FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

中国製のモバイル向け新OSのCOS、国民管理用に登場?

中国が独自OS「China Operating System」(COS)を発表! ~ リンゲルブルーメン
中国政府とISCAS(中国科学院)がLinuxベースの独自OS「China Operation System(COS)」を開発したと正式発表しました。
ISCASはCOSを発表した際に、iOSの閉鎖性、Android OSの分断化、Windows PhoneとAndroidのセキュリティ性の低さを批判しました。

中国独自OS「COS」を搭載した初のスマートフォンの画像が流出 ~ リンゲルブルーメン
中国が独自開発したOS「COS」を搭載した初のスマートフォンの画像が中国メディア経由でリークされました。
筐体はフルメタル仕様となっていることがわかります。それ以外の詳細な仕様は不明のままとなっています。早ければ2014年上半期に発売される予定です。

中国がまた独自規格を発表したようです。
今度は携帯向けOSです。

中国はビデオディスクの独自フォーマットや通信規格等、独自フォーマットを
流行らせて、国内市場を国内企業以外に奪われないような防御策を続けて
来ましたが、総じて国民からは不評を受け続けてきました。

通信ではチャイナモバイルにTD-SCDMAと他国とは互換性のない方式を採用。
失敗続きの独自性先の中では一定の成功をおさめた方です。
TD-SCDMAが有る程度成功したからかどうかは分かりませんが、
今度はOSでも独自路線を歩もうとCOSというOSを出してきました。

ネーミング的にはHOSと語呂が似ているので、一部の方はニヤリとしそうな
ネーミングですが、突然ロボットが暴走を始める事は恐らく無いと思われます。

>デモで示されているCOSはAndroidにUIが酷似しています。
独自OSと言ってもUI迄は独自で設計出来なかったようです。
労力のかかる部分をさくっとパクってしまう辺りはやはり中国だなと感じます。

>iOSの閉鎖性
>Android OSの分断化
>Windows PhoneとAndroidのセキュリティ性の低さ

iOSについては言いたいことは分かります。
しかし分断化を認めないという事は、端末を一種類しか認めないという事でしょうか。
多様な端末を認めるならAndroidと同じ問題は抱えますし、それにAndroidはJBの
シェアが50%を超え、既に分断化とは言える状態から脱していると思います。

もしそれでも分断化と言うのならば、COSはバージョンアップしないか、バージョン
アップしてもiOS並みにOSのバージョンアップを強要する事になるという事です。
つまり、定期的な端末の買い替えをほぼ強制するようなものです。
端末のハードウエア的な自由度も極端に無くなる事になります。

またセキュリティーの低さを指摘するなら、iOSのような閉鎖性の方向へと進める
のが一番手っ取り早いのですが、オープンを名乗りながらセキュリティーを名乗る
なら、何をどうするのかちょっと興味が有ります。

自由度を与えるのは色々自己責任になってしまい、閉鎖にすると使い勝手を犠牲に
してセキュリティーの度合いは増します。まあそれはOSを作っている所がどこまで
信用できるかと言う問題は有りますけどね。アップルとてNSAに情報を流していた
事はあったのですから、閉鎖的なのに情報漏れ漏れなんて事も有り得ます。

中国の国家が運用して国家が悪用しない保証なんてどこにも無いですよね。
むしろ中国人を都合よく管理する為に作られたOSと考えることも出来なくもないです。



中身がどれだけすぐれていて、安全性が高くても、Androidがこれだけ市場を
抑えてしまった後に、中国の国家が出したものが流行る余地なんてないなと
思っているのが私の意見です。誰も国家にわざわざ縛られたい人なんて
いないでしょうし。
関連記事
  1. 2014/01/22(水) 19:22:52|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2500÷50=1と計算するiPhone純正の電卓(追記) | ホーム | iOS7.0.4とiOS7.1の違い&iOS7.1のJBに向けたセキュリティーホールを発見か?>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4408-1377cd4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。