FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

理不尽な環境で闘う日本の技術者

昨日のサムスンが日本の技術者のヘッドハンティングをしている実態関連の記事
こんなコメントを頂きましたので紹介します。
(タイトル部分は8割企業名が見え隠れしていたので自粛の方向でw)
内部では液晶モニター土台部分にスピーカー着けてみようかと提案するも、上から即却下。

その後S○NYさんが同じようなテレビ出してきた、すると上の人間が「他社のような発想をもってもらわないと困るよね、先に出されたら何を言っても二番煎じ」と呼び出されてグチグチ

他沢山w
以上ちょい前に希望退職募ったら予定数の倍程の手が上がった企業の内部事情でしたw

マジで上消えてなくなれって思う。
公開は別に構わないのでお任せしますw


日本の企業には非常に競争力が有ると思います。
総合的な体力としては。

しかし「上層部」や「経営陣」という、厚い厚いローパスフィルターが製品の
競争力を削いでいるように思います。

携帯端末等ではau向けだとコスト削減、ドコモ向けだと訳の分からない意味の無い
クソアプリ群というバカみたいな重しも更に上乗せ。


メーカーの技術者の中の人もやってられませんわな。
それなりのアイデアや力は持っているのに。
なのでメーカー内部とキャリアで大きく魅力を削いだものが製品として出てくる。
国産Android端末がクソ過ぎたのは結局技術力の問題ではなく、多くの場合、
そういった内部の訳の分かっていないローパスフィルターが原因です。

私もソフトウェアの世界では有りますが、技術畑の出身なのでこういった技術陣や
製品開発している人の辛さが痛い程分かります。


少し前に私が衝撃を受けたのはドコモの加藤社長の言葉。
「国産端末は売れない、故障する、評判が悪い」(EXドロイド記事 )
何故そうなったのか、ドコモ内できちんと検証を行った上での発言なんだろうか?

売れない理由は「故障する、評判が悪い」として、何故そうなっているのか、
ドコモ社内できちんと理由を突き詰めていないからこういった馬鹿げた発言を
行うことになるんだと思います。

問題だらけの国内端末、特にREGZAやARROWSに代表される事は多いですが、
それ以外の端末でも3年前から1年半ぐらい前までの端末は色々と問題を抱えて
いる事が多くあったと思います。

ドコモがそれらのアプリが端末の動作への影響を検証した上で、搭載の可否を
検討したとは到底思い難いです。

CPUパワーやメモリとバッテリーが限られるスマートホンを、完全にPCと勘違い
した扱いを行ってクソアプリ群を搭載してクソ端末化させているのに、それを
まるでメーカーのせいのような言動を行った。ドコモでAndroid端末がクソ化
したのはドコモがAndroid端末の扱い方のセンスが無かっただけだろう。

今ドコモのAndroid端末から人が流出していて、本来ドコモの最新機種のAndroid端末
へ買い替えるはずだった層の多くが他社のiPhoneへと流れている現実が見えていない。

そこには二つのエネルギーが働いています。
 ・ドコモへの失望
 ・Android端末への失望

この二つでここ最近のAndroid端末の売れ行きの停滞と、ドコモのMNPポートアウトが
収まらない事は説明できます。MNP収支が僅かに改善したからって、ドコモがiPhoneを
扱って初めての発表で9万件もポートアウトしておきながら、

「転出超過の幅は縮まってきた。既存のドコモ利用者の機種変更に向けた割り引きを
他社より好条件にして流出を抑止した効果が、iPhoneの在庫改善で出始めている」
日経記事

とかもう馬鹿じゃないかなと思います。
初物効果を何ら考慮せずにこんな発言が出来るなんてお花畑もいい所。
ドコモが純減してきたりポートアウトが膨らんできた理由が、ドコモに
iPhoneが無かった事ならば、この発売の瞬間だけはMNPポートインで
純増出来ていて当たり前です。

まあこれはドコモだけでなく、各種メディアやジャーナリストの原因解明の
能力がタコすぎるという事も有りますので、加藤社長の言葉だけが問題という
訳でも有りませんけど。


