FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Galaxy S5はハード的には大きな進化無し、恐らく夏から秋にAndroid 5の配布で大きく進化と予測

「Galaxy S5」の詳細ベンチマーク結果が再流出─MSM8974AC 2.5Ghzを再確認 ~ リンゲルブルーメン
Samsung製次期フラグシップ「Galaxy S5」の詳細なAnTuTuベンチマーク結果がHDBlog経由でリークされました。
■Galaxy S5の伝えられている仕様は以下の通りです
 ・Snapdragon 800 MSM8974AC 2.5Ghz クアッドコア
 ・3GBのRAM
 ・Android 4.4 KitKat

Galaxy S5の仕様が漏れ始めてきましたが、ぶっちゃけ今までと比べて
ハード的な進化は今迄ほど驚くところはなくなってきました。
コンピュータ部分で上がったのはCPUのクロックとGPUが少し良くなったと
いう程度でしょうか。

時期が中途半端な事も有り、32bit環境が継続となることで、RAMも3GBから
増量することはできません。64bitになっていたら4GBを積みたかった所でしょう。

Android 4.4KitKatという事で、恐らくART VMは間に合わないと思われます。
私の予想ではART VMは次の5月に行われるであろう、Google I/Oで発表されると
思われる、Android 5シリーズで本採用されると私は考えています。
(それとも4.5KitKatをその前に出してテストする?)

何にしても、Android向けのハードウエアは既に驚異的な能力を持っているので、
やみくもにハードが進化するよりも、Android OS側の進化の方がインパクトが
大きいのです。

そういう意味で、ART VMがSnapdragon 800を搭載した端末に降ってきたら
ものすごい事になります。ほぼネイティブマシンの性能を手に入れたような
形になりますから。

そういう訳で、ここらでハード的な性能アップは足踏みになりますが、その間
他の色んな所を強化する事に力を注いでほしいものです。



恐らくGalaxyシリーズだとSnapdragon 600 APQ8064T 1.9GHzを搭載したS4と
Snapdragon 800 MSM8974AC 2.5GHzを搭載したS5には最低限Android 5が
移植されると考えらえます。それより前は分かりませんね。

Android OSの進化も 4.1~4.4の間はそう極端な変化をしなかったので、
次は大きな進化を持ってきそうな予感です。そういう意味ではGalaxy S5は
タイミングが悪かったですね。
関連記事
  1. 2014/02/09(日) 19:45:51|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サムスンがKitKatへのアップデート端末を発表、そこから今後はSnapdragonへと傾倒する姿が見える | ホーム | GoogleはChromecastをグローバル展開する模様>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4466-cb05f2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。