FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

驚異的な性能のTegra K1とバランスの悪いApple A7、ベンチマークから見える実態

「Tegra K1」のグラフィックス性能はTegra 4の3.75倍に達する ~ リンゲルブルーメン
NVIDIAの次世代SoC「Tegra K1」のグラフィックス性能はTegra 4の3.75倍に達することが明らかになりました。

NVIDIA「Tegra K1」のグラフィックス性能はiPhone 5sのA7やSnapdragon 800を凌駕 ~ リンゲルブルーメン
NVIDIA Tegra K1のグラフィックス性能は「iPhone 5s」のA7や「Nexus 5」のSnapdragon 800を凌駕していることが明らかになりました。



clien.net

Ice Storm UnlimitedはCPUとGPUの総合的な能力を測るモードとして去年追加されたものです。
GraphicsはGPUの量力を見るもの。
PhysicsというのはCPUの能力を見る量子計算です。

A7はGPUは優秀ですが、CPU関係が足を引っ張っている様子が分かります。
結局A7で速いのは、ARMv8アーキテクチャでアクセラレートされた命令が
載っているモノだけであり、動作クロックが低く、しかもデュアルプロセッサの
AppleA7の最大性能は64bitという看板は飾りであり、得られた結果は
バランスの悪いものである事がよく分かると思います。

一方、32bitでも実際の計算能力は詰めれば幾らでも速くなるわけで、
それを知っている数学屋のnVidiaや、技術者集団もQalcommからすれば、
回路規模ばかりが大きくなって、実際に得るものはその規模拡大よりも
低いものである事を理解している両社は、32bitで行ける所まで行こう
という考えのようで、64bit化をそこまで急がずに、これだけの結果を
出しています。両社は回路規模と得られる性能のバランスを熟知して
いるって事でしょうね。



clien.net

Tegra K1はプロセスルール22nmのモバイル向けHaswell、Core i5 4200U(1.6GHz)を
超えてきました。さすがにGeforce GT 740Mには負けていますが。
一方でAppleA7プロセッサはその半分以下の性能、ここでも大きく差がつきました。
64bitである事のメリットは見る影も有りません。
回路規模ばかり大きくなり、逆に64bit化が性能アップの妨げになっている予感がします。
同じチップ面積をかけるなら、32bitのままクアッド化をした方が速くなったように思います。

nVidiaは元々数学マニアの技術者集団が率いてきたGPU屋さんなので、
GPU性能では意地で譲れない所が有るのでしょう。
二つのベンチを見て、K1のGPUにかける意気込みを見せつけられたように思います。
その本気度を感じさせます。
関連記事
  1. 2014/01/15(水) 20:38:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<パナソニックが、北米の法人向けスマートホン市場へ進出 | ホーム | iPhone 6向け指紋センサーを第二四半期に製造か、動かせない発売日を裏付けた形に>>

コメント

Tegra4

アップルの残念なのは見てたのであまり気にしてなかったのですが、下の資料自分も見たときはTegra4出たときとても大風呂敷広げた宣伝してたのに実はこの程度、みたいなのをぶっちゃけたって事ですかね?

これ、Tegra4まだ出てる最中だから出さない方が良かったんじゃないかなぁとTegra2で痛い目見たので様子見してた自分すら心配w

そして明けましたけど、おめでとうございますw
  1. URL |
  2. 2014/01/15(水) 21:25:23 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

A7のPhysics Scoreがやたら悪い件、Futuremarkが自身が検証してましたね。
ARM v8に最適化してもほとんど速くならず、OoOで走らせるとスコアが落ちたりと。
メモリアクセス周りを最適化すると少し改善するようですが、結論は「アーキテクチャ的にA7は物理演算が苦手」というもので、「特定製品のためだけにプログラムを最適化することはしない」という判断になっていました。

Apple信者からすると火炙りものかもしれませんが、権威あるベンチマークプログラムを作ってきたFuturemarkとしては当然の判断でしょう。

いくら簡易ベンチの結果が速くても、Futuremark製のベンチマークプログラムの結果が悪いと、イメージとしてはマイナスですね。
逆ならまだよかったんですが。
GPUがちゃんと仕事をしているのが救いですが、GPUはよその製品なので、他社も同じのを搭載すれば追いついてしまいます。

