FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

BCNランキング。落ち着いた64GB、ここからシェアが低下か。Xperia Z1fはとりあえずジャブ(2013年12月9日~12月15日)

BCN携帯電話・週間売れ筋ランキング(集計期間:2013年12月9日~12月15日)


11位以降

まずは先週のBCNの記事のデータを参照して、iPhone 5s 64GBの順位の動きの比較です。
先週 ⇒ 今週  
ドコモ21位 ⇒ 25位
au19位 ⇒ 21位
ソフトバンク 10位 ⇒ 13位

私はiPhoneの販売の動きを見るのにまずは64GBの動きを参考にしています。
64GBを大金を払ってまで買う人はそれなりにヘビーな方で、毎回販売の
落ち着きを見る為のバロメーターになっています。

上記のように販売ランキングの動きを見る限り、もう十分落ち着いてきたなと
感じましたので、iPhoneの販売は落ち着きの段階かなと思っています。

とは言え、未だに32GBはそれなりに上位に張り付いていますので、完全な
落ち着きとは言えません。購入者はヘビーユーザーから一般ユーザーに
移行している様子がランキングから分かると思います。

これで32GBと16GBが入れ替わって、上位を16GB版が占めればiPhoneの販売は
完全に落ち着いたと言えます。後は販売店がキャッシュバックで16GBをばら撒く
だけの簡単なお仕事ですからね。自然と16GB版が上に来てしまうわけです。


何故今年は64GBが去年よりも粘っているのか。
即日渡しになってから十分日にちが経っているので、十分早くに落ち着いても
いいのでは?と思う所ですが・・・。

何度の書いている理由でドコモのAndroidユーザーがiPhoneへの移行を盛んに
行っているので、それのせいで長引いたのだろうと考えています。
追加して初ドコモという事も大きいですしね。

2年前に買った端末の、2年切れのタイミングを待っていて12月にずれ込んだ人も
多かったのではないかなと思われます。Androidユーザーはハイエンド指向の方も
多く含んでいますので、64GBを購入する人も多かったのではないかなと思います。
2013年1月はドコモは純減している位ですから、Android 2.1の端末の反動が既に
始まっていたと思われますので、この辺りから他へ逃げる動きの勢いが落ち始め
るんじゃないですかね。

それと最近メディアの記事でフューチャホンが人気が再燃しているみたいな
事が書かれている事が有りますが、そんなの当たり前の話です。
ドコモがAndroidのネガティブキャンペーンをあれだけ盛大に行い、
本来Android端末に買い替える2年切れのAndroid端末ユーザーが、
「ドコモのAndroid端末以外」に買い替えた結果、他キャリアやドコモの
iPhoneに買い換えるのと同じで、フューチャホンにも買い換えているわけです。

とにかく「ドコモのAndroidの端末」が絶大に嫌われているわけで、
それ以外が売れて当たり前です。だからこの強烈なカラーを伴っている傾向が
未来永劫続くような勘違いをしていると、ものの見事に往復ビンタを食らい
ますよと、キャリアやメーカーの人には警告を発しておきます。

ドコモはユーザーに届ける端末の設計が、一か所で全てが完了しているわけでは
なく、理屈で可能なら何をやってもいいという考えで、スマホ端末を汎用の
コンピューターだと勘違いしてスマートホンに載せるアプリ等を設計してしまう。
どう考えても最悪なパターンですわな。

リソースの小さな、バッテリーの限られたデバイスは、出来る限り一か所で、
ギリギリの判断をして一貫性を持った省メモリー、省電力、省パワーで済む
設計を行うべきだったのですが、その全ての反対を行く端末を平気で出し
続けたドコモは2年後に酷い目に遭ったという話です。

まあそれだけそのユーザーが酷い目に遭っていて、激怒しているわけです
から当たり前中の当たり前の反応なんですよね。

そこは一貫性をもってジョブズが設計していたiPhoneが強くて当たり前
だったという落ちです。ただし、今はiPhoneも一貫性を無くしていて、
しかも不具合だらけなわけですから、2年後分かりませんけどね。

但しストレージが1GBしかないのに、そこにしかメールを保存できなく
なっていて、しかもそのメールを強要するような設計になっていたり、
端末のCPUパワーがプアなのに、あれこれ消せない仕様のプリインストール
アプリをてんこ盛りに入れてみたりということは、iPhoneはしていないので、
2年後は案外反動は少ないかも知れません。

早い話、ドコモの出していた端末の状態は、論外中の論外だったと
いう訳です。私が以前iモードのブラウザの100KB越えをしきりに言っていても
ドコモは馬鹿みたいな仕様を守り通し、何度もドコモに要望をブログの記事
でもそうですし、色んなルートを用いて訴えました。
数年言い続けて結局叶ったタイミングで、iPhoneが登場。

「だから言わんこっちゃない」という結果になってしまいましたわな。
そんな状況だったので、スマホが動き出すと、あっという間にSPモードが
パンクしちゃうんですよ。iモードでパケット網の強化を順に進めていな
かったから、順番に強化するタイミングを逃していたという訳です。



