FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

MWCで存在感を示そうとするFirefox OS、まだ間に合うかも知れないが、展開が遅すぎる

上下に拡大するFirefox OS端末、25ドルスマホも登場 ~ ケータイWatch
24日(現地時間)に開幕するMobile World Congressに先がけ、Mozillaはプレス向けイベントを開催。Firefox OSの広がりや、最新の取り組みについて解説した。
「Firefox OSは世界にオルタナティブ(別の選択肢)を与える」と語るCOOのジェイ・サリヴァン氏は、同OSを搭載した端末がすでに15の市場で発売されていることを紹介。「フィーチャーフォンから乗り換える最初のスマートフォン」(同)として、主に新興国市場でFirefox OSが選ばれていることを紹介した。南米や欧州を皮切りに、2014年はアフリカ、アジア、東欧といった地域にもFirefox OSを拡大していく構えだ。
より高機能な端末が生まれる一方で、さらに価格を下げた廉価モデルも登場した。サリヴァン氏が「25ドル(約2500円)のスマートフォン」として紹介したのが、中国・上海に拠点を置くSPREADTRUMのスマートフォン。1GHzのCortex A5を採用したコンパクトな端末で、新興国市場で発売される予定だ。

Firefox OSの展開をMozillaがプレスイベントを開催して発表。
今後の展開等が語られています。

そこで「別の選択肢を与える」と既に市場が制覇されている状況を認識した上で
新たに切り込んでいると分かる事がで紹介。

「フィーチャーフォンから乗り換える最初のスマートフォン」と、初めから通関点
でしかなく、自分達の出したOSは気に入って使ってもらうためのものでもない、
そんな風にも聞こえます。

$25(約2500円)の端末も登場するという事で、価格的な引きは確かに有りますが、
Android端末でも4000円程度の端末は既にあるわけで、極端に有利な市場を
築けるとは限りません。

むしろまだそんなペースでやってるの?ってのが私の感想で、何の為にAndroidと
同じカーネルとHALを使って、Androidが動いている端末にすぐに載せられるように
Firefox OSを設計して有るんだと訝しげに見てしまいます。

そこまでAndroidにコバンザメな仕様にしておきながら、ちんたらと何をやって
るんだって思います。

それとFirefox OSの大きな失敗の一つと考えているのが、ホームボタンを物理ボタン
として置いている事。こんなものさっさと廃止して、Androidのようにソフトキー化
するべきです。

それだけでどれだけコストダウンにつながるか。
端末メーカーは安価な端末の開発を求められるのに、Mozillaもそこのパイを狙って
Firefox OSを作っているのに、コストアップの要因を残しているのはおかしい。
以前iPhoneでもよく見られたように、ホームボタンの故障は非常に困る要素です。
なので安くする為とあまりいい加減には作れませんし、ある程度の品質は必要です。
なので機械的な部品を一つでも減らすことは廉価な領域を狙うには必要な事だと
私は考えるのです。そうする事で、よりメーカーも安価な端末でも利益率を確保
しやすくなるので参入を期待できると思います。

それとソニーのような既にAndroid端末からボタンを廃止しているメーカーは
専用のボタン付き筐体を作る必要が有り、使いまわし出来るはずのものですら
使いまわし出来なくしてしまっており、不利な状況を自ら作り出しています。
ボタン無しの端末なら、Androidの端末が、何一つと専用化を行わなくても
Firefox OS向けに全くそのまま使えるものも有るんじゃないかなと思うのですけど。
そうなっていると、メーカーとしては売れ残ったAndroid端末に、Firefox OSを
焼き直してまた売るって事も可能なんですよね。それを妨げているのはあの
物理ホームキーだと思います。余計な自己主張です。



Firefox OS エコシステムの勢いを示す新しい開発ハードウェアおよびツール ~ Mozilla Japanのブログ
新しいリファレンススマートフォン

Mobile World Congress において、Mozilla は開発者向けの新しいスマートフォンリファレンスモデル、Firefox OS Flame を展示しています。開発者は Flame を利用して実際のモバイルネットワーク環境や、加速度計、NFC、カメラなどのハードウェアを利用したテストが行えます。市販の Firefox OS 搭載スマートフォンと同様、Flame 開発リファレンススマートフォンには Qualcomm プロセッサが搭載されています。今回は高性能な 1.2GHz のデュアルコアプロセッサを採用しているため、高度な処理能力を必要とするゲームやアプリのテストも容易に実行できます。メモリ容量の少ない特定の Firefox OS 搭載スマートフォン向けにアプリを開発する場合には、Flame の RAM 容量を 1GB から 256MB に変更して、低スペックのスマートフォン上でそのアプリがどのようなパフォーマンスを示すかを確認することもできます。また、開発者や早期採用者は Flame を使用することによって日々更新される Firefox OS の最新開発版を利用でき、開発プラットフォーム全般に貢献することが可能になります。

