FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

商機がまだまだあるランニング関連、私が走るようになって感じたこと

私は去年の終わり位から、ランニングサークルで練習会に参加して週二回
スピードアップのトレーニングをしています。主に10Kmを週二本走ると
いった感じの練習メニュー。

日によってはハーフの21Kmを走ったり、フルマラソントレーニングで
30Km近く走る時も有りますけど。

練習に来る人たちはシーズンに何本かフルマラソンやハーフマラソンに
エントリーしているような方ばかり。中にはシーズン中に10レース以上
エントリーしているようなツワモノもいたりします。

私は何を思ったのか、最近はそんな人達に混じってトレーニングを積む
日々を過ごしています。

そこで大事なのがタイムの記録。
ジョギングじゃなくあくまでもランニングなので、タイムを意識して
しっかりと弱点を鍛えてタイムを出す。重要な事です。

以前はスマホで大阪マラソンの公式アプリであるハシログを使っていました。
運営側はもう使わせたくないのか、記録が保存されないようにする等ちびちびと
改悪がされていったので別のアプリを探してて見つけたのがRunKeeperというアプリ。
GooglePlayでも1000万回以上ダウンロードされているアプリで、なかなか
よくできています。他にも色々有るのですが、今はRunKeeperで落ち着きました。

こんな感じで結構詳細な分析が出来るので重宝しています。
 

しかしハシログでは無かった問題が発生。
アプリを立ち上げて直ぐにスタートするとRunKeeperではGPSがとんでもない
位置を示すことが有ります。GPSは一つづつ衛星を補足し、二つ、三つ、四つ
と補足するGPS衛星の数が増える毎に詳細な位置が示せるようになっています。

ハシログは三つ以上衛星を摑まないとタイムのカウントがスタートしない
仕様っぽいですが、RunKeeperは一つでも衛星が摑めたら記録を開始して
しまうようです。

なので、ランニングタイムは正確にスタートできるのですが、走行位置や
距離は、最悪ではスタート位置から750Km向こうの海の上から記録を開始して
秒間数十キロを走って私の実走行位置に追いつくという、有り得ない奇跡が
記録されている事も有りました。

この辺りはスマホの問題ではなく、GPSの仕様上仕方がないのですが、アプリの
作り方次第では、ハシログのように防げることなんですよね。だから今は立ち
上げて10秒以上待ち、GPSの衛星のつかみが安定してからスタートするようにし、
記録位置の正確性を担保しています。

ちなみにGPS衛星はこんな感じで飛んでいます。
 
Androidだと衛星の位置が見られるアプリが結構あります。
iPhoneではこのStatusは見る事が出来ないようで、表示できるアプリを
探しても一つも見つかりませんでした。

ガーミンの上位機種では日本のみちびき対応がなされている機種も有ります。
カシオの機種ではみちびきへの対応はどうでしょうか。またスマホでは?


それはいいのですが、ランニングサークルでスマホで記録している人は勿論
居ますが、実は少数派です。スマホは走るのに大きくて重くて邪魔だし、
走行中に画面の確認をしにくいです。その代りPCに転送しなくても詳細な
データがグラフ等で確認が出来るので、走行直後に現場で色んなデータを
見られるという利点はあります。

ランサークルには練習会毎に入れ代わり立ち代わり色んなメンバーが来ては
情報交換をしています。ランニング時のロガーも話題の一つです。

そうすると、走り込んでいる人が必ず口にするのが「ガーミン」というメーカー。

ガーミン
携帯用ハンディGPSナビゲーターのトップシェアを誇るGARMIN(ガーミン)の正規代理店いいよねっと

ランニングウオッチを初め、GPS関連機器の専門メーカーといった感じですが、
もうここしかないといった回答をします。

やはりランナーには腕時計型以外他には選択肢は無いよというのに近い答えが
多いです。間違いなく使い勝手はいいですから。

私のように、邪魔なスマホをウエストポートやリストバンドで持ち運んで
いる人はどちらかというと少数派で、素人の人が多いです。
シューズなんて10g、20gを削って高価な靴を買っているのに、百数十グラム
のスマホを運ぶ事を選ぶのはおかしいですしね。ちなみに腕時計型だと
35~50g程度なのでスマホと比べて確実に軽いです。


日本のメーカーもランニングウオッチはカシオで探すと結構数出しています。
カシオは結構多くの種類を出していますし、選択肢としてあってもいいのでは?
という気はするのですけど。

しかしランサークルの速い人からは殆どと言っていい程名前は上がりません。
素人目にガーミンと見比べてもそんなに遜色は無いように思うのですけど。
やはりガーミンブランドは強いです。

ちなみにごちゃごちゃ機能がついているものよりも、とにかく見やすく
分かり易いものが好まれるようです。ランナーが走行中に一番見る物は、
現在のペース。これが見たいが為にガーミンを皆が買う訳です。