さて、昨日のBCNの記事に対する突込みを書いた記事に対してBCNライター本人さんから
お返事を頂きました。

ツイートを張るかどうか悩みましたが、とりあえず張らない方向で。
記事の言いたいことの本質じゃない所に突込みを頂いていたので、
余り紹介しても意味が無い事とも言えますが、氏曰く、やはり
「意図して書かない」という事に対してエクスキューズを求められた
のが私にとっては大きく意味の有る事でした。

まあ会社に所属して書いているわけですから、書きにくい事、
書けない事も有るでしょう。だけど、無用にiPhoneを持ち上げる為の
意図した記事が時々見え隠れしていたのでそれに対する警告の意味
も込めて、昨日の記事はきつい目に書いたという所が大きいです。

「できるだけ大きく見せる」事に拘っているのに納得していません
でしたから。



実態は昨日書いた通り、11月の3キャリアの対前年の数字を見ても分かる通り、
全キャリアとも去年の8割程度しか売れていないという悲惨な状況をしっかりと
記事にすべきでした。それがプロでしょう。

その事を、BCNの方だけでなく、Gfkや各種アナリスト達も含め、大量の
「プロ」が存在しているわけですが、皆揃いも揃って「iPhoneが売れている」
「iPhoneすげー(ぶひぶひ)」とばかりで、私からすれば「こいつらアホだ」
「高級取ってるくせに使えないやつらだ」と本気で思っています。

私のような門外漢の素人が、意図せずにぽろっと乗せられた数字を見て
分かった事を、数字を自由に見られる立場の人が誰一人理解できていなかった。

まあキャリアの数字を見ている人は分かっている人も居たのではないかと
思います。ほんの一部の人だけが顔を真っ青にしていたと思われ、多くの
ライター陣は「iPhoneすげー(ぶひぶひ)」と揃いも揃ってバカ面を晒して
いるばかりです。

BCNのライター氏はちょっとだけヒントを出してくれましたけど、
まあ悲惨っぽいですよ(笑)

皆まで書きませんけど、私が書いている記事をしっかり読んでいる方は
どういう数字が出てくるのか、BCNのライター氏がどんなことを書かれるかは
おおよその所を想像できるんじゃないかなと思っています。

くれぐれもバカ面を晒している諸氏の記事は鵜呑みにしない事です。
まあ私も全部位の記事を網羅しているわけではないですから、iPhoneの
落ち込みを予見している方もいらっしゃるかも知れませんけど。
きちんと触れている方には「お見事!」と言ってあげたいです。
世間がiPhone一色なだけにその空気に飲まれない勇気を褒め称えてあげたいです。



ただしiPhoneが全然売れてないかと言えば、今まで売れてきた事は
また本当の事です。それはiPhone 4s、iPhone 5、iPhone 5sと順調に
階段を上るように着実に数字を増やしてきた事がBCNライター氏の
グラフから見られますが、その中でAndroidとの強い弱いの関係は、
Android端末が滅茶苦茶売れているか、滅茶苦茶売れていないかという、
どっちかというとAndroid端末の数字が動いているわけです。
iPhoneは日本でドカンと売れたり、売れなかったりという事は
余りなく、時期外れのばら撒きという事は有っても、発売直後の
販売数だけを見ると、本当に階段を上るように正確に1.数倍を
刻んでいる事が分かりました。

まあそれは予約列に対するアップルの供給計画が単にそうなっている
だけの話だって言えばそれまでなんですけど。だから非常に解りやすい
動きをしています。

本来データを見れる人がこの辺りをしっかり記事にすべきだと私は
思うのですけどね。お願いですから本職の人、しっかり仕事をして下さい。

データを見るセンスが無いと思うのでしたら私にデータの解析だけ
でもさせて下さいよ。記事を見ていてよくイラッとする事が有ります。
関連記事
  1. 2013/12/25(水) 01:19:26|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<LTEもペースメーカーに対して15cm以上の距離を保てば大丈夫と総務省が検証 | ホーム | やっぱり気になるXperia Z1fの手袋モード(テスト動画有り)>>

コメント

データとしての意味

特定量販店のデータしかカウントされないBCNランキングに、考察する価値があるのかどうか疑問ですね。

量販店で買う人が多いキャリアと、そうでないキャリアが分かれているようですし、主力となる販売店も異なっているようですから、BCNランキングを基にどのキャリアのどの機種が売れた云々というのは私からすると滑稽に見えます。

BCNランキングは明らかにデータ不足だと思いますね。
考察しようがないデータを取って何がしたいのでしょうか?
ランク付けしてどのキャリアのどの機種が1位だ2位だというのならば、特定量販店だけデータを取るというのはやめるべきだと思います。
  1. URL |
  2. 2013/12/25(水) 12:41:35 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

>GMSさん
私はBCNのデータは一定の信用度を確保していると考えています。
詳しくは今日の記事に書いてみます。
  1. URL |
  2. 2013/12/25(水) 19:34:37 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ランキングに関しては一定の指標にはなると思いますが、問題なのは数字の裏側と言いますかキャリアとしてはあまり触れられたくない情報まできちんとフォローしてるのか?という点ではないかと思います。

何でソフトバンクはやたらみまもりが売れるのか?とか書いてる記事は見た事ありません。その辺書けないライターは半分役目を果たしていないなと感じます。殆ど当てはまりそうですが。
  1. URL |
  2. 2013/12/25(水) 19:52:42 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4338-7b936307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。