あとドコモのプロダクトに関するセンスの悪さはサムスン端末に関しても見られますね。

サムスン、国内スマホ市場でシェア10%未満に ~ リンゲルブルーメン
■Samsungのシェアの推移は以下の通りです
 ・10~12月期:17%
 ・1~3月期:14.1%
 ・4~6月期:13.0%
 ・7~9月期:9.9%

サムスン端末が明らかに「嫌われていて」「避けられている」事をドコモが認識
出来ていません。iPhoneは無いけどサムスンが有る。
しかもツートップとして推していた。

こんなセンスではユーザーにより避けられて当然でしょう。
今年の夏機種で、「あの」ARROWSは見事に生き返ってまともな端末になりました。
いっぽうGalaxy S4は品質の悪さが言われるようになり、それまでのGalaxy S
シリーズが誇っていた他を圧倒する性能などは影をひそめました。
日本人技術者もそうそう黙っていませんよ。


今年の夏機種はツートップを選ぶならXperia A(SO-04E)とARROWS NX(F-06E)の
二つにするべきでした。もしくはAQUOS PHONE ZETA(SH-06E)辺りでしょう。

この辺りから記事のトップ辺りから書いてきた事に共通する事や、ドコモの壁を
強く感じています。ユーザーが求めているものを理解していない。

ゴリ押しすればユーザーはそれを買うだろうと思ってるんでしょうね。
そんな感覚だから本当は売れていたミクスマホを潰してしまい(現在オンライン
ショップでも在庫有り)、Xperia Z1も本来出る数字からかなり削ってしまう
結果となりました。これからドラクエホンとか、もう完全にアホだろうと。

ドコモが今のAndroid端末の最大の敵と言っていい状態かも知れませんね。
使った上で嫌いになるってのは確固たる気持ちを確立しますからね。
「スマホ初めてでとにかくわからないからiPhoneを買っちゃいました」とは
全く中身が違いますから。


一度管理職や経営陣を通さない、ペーペーのメーカーの技術者の本音をきちんと
吸い上げる努力を行うべきです。本来どんなものを出すべきなのか、伝わらない
声が聞けたらそれはそれで何らかの身になると思います。

ただし、決断をしている人が変わらないと思いますからそれで何か変わるとは
思えませんけどね。
関連記事
  1. 2013/11/25(月) 19:12:00|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<詰んだ | ホーム | サムスンが呑み込んだ日本の技術、スカウト・ヘッドハンティング最前線>>

コメント

本当に

こういう仕事してると本当に愚痴しか産まれない現状が泣けてきますよね、良いものを作ろうと頑張ってるのを潰されるんですもん。

日本のこの悪い体質どうにかしてほしいですよ
  1. URL |
  2. 2013/11/25(月) 20:49:58 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

この記事と技術研究の最高峰、MITの石井裕教授のコラムがリンクしてて、個人的に感心してます。
『哲学、美学がない企業に未来はなし』
http://toyokeizai.net/articles/-/23343
  1. URL |
  2. 2013/11/26(火) 03:54:43 |
  3. die #-
  4. [ 編集]

>ジャホさん
反対するのが仕事の人をまずはどうにかしないといけないですよね。

>dieさん
それ・・・めちゃくちゃ根幹的な内容を書いているじゃないですか。
そんなすごいのと一緒に並べてもらうと恥ずかしいかも(;´∀`)
  1. URL |
  2. 2013/11/27(水) 01:35:06 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

dieさんが紹介してくれた記事、いいですね。

ドコモに関してなら、確固たる理念があるのはインフラのR&Dですしねぇ。根っこがヤッパ土管屋だよ。

個人的には糞サービスはともかく、テレビ電話をあっさり捨てたのがどうも。VoIP開始でまた始めてくれるのかな。

ビジネスにもプライベートにも生放送は現代技術で復活させると有用だと思う僕はオッサンなのかなぁ。確かに回線交換の3G-324Mは効率も品質も前世代だが…(・ω・)
  1. URL |
  2. 2013/11/28(木) 22:49:22 |
  3. どこも族tab #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4255-b8b225a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。