FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Googleとマイクロソフトが急接近?WindowsでAndroidアプリを動かす、WindowsにChromeOSでアクセスしてアプリを利用

Chrome OS機からWindowsアプリケーション/デスクトップに容易にアクセスできる環境をGoogleとVMwareが提供 ~ TechCrunch
GoogleとVMwareが今日(米国時間2/1)、企業のChromebookユーザが、これまで使ってきたWindowsアプリケーションやWindowsデスクトップに容易にアクセスできるための技術を共同開発中した、と発表した。VMwareがクラウドからDaaS(Desktop as a Service)として提供するHorizonをChromebookユーザが利用して、従来からのWindows体験に接続できるのだ。なおHorizonは、VMwareのプロトコルHTML5 Blastを使用している。
Chrome OSからWindowsマシンへのリモートアクセスは、Googleが提供しているRemote Desktopで前からできるし、サードパーティ製の類似サービスもいくつかある。ただしそれらは、リモートアクセスに企業が求めるセキュリティが、あまり強力ではない。両社の今日の発表によると、Chrome OSデバイスを配備している企業がこのところ増えているが、そのような企業がこれからは、企業向けに本当にふさわしいソリューションを利用できるようになる。

Chrome OS機の地位がどんどん上がる模様。

Windowsに向けてアクセスして操作する方法をChrome OS上に確保する方向に進んでいます。
既にその方法はリモートデスクトップとしてあるものの、よりセキュリティーを確保して
企業でも安心して使えるようにする方向のようです。

PCが64bit化しているのでメモリが多く積め、内部で複数アカウントで複数アプリを動かす
ことが問題なくできる時代になってきました。

なので簡易な端末で一台のPCに向けてアクセスし、実際の処理はPCで、操作は簡易端末で
という時代になっていきそうです。

なので一時期PCは低スペックなものでいいという風潮に動き始めたものの、PCはやや
高スペックなものへとシフトし、その分持ち歩く端末がChromebookのようなロースペ&
ローコストなものがダム端末的に使われるようになるのだろうと思います。
なので今後はPC&Chromebookがセット化していく事も考えられます。


マイクロソフト、WindowsプラットフォームでのAndroidアプリ対応を検討(The Verge報道) ~ WirelessWireNews
マイクロソフト(Microsoft)が、Windows OSやWindows Phone OSで、Androidアプリを動かせるようにすることを検討しているという。The Vergeが米国時間12日付に情報筋の話として報じた。

そのWindowsではAndroid OS向けのアプリを動かせるようにすることが検討されているという。

Chrome OSとAndroid OSにロースペック域の立場を追われつつあるWindowsですが、
逆に共生の道を模索を始めているようです。シェアが圧倒的なだけに逆らうよりも
共存する事を選ぶという事です。確かにその方が生き残れる可能性は高いです。

しかもPCのWindowsだけでなく、WindowsPhoneもという事ですから、完全に共生を
もくろんでいる事が分かります。ノキアがAndroid端末を作り始めたこととも連動
しているのかも知れません。

AndroidのアプリはDalvik VMやART VMさえ移植できれば問題なく動かせますし、
解像度への対応は自由自在です。インテルCPUにも対応できましたし、環境も
整いました。王者の二社が組めば鬼に金棒、この動きには私は期待します。




上記二つの流れを見ていると、MicrosoftとGoogleは近づきつつあるのかも知れないな
という気がしてきました。この二社は争っても得は有りませんし、現状では大きな
なわばりの重なりは有りません。

逆にこの二社が組むと、完全にアップルと島が重なる事になります。
ならばアップルをやっつける為に組んで・・・って事も有り得なくもないかなって
気がしてきました。


もしかしたら年末までに衝撃的な発表があるかもですね。
関連記事
  1. 2014/02/13(木) 21:55:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Androidは13年世界シェア78%にアップ、iPhoneは15%にダウン、Androidはアメリカやヨーロッパで人気なのでシェア大幅アップ | ホーム | 【大げさ?】孫正義氏ご自慢の中国アプリマーケットの数字の怪しさを再度検証【水増し?】>>

コメント

CitrixのXenAppに近いんですかね?
『Androidでエクセル、パワポ、ワードを使う:Citrix Receiver for Android』
http://japan.zdnet.com/virtualization/analysis/20416625/

VMWareは、回線速度に合わせて、画面転送速度を自動設定できるようになったんですかね?
  1. URL |
  2. 2014/02/13(木) 22:29:25 |
  3. die #-
  4. [ 編集]

こういう組み合わせもあるんですねぇ。今後アプリ開発の敷居が下がるツールなども出て来ると面白い展開になりそうです。
WindowsとAndroidを跨ぐアプリなんかがどんどん出れば…と思うとワクワクします。
  1. URL |
  2. 2014/02/13(木) 22:37:39 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4478-34fb2c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。