. URL |
  2. 2014/03/13(木) 22:23:24 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

壱さん

まるでソフト○ンクの社長の事を言われてるのかと思いましたよw

ちなみに
http://rbmen.blogspot.jp/2014/03/ios-719to5mac.html?m=1
ios7.1の事を公にも出してきましたねw一部のユーザーだけみたいなはぐらかし方は変わりませんが
  1. URL |
  2. 2014/03/14(金) 17:44:37 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

>壱さん
確かに一般の方と触れ合うのはiMac発売の頃以来かも知れませんね。
iMacも罪作りな機種で、あれでPCに初めて触れた女性の方も多く、
チャットなどではよくPC関係の話では仲間外れにされてしまっていた事も
見かけたりしましたね。

それが無ければアップルが一般の人と触れ合う事は本当になく、
信者向けの商売が上手だなと感じます。
なんだか「林檎は人の世界では生きていけない・・・さあ腐海の森へお帰り」
みたいな事を思い浮かべてしまいましたw


>ジャホさん
確かに言っている内容が孫正義氏みたいですね(笑)
iOS7.1のバッテリー問題、まだまだ奥は深そうですね。
ブルスクリーンや再起動も多く報告されていますので、結局は困ってる
ユーザーが変化しただけのような気がします。
  1. URL |
  2. 2014/03/14(金) 18:11:29 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4566-a548a0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。