Firefox OS Flame の仕様 (リファレンスデバイス):
・Qualcomm MSM8210 Snapdragon、1.2GHz デュアルコアプロセッサ
・4.5 インチスクリーン (FWVGA 854 x 480 ピクセル)
・カメラ: 背面: 5MP / 前面: 2MP
・3G UMTS 4 周波数帯対応 (850/900/1900/2100)
・8GB ストレージ
・256MB~1GB RAM (開発者が調整可能)
・A-GPS、NFC
・バッテリ容量: 1,800 mAh
・WiFi: 802.11 b/g/n、Bluetooth、Micro USB
・数十万人の PhoneGap ユーザが Firefox OS 向けアプリを開発可能

PhoneGap の次期リリースで Firefox OS がサポートされる予定です。PhoneGap は複数プラットフォーム対応のアプリを開発できる代表的な開発ツールです。今回のサポートは、最近発表されたCordova の Firefox OS 対応に基づくものです。Cordova は Apache Foundation の人気の高いオープンソースプロジェクトであり、HTML5 アプリをネイティブアプリと同様にパッケージ化できます。

リファレンスデバイスになるFirefox OS Flameですが、SoCはMSM8210 1.2GHzで
Cortex-A7 DualcoreのCPUを搭載。RAMも1GBを搭載していて、ユーザーに見える
メモリ容量を調整できるようになっています。
画面は4.5インチ480x854でFirefox OS向けとしては十分な性能を持っています。
今まで出た端末と比べるとハイエンドと言っていいぐらいです。仕様的には私が
Firefox OSを入れているXperia arcの環境とそれなりに似てきたように思います。
Xperia arcでも、もっと使いやすくなると嬉しいのですけどね。

PhoneGapはAdobeから出ているモバイル端末向けのアプリ開発環境で、PhoneGap用の
開発ソースコードから、Android、iOS、Windows Phone、Blackberry 5/6/7、webOS
向けのアプリを開発できる優れものです。更にその上に、Firefox OSも対応される
ことになりました。

これでFirefox OS向けの開発はそこそこ進む可能性が有ります。
が、こういった自動ツールの吐き出すコードは無駄がかなり多く、AndroidやiOSや
WindowsPhoneやBlackberryのようにネイティブコードやバイトコードのように、
プログラムが作られるのならいいのですが、HTMLとJavascriptに翻訳される
Firefox OSでは非常に無駄なコードが吐かれる可能性が高く、WEBページ作成用の
ソフトを使用して、WEBページを作った時のように、無駄だらけのコードを作り
出してくれる可能性は高いと思います。やっぱり人の手で作ったものはそう簡単に
越えられません。

しかしそれでも簡単に移植可能な環境が出来る事が大きな進歩で、歓迎する事
では有ります。Firefox OS向けにコードを吐こうとすると、どのぐらい制約が
有るのかという事にもよりますけど。さすがにAndroid OS向けやWindowsPhone向けに
自由に作ったものが全てFirefox OS向けにコードを吐けるとは思えないので。


今でも世界でAndroid OSのシェアが80%を超えて日々伸び続けていますが、
もっと早く、Firefox OSを広げる為の努力が必要だと思います。
今のままでは遅すぎです。まあまだスマートホンを買えない、今以上に貧弱な
市場を狙って行こうという事でしょうけど。

しかし充電にすら何十キロとバイクや車を走らせて、お金を払って充電している
ような地域に、スマートホンは電池をバカ食いしすぎて流行らせることは、
若干の無理を感じていますので、これだけAndroidが受け入れられている状況で、
今から貧国に入る事すらも難しい気がしなくはないです。

しかも貧国でシェアを取れたとしても、ミドルロー以上の端末を買える人が
多い国から考えると、実際の販売数はかなり少ないと言っていい状況で、
シェアの数字の割には市場に対するインパクトは少ないかなと思います。


市場に食い込むには問題だらけのFirefox OSですが、頑張って欲しいものです。
関連記事
  1. 2014/02/25(火) 19:34:53|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【大バグ・深刻】iPhone/MacOSXにセキュリティーに大穴、SSL証明書が偽物でも「正しい」と判断し盗聴し放題、それを大したことないとこっそりとiOSを修正してダンマリ、OSXはまだ未修整 | ホーム | ドコモ、新規契約時のパケット定額料などを4月から日割り計算に>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4512-28bf537b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。