何度も言いますが、もはや無理にSoCを自社開発しなくていいと思うんですけどね。
チップ開発はチップ屋に任せておけば、開発費の回収が低減される分、端末価格を安くできたり、リソースをソフトウェア開発の方に振ったりと、メリットはいろいろありそうなんですが。
昔のように、自分ところで開発しないと高性能なSoCが手に入らないという時代ではないわけですから。

それはそうと、とうとうnVidiaらしいSoCの登場ですね。
今までがGPUメーカーのSoCでありながらGPU性能が低いという有り得ない状態だったわけですが、いよいよGPU屋の意地を見られそうです。
  1. URL |
  2. 2014/01/15(水) 23:13:17 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

tegra4→tegra K1のGPU性能の上がり方がすごいですね。やっと本気出してきた感じ。

A7は面白いCPUだと思いますが、物理演算のような処理がウィークポイントみたいですね。
3DMarkの物理スコア、A6から上がってないですし。奇をてらいすぎて苦手なものができちゃったという。
  1. URL |
  2. 2014/01/15(水) 23:49:47 |
  3. str #-
  4. [ 編集]

>ジャホさん
まあTegra4のfpsについてはNvidia発表の資料ではありませんし、
実力が暴かれてしまったって事じゃないですかね。
A7については明らかにGPUに助けられている様子が分かりますし、
Tegra4は得意不得意がすごく出ているって感じですかね。

>GMSさん
そういえば記事にしようと思ったまま忘れて放置状態になっていたやつですね。
あった・・・(;´∀`)
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20131105_622195.html
>もはや無理にSoCを自社開発しなくていい
本当にそれに尽きますね。
ただ、何かとミステリアスを被り、秘密にしたがりのアップル的には許せない部分かもしれません。
今回の64bitのサプライズの演出的にも自社製という所が役に立ったと言えば役に立ちましたし。
まあそういう無い薄っぺらい内容の演出に頼るようになった時点で・・・という所かもしれませんが。
アップルはこうしてじわじわと自身の首を絞めていく事になるような気がしてなりませんね。
往年のRIVAショックの頃のnVidiaを知っている人には久しく"らしい"SoCですね。

>strさん
やっとnVidia力が発揮されたようでなんかすっきりしました。
私的にはA7は単に64bitショックを狙っただけに間に合わせただけのように映っています。
その為に演算性能を諦めたのかなという気がします。
  1. URL |
  2. 2014/01/16(木) 02:45:35 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

忘れてた

そういえば、GPUではnVidiaの最強ライバル(のはず)AMDがARMコア+自社GPU+HSAでモバイルに手を出すとか出さないとかは一体どうなったんでしょうね?
HSA第一歩のAPUはx86のデスクトップPC用がようやく出たばかり(大して売れません)。
頼みのGlobalfoundriesはプロセス立ち上げがよそよりいっつも遅い(だからIntelに圧倒的な差を付けられました)。
肝心のHSAソフトウェア対応がまだまだ(いくらハードウェア実装しても使ってもらえなければ意味ありません)。
HSAは面白くはありますが、こう遅れてると明らかにタイミグを逃しそうです。
出たころにはもうモバイル市場の成長が鈍化してるってことも・・・

モバイル向けGPUをQualcommに売却してしまったのがケチのつき始めでしたね。
GPUは素晴らしいものを持っているので、モバイルに参入するつもりなら早急に始めないと。
せっかくPS4やXboxといった大物を仕留めたのですから、その勢いがあるうちに流れに乗らないといけません。

せめてQualcommがARM v8ベースコアを16nm FinFETに載せる前にAndroidデバイス用を何としても出さないと厳しいでしょうね。
あくまで低TDP Core iシリーズが将来的にもAndroidをサポートしないことが前提になりますが(もしサポートしたら地力の差でおそらく終了です)。
スマートフォンは無理だと思いますので、タブレット向けになるでしょうけど。

・・・と考えましたが、考えれば考えるほど無理なような気がしてきた(汗)
  1. URL |
  2. 2014/01/19(日) 23:38:32 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