ランナー間ではペースは1キロ何分何秒みたいな感じで言います。
乗り物のようにKm/hでは言いません。

それなりに走る人はキロ5分台、アスリートクラスだとキロ3分台や4分台で
ハーフやマラソンを走り切ります。私は現在キロ5分台、今は5分フラット
でハーフを走るのが目標です。ハーフタイムで1時間45分、そのままの
ペースでフルを走れると3時間半という素人レベルは驚異的なタイム。

その為にはまだまだ積み上げなくてはならないトレーニングは沢山ありますけど。
とりあえず頑張ろうかなと思っています。

ちなみに今は3分ぐらいならキロ5分は割と普通に維持できるようになって
きました。でも5キロ10キロとこれ以上長い距離になるとまだまだ無理ですね。


皆がガーミンを使っている様子を見て、やはり上級者が使っているものを
皆がまねして使いたがるわけですし、上級者が広告塔になるのですから、
ほぼ変わらないレベルの商品を抱えているカシオは上級者に無料で使って
貰うとか、市民マラソンレベルで3時間台、4時間台で走るそこそこ早い人に
モニターなどで使ってもらえる機会を作るべきだと思います。

また、スマートウオッチもこれに近い分野の商品になるのですし、比較
対象にされていくのは間違いないのですから、単に変則的なガジェットで
終わるのではなく、実用的な詰めを行ってランナーに認められる商品に
育てていくべきだと思います。

ガジェヲタ視点で機能重視ばかりが目立ち、機能性は無視され勝ちなこう
いった機器ですが、もっと出来る事は少なくないはずです。
調べてみれば色々有るのに、何故ガーミンばかりがここまでもてはやされて
いるのか不思議で、それ以外のメーカーがどのぐらい脇が甘いのか思い知った
印象ですね。

キロ5分~5分30秒ぐらいで走れると、そこそこの連中と一緒に走れる
機会が有ります。皆腕にはガーミンを付けています。1キロが過ぎる瞬間
そこら中からピッ、ピッとキロ通過音が鳴ります。1秒ぐらいの誤差なの
で、スタート時の誤差以降、余り誤差が開いていません。

私はスマホのアプリでキロ通過音は耳障りなので鳴らしていませんが、
鳴らしていてもそこまで正確に出るのか分かりません。10キロが
が正確に測れる時も有れば、ゴールして見ると20.02キロとか
余りが出る時も有りますから。

GPSの軌跡がシュートカットしていたり、えらく外側を回っていたり、
内側を回っていたり。きっちりと自分の経路を追えている時も有れば、
GPS衛星の並びがいまいちの時は、結構荒れた経路になる時も有ります。


これは比較的追えてない時の図です。普段はもっとましですが、
こういう事があると、人に見せると「やっぱり所詮スマホだね」
みたいな意見をされる時も有ります。私は腕時計型を含む
モバイル機器のGPSの精度なんて所詮そんなものだろうと高をくくって
いるのですけどね。私のように頻繁にスマホを担いでそれなりの
距離を走る人はそう多くはないでしょう。走る人は皆ガーミンを
つけて走っているので分かりにくいですが、ガーミンはマップが出ずに
距離だけで判断をするのでもしかしてトレースが多少くるっても
ばれ難いだけかも知れません。

ただ、ランナー間ではガーミンの方がスマホよりもやや正確という
印象を持たれているのは確かです。それは専用機である強みと
判定されているようです。


またランニングサークルで走っているメンバーを見ていると、比率的に
多いなと感じるのが、社会的に裕福な方や、医療関係者。健康ブームで
走っている方も沢山いますが、やはり週にいくらかでも決めて走るのは
それなりに精神的に余裕があるか、経済的に余裕があるか、それとも
健康に対しての知識と意識が有るかなど、人を選びます。

それだけにスマートホンもランニングウオッチもアプローチの仕方が
有りますし、入り込める隙間もまだまだあるなと感じました。

とにかくあれもこれも出来る物はダメ。初めから相手にしていません。
必要に思われているのはその為に突き詰めた専用のものです。

そこにこの世界の商機があるような気がしています。
この分野、日本のメーカーに頑張ってもらいたいなと私は思っています。
関連記事
  1. 2014/01/28(火) 19:45:54|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<アップル、純利益が4四半期連続の前年実績割れ、スマホシェアもダダ下がり | ホーム | 【行動開始】とりあえず勝山市市役所に連絡してみました(追記)>>

コメント

ジャンルは違いますがNexus7 2013でMy Tracks(平均移動ベース表示可能)を使って電車やクルマでの移動ログをよく記録しています。
ロシアの衛星GLONASS‎にも対応しており、状況を見るとGPSの補助として作動していて安物GPSロガーより安定してますが
建物の下はログが乱れやすい傾向があります。今のスマホなら標準搭載だったような?
みちびきは日本上空に飛んでいるのが8時間程度かつ1基しかないので過度な期待は禁物と感じています。
ちなみにNexus7 2012に搭載(衛星番号1番なのがそうです)されています。

ロガーといえばやっぱりガーミンですねぇ・・・。日本のメーカーも頑張ってはいるのですけど。
  1. URL |
  2. 2014/01/29(水) 18:47:03 |
  3. 京 #Qi8cNrCA
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4419-0d073e0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。