FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

魅惑のiPhone OS 3.0

新型iPhoneは今夏発表──「iPhone OS 3.0」はコピペ、プッシュ通知、Spotlightなどサポート
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0903/18/news032.html


iPhone OS 3.0の内容が公開されてきている。
それを見ると日本の携帯のいいところと悪いところをかなり研究しているようだ。

というか、恐らくソフトバンクからの影響を色濃く受けていると思われる。
そう思えるほど日本国内の携帯が持っている問題をとことん解決している。
だから次期iPhoneもソフトバンクから出るのは間違いないだろう。
あとドコモが契約するのかしないのかだけの問題だと思う。
今の段階の私の予想では五分五分か、出さない可能性のほうが高い。
私が知っている今までのドコモならばという前提の上での話だが。

iPhoneはハードがとにかく単純に作られている。モバイルMacと言える作りだ。
UNIX(BSD)をベースに作られたMacOSXは軽く安定していて携帯機器とも相性がすこぶるいい。
Macを小型に作った上で、携帯として必要な具を盛り付けたようなものだ。
MacOSⅩを動くようにし、そこに携帯としての具に対応する。

だからハードとしてのバージョンアップが余り必要なく、旧機種でもパソコンと同じく
OSやソフトを書き換えるだけで新しく生まれ変わる。iPhone OS 3.0が一年前の機種に
対応してくるのかどうかはまだ分からないことだが。

さすがに携帯端末なだけに過去のしがらみはある程度で切ってくる可能性はある。
メモリ容量やCPUパワーが限られているだけにパソコンのようにOSを肥大化させてまで
互換性を維持する必要はない。かといって互換性が問題なく保てるのなら無意味に
旧機種を切ることはしないと思うが。

※後注:どうやら旧機種もiPhone OS 3.0にアップデートできるようです。

さてiPhone OS 3.0で出来るようになったことをざっくり見渡すと、非常に魅力的な物が多い
ことに気づく。ドコモがStarプロファイルに実装しておくべきだったと思われるようなものもある。

iPhone OS 2.0は機器作り、iPhone OS 3.0は仕組みづくりを念頭においているように思う。
機器的にはもう十分だからインフラとしての仕組みをしっかりと構築しようとしているように感じた。

ドコモやKDDIなど、うちの用意した範囲内で使ってくれというトップダウン目線の日本の
キャリアの手法とは違い、こうすれば1クリック、1タップの労力を節約しようとユーザーの
ボトムアップ目線を非常に感じるiPhone OS 3.0は革命的によくなるのではないかと思う。
ブラウザの100KBの壁がどうとかいうのとはもう発想のレベルが違う。

悲しいかな発想的には日本の携帯とiPhone OS 3.0は、Windows95とWindowsXPぐらい
違う位置にいると思います。

日本の携帯はとにかく機能てんこ盛り、だけど機能の連動性・直行性は非常にお粗末。
この辺りはAppleが昔から上手だったお得意の分野だから仕方ないといえばそれまでですが、
Starプロファイルになっても今までの延長線上のままで、シェルマシンになれなかった地点で
既に自ら一歩譲ってしまったと思います。操作性が良く練られていてもKCP+だってそれは同じ。

設計の根元が機械都合か、ユーザー都合かの違いなんですよね。
日本人らしい頭の固い発想から抜け出せてない。


国内の携帯が優位なのは携帯WEBを持っていることだったんだけど、これは課金の
ビジネスモデルがしっかりと確立されているということが裏づけになっています。
Appleもそれは承知だったようで、そこにもiPhone OS 3.0で少しづつ手をつけ始めてきた。

私がiPhone OS 3.0を褒めちぎるのは弱点を徹底的に克服し、とにかく嫌なことから
目をそらさずに穴埋めをしてきたからです。

国内キャリア・メーカーはどれだけ指摘されてきても一目で分かりやすいカタログ性能には
敏感でも、カタログ性能には表れないものにはとことん目を向けない。私が唱え続けてきた
i-modeブラウザ100KB制限解除がこれまでにも無視され続けているように。(これについては
この夏解消予定のようだが)下手に動画を一部のユーザーにどんどん使わせるより、そちらで
パケット利用数を底上げした方が全体の満足度が高いんだけどねどう考えても。薄く広くの
考え方で。プロキシとして使えばワイヤレスモデムとして使っても課金は通常と変わらない。
でも国内キャリアはモデム利用のパケットは別課金。国内キャリアとは発想が大きく違う。

国内キャリアからすればLTEになってから起こると思っていたことが早巻きで起こってしまった
わけで単純に比べるとかわいそうなんだけど、これを受けて日本勢はどう動くんですかね。
ソフトバンクだって社内での端末の立ち位置のバランスがどんどん変わって大変なはずです。

3G上でiPhoneを取り巻く動きにまだ一波乱有りそうな気がしてきたのでとりあえず
ゆっくりと見守りたいと思います。
関連記事
  1. 2009/03/19(木) 20:18:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<auのパケットカウント間違いについて | ホーム | ソフトバンク孫社長吼える、負けていないドコモ山田社長>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/430-2e9f5a1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。