>GMSさん
HSAはOpenCLやnVidiaのCUDAが既に広まっていますから、なんかもう出る幕はないように思うのですけど。
HSAが登場してもわざわざシェアの低いSoCの為にそのコードを書く人は現れるのかな・・・って気がします。
同時にOpenCLをサポートせざるを得ないのではないかなと思います。
それぞれがベクトルの違うものですが、結局GPU等を演算に使う事には変わりないと思うのですけど。
それとも、もしかしてAndroidだったらOpenCLを通してHSAを利用するというデザインになるのかなぁ。
今一つその辺のレイヤのイメージが摑めないので予想でしか言えませんけどね。(;´∀`)
  1. URL |
  2. 2014/01/21(火) 01:30:14 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>HSAが登場してもわざわざシェアの低いSoCの為にそのコードを書く人は現れるのかな
AMDはこれがいつも問題なんですよね。
頑張って開発はするものの、結局対応ソフトウェアを出してもらえなくて尻切れトンボというパターンを何回見たことか・・・
Mantleもかなり心配です。
それにも増して、出すタイミングが遅くて乗り遅れるというのがお約束みたいになってしまっていますし。

ところで、CUDAに浮動小数点演算をさせるっていうのは一応はできていますが、なんか出来がイマイチなんですよ。
例えば、動画のエンコードをCUDAにさせることはできるんですが、画質が酷かったり、期待したほど速くなかったりと。
これならまだ付け入る隙はありそうで、AMDのGCNの出来が良ければまだ可能性はゼロではないと思います。

しかし、ARMコア+GCN・・・興味はありますが、モバイル向けは中止の可能性が高いような・・・
Qualcommの実績とIntelの力技の前ではなす術なく敗れるような気がしてなりません。
  1. URL |
  2. 2014/01/21(火) 18:43:58 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

なんかずれてますね

HSA は AMDだけのものじゃなくて、ARMやQualcommもHSA FOUNDATIONのメンバーなんで、そこそこ普及するのでは?
他に、MediaTek、 LG、サムスン、ソニーモバイルもメンバーですし。
モバイル用のSoCでは多数派になりそうですし。

NVIDIAこそ、GPUのIPを外販してグループ作らないとCUDAが少数派になりそうですが。

で、AMDも少しは学習したようで、2012年にLightning Boltとして提案していた規格がVESAで「DockPort extension」として業界標準になったりしてますので

  1. URL |
  2. 2014/01/21(火) 20:44:46 |
  3. tamanori #meo.Eexo
  4. [ 編集]

お二方の意見を見ていると、OpenCLは業界標準に成長したわけではなさそうですね。
私的にはそろそろOpenCLが業界標準にツバを付けたかなと思ってたのですが、
余り気にしている人が居なさそうなんで・・・。
Googleがどこを向くかで風邪をひく所が決まりそうな予感・・・。


>GMSさん
GCNはVLIWの弱点逃れの為に出してきたような印象を抱いています。
トップスピード的にはVLIWにはそうそう勝てないような気がします。
しかしCPUの世界ではVLIWは幅広くは浸透できず、GCN的な動作モデルの
RISCプロセッサがずっと幅を利かせていますし、GCNを採用したからには
技術的な蓄積と先の見通しもいくらか勝算をAMDは持っているのでしょうね。

>tamanoriさん
なるほど、FOUNDATION組んでたんですか。
てっきりAMD単独でやっていたんだと思っていました。
ARMにQualcommを抱えていたら事実上スマホ業界では業界標準に近い状態ですね。
廉価系方向にはMediaTekが居ればかなりボリューム稼げるでしょうし。
ずれているというよりも、知識が無かっただけでした。
突っ込んで頂いて、情報提供して頂き有難うございました。
  1. URL |
  2. 2014/01/22(水) 01:14:48 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

よくよく調べると、HSAはGPUが違っても互換性を確保できるみたいですね。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20130826_612591.html

てっきりGPUごとに書き直しがいるのかと・・・
ちょっと安心?しました。

でも、HSAの浸透と、AMDの成功が必ずしもイコールではないんですよね。
同じHSAでも、仮にQualcommやARMは大成功してもAMDは製品があまり売れないっていう可能性も・・・
  1. URL |
  2. 2014/01/22(水) 12:45:56 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

>同じHSAでも、仮にQualcommやARMは大成功してもAMDは製品があまり売れないっていう可能性も・・
どう考えたらそんな発想に?
モバイルで動かすhsa対応アプリは何で作ると思ってるんですか?
  1. URL |
  2. 2014/02/02(日) 19:54:39 |
  3. にし #-
  4. [ 編集]

>にしさん
恐らくそれはコードや対応アプリの話ではなく、単純にセールス上の問題を言っているのだと思います。
同じARMコードが動くプロセッサでも全部が平等に売れるわけではないですよね。
TEGRA2とか壊滅的に売れなかった・・・みたいな話とかが分かり易いかも。
  1. URL |
  2. 2014/02/04(火) 02:46:30 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4392-818491aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。