FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

サムスンの流出カタログにAndroid 4.5で、そこから考えるモバイルOSの状況

サムスン製の次期「Nexus 10」のプレス画像が流出─Android 4.5を搭載か【噂】 ~ リンゲルブルーメン
サムスン製の次期「Nexus 10」とされるプレス画像がリーク情報に定評のあるEvleaks経由でリークされました。
■次期Nexus 10の伝えられた仕様は以下の通りです
 Exynos 5 Octa オクタコアプロセッサ
 Android 4.5

まだ噂ベースなんですが、Android 4.5が真実かガセかはともかく、
この事でもAndroid OSも色んな意味で煮詰まっているなという事がよく分かります。

機能や性能的にはもう何の不満も無い所に到達していて、iPhoneがAndroid OSの機能
等をパクリまくっている始末。

肝心のAndroid OSもこれ以上発展させる所は、OSの構成上の問題である、仮想マシンで
超高速ループを回すとオーバーヘッドが大きいという部分や、サウンド周りの遅延が
大きいという、RTOSに求められるような速度要求に応える事で一部のユーザーが訴えて
いる不満すら消してしまおうという所に来てしまったように思います。

今のAndroid 4.1~4.4辺りのいる位置はWinodwsで言うとXP辺りに相当するように思います。
4.4KitKatはまだ不安定さが見え隠れしますが、4.1~4.3JellyBeanは超安定で、満足度も
高いOSだと思います。iOSが6では安定していたのに、7では不安定さが出てきたのとは
対照的な印象です。

Androidは発表から、実際にメインストリームになるまでに半年ぐらいの猶予期間が
あり、その間にGoogle本体も相当に手を入れて安定化を図ります。

iOSも実際にはを6月のWWDCから9月のiPhoneの発表まで、3ヶ月の猶予期間が有りますが、
WWDCで出るiOSの完成度はまだ相当に低く、実際には煮詰めるというよりはOSをまだ
作っている3ヶ月間と言っていい状態です。

しかしAndroidの場合は、例えば今年なら10月終りに4.4 KitKatが出ました。
その後時間をかけてNexus等の実機にアップデートを投入、早い所では最新端末に
投入するメーカーも現れました。日本ではおなじみではない格安中華メーカーも
かなり飛びついています。

そうして世界中でβテストがユーザーの数パーセントで時間をかけて行われ、
春以降の本格導入に向けてバグフィクスされていくのです。

最新の製品が出て、同時に一斉に最新OSに半強制的に入れ替えさせてからバグフィクス
しているiOSと、半年以上かけてゆっくりと新発売の端末に反映し、実際の利用者の
シェアでは1年以上かけて入れ替えていくAndroidと、数か月で大半のユーザーの
利用OSを入れ替えきってしまい、バグフィクスにも時間をかけていないiOSの
カラーの違いがよく分かると思います。

どちらがユーザの不満が高いのか、OSが最新で無いことに不満を覚える人が
多いのか、不具合や不安定さで不満を覚える人が多いのか、よく考えるべき
ではないでしょうか。


元の記事に戻って、次期Nexus 10はAndroid 4.5が来たとして、4.4KitKatの
マイナーアップ版である4.5KitKatではないかなと、私は考えています。
JellyBeanも4.1~4.3まで3Tickを刻みましたから、KitKatも同レベル程度は
刻んで完成度を高める努力をすると考えています。

GoogleはAndroid 5を急いで出す事よりも今あるものをどこまで安定させる
かという事に力点を置き、先進さよりも安定というユーザーエクスペリエンスを
優先しているように思います。

そういう意味ではiPhone 5sとiOS7で隠しに隠して大掛かりなβテストも
バグ出しも全くないと言っていい状態で、インパクトを追求して突然出した
64bitで世界的な不具合連発をするアップルと、どちらが実際にユーザーの
利益を考えている企業なのか、よく考えるべきだと思います。

高価な価格でキャリアに買い取らせ、特にパケット単価の高いキャリアが
多い日本では端末の安売り競争をさせる。その安売り競争が無ければ、
パケット単価の下げ圧力をかけられる余地が有るにも拘らず、その下げの
余地をアップルに吸い取られてしまっているわけです。お蔭で、サービス
の良さが命だったドコモは、ここ最近改悪続きで信用度が下がっていく一方。
自分達の安価な通信費や安心の補償の余地をアップルに吸い取られた上で、
アップル万歳とか言って行列をしている人とかもう狂気の沙汰ですよね。
結局損をしているのは自分達なのに、その裏の側面を見ようとしないなんて。


Android 5はクソVistaになるのか、神7になるのか、まだ分からないですが、
漏れ情報的には4.5や出るかどうかわからないAndroid 4.6、4.7辺り迄が
KitKatというくくりになって、神的な安定性と使い勝手の良さを提供して
くれるのではないかなと期待しています。

今日本ではiPhoneが売れている事になっていますが、単純にメモリの無い
次期や、不安定だった旧Android端末に愛想を使い層が移行しているだけで、
Android端末自体がダメになった訳では有りません。
いつぞやの三菱の車状態ですね。

真面目にしっかりとした端末を作っている限り、世界ではAndroid OSが
8割以上のシェアを取ってスマートホン端末の世界を席巻しているのです
から間違いなく日本でもAndorid OSを搭載した端末は復権します。

それにドコモがどこまで邪魔をするかが復活の速度を決めるキーにはなりますが、
”その日”は必ずやってきます。

DOS/Vが世界で大変のシェアを持っていましたから、PC-9801を手を変え品を
変え、10年かけてやっつけたのと同じで、世界でシェアを持っているもの
は必ず世界のIT重要拠点の日本へと攻め入ってきます。

アップルも特にヨーロッパで大きくシェアを下げていますから、今一番
調子のいいと言っていい日本を死守しようと頑張っていますので、
どこまで日本を死守できるか見守りたいと思います。


あと、ドコモがどこまでAndroidの邪魔をし続けるか・・・と。
関連記事
  1. 2014/01/15(水) 19:26:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スマートホンでもチェキ、富士フィルムが無線LANチェキフィルムプリンターを発売 | ホーム | Sony、6インチHDスマホ「Xperia T2 Ultra」を正式発表>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4389-06fd0831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。