FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモ、研究開発をお披露目「R&D Open House」を開催

ドコモ、研究開発をお披露目「R&D Open House」を開催 ~ ケータイWatch
NTTドコモは、神奈川県横須賀市にある同社の研究開発拠点「ドコモR&Dセンター」において、次世代通信技術の開発やNTT関連研究所での研究成果などを公開する「R&D Open House」を開催した。ウェアラブル、ネットワーク仮想化、5Gなど、ドコモの取り組みについて、展示およびデモンストレーションが行われた。また、21日に発表されたドコモが開発中の近距離通信「アドホックモード」や、マルチバンド対応の屋内基地局装置についても説明があった。

ドコモは横須賀のYRPで新しい技術のお披露目会を行った模様。
横須賀と言えば軍曹を思い出しますが、まあその事は置いておいて・・・。

【近距離通信「アドホックモード」】
以前もどこかの大学教授が実験をしていたように思いますが、端末同士をつなぐ
アドホック通信を実現するアドホックモードの紹介。

以前の実験では、その場に居合わせる端末同士がバケツリレーする事によって、
目的とする端末が基地局と交信できなくてもデータ通信できるというもの
でしたが、これは端末同士のマッチングを行って待ち合わせを容易にする
ためのもの。端末同士直接通信をしてチェックしているのかどうかを見ると。


マルチホップを前提としているということで、このマルチホップがズバリ
バケツリレーの事です。自分と待ち合わせしている相手が、通信できない
距離に居ても、このバケツリレーで待ち合わせしている者同士がそれなりの
距離にいることが分かるという事ですね。

又、関係ないですが一番右の欄に「LTE Device to Devide Proximity」なんて
いうものが書かれていますが、これってLTEを利用した端末間通信の規格って
事ですよね。こんなのが策定されているとは・・・ドコモの資料侮りがたし。



これ、相手が近くに来ると「フラッシュ」「ぶるぶる」「メーター」が
動くするようにすることが考えられているって事でしょうが・・・。

メーターはちょっと勘弁してほしいですね。
出来たらGPS情報をやり取りして、自分をセンターに置いて、360度の位置
スコープにして欲しいです。

何故マップにしないでスコープにするかというと、災害時に多大なトラフィックを
発生させるのはまずいので、マップは混雑時以外で利用できるようにして、
アドホック通信だけでしか通信できない時はマップは表示しないように
しないと大変な事になりますね。

地図じゃなくてコンパスも利用してきっちりヘッドアップの画面にすれば
目的の相手とすぐに会えるようにできると思います。ARで透かして見れても
いいですが、災害時に使う事を考えると、よりバッテリー消費の少ない
方法の実装をする事がまず大前提ですね。贅沢な仕様はバッテリーと通信の
帯域を食うのであくまでもオプションで。



【マルチバンド対応の、新しい屋内基地局装置と屋内アンテナ】
2GHz , 1.7GHz , 1.5GHzとマルチバンド対応屋内アンテナも開発していたようです。
屋内は特に人が狭い場所にごちゃっと集まることが多いので、こういったアンテナを
搭載したIMCSが必須になります。今後さらにドコモの屋内カバーに期待できますね。
現状でもドコモは都市部の屋内は結構強いです。IMCSが入っていないマイナーな建物
だとちょっと差を感じることは有りますが。



【LTE-Advancedで1Gbps以上を実現する「Smart Vertical MIMO」の伝送実験】
これ、先日記事にした一本のアンテナを上下二つに分けて・・・のやつですね。
画像をよく見れば、1Gbps以上で通信が出来ている事が分かりますね。



これらの開発しているものを見ていくと、ドコモは都市部の繁華街で混雑している
所の通信を緩和する事に力を注いでいるようです。IMCSの能力の強化で帯域を
広げ、アドホックモードで混雑場所の基地局にトラフィックが流れ込むことを
和らげる方法も考えている。

確かに数十メートルの距離にいる者同士がわざわざ基地局を経由してキャリア
回線で通信すること自体がすごく非効率だなと思います。アドホックモードを
発展させたトランシーバ機能も付けて、メッセージだけでなく話を出来る様に
してくれたらもっと有り難いんですけどね。


こういった要素技術をどう製品に反映してしていくかがセンスの見せ所で、
ここから下流の構築をする事は、ジョブズが一番うまかったなと思います。
そのぐらいのセンスをドコモも見せて欲しいものです。
技術はものすごいものが有るんですからねぇ。。。
関連記事
  1. 2013/11/22(金) 19:49:43|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<米アップル、4.9インチのiPhone6をテスト開始 | ホーム | クアルコム、4K解像度に対応した「Snapdragon 805」などを発表>>

コメント

ドコモはいろいろな技術を持っているのだから、有効活用してユーザーにさらなる利便性を
提供してほしいものです。世の中には「キャリアは土管だけやっていればいい」などど傲慢な
意見が出てくることがありますが、ソフトバンクならともかく、ドコモにはそういった意見を
吹き飛ばすようなことをしてもらいたいものです。

ところで、速度調査結果ですが、角川アスキー総合研究所が大阪市内ででスマートフォンでの
回線速度の調査を行ったところ、ドコモが最速となったという記事がありました。これをみると、
設備投資について一定の成果が出つつあるのかな、と。
http://www.lab-kadokawa.com/4962
  1. URL |
  2. 2013/11/23(土) 00:59:39 |
  3. 普段はROM専門 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>普段はROM専門さん
ドコモは技術はあるのに本当に見せ方や作り込みのセンスが悪すぎて損をしていますよね。
「ドカン屋だけしていればいい」なんて言葉は、キャリアに対しての侮辱ですね。
ただ、ドコモ自身そういわれるのは、ドカンの性能がぴか一であるのと同時に、
ドコモが提供するドカンの部分以外の出来が悪すぎる事が有るかもしれません。
ドコモのサービスにNOが突きつけられているという側面もあると思います。
SPモード関係とか、見事にそうでしたよね。

今後、ドコモはそれを踏まえたうえで、既に持っている技術をうまく生かして欲しいなと思います。
損してばっかりだと辛いですしね。
  1. URL |
  2. 2013/11/23(土) 02:22:03 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

確かにドコモはお野菜入れてドウスンノ?ゲームやらを他所でも使えるようにしてドウスンノ?状態ですから、ドッシリした土管が出来てこそ活きるってことにやっと気付いたってところですかね。

まぁインフラはマダマダこれからですし、ダントツ宣言してるところを黙らせるくらいにならないとね。
遅かれ早かれ、普通にやってくれるだろうが。リアル4Gが始まる予定の2015年辺りまでインフラ情勢が今のままってことは無いだろうな。

あと新しい屋内基地局はLTE-A技術を先行投入してるようで頼もしい。その辺りは流石基礎研究からできていて、自前で造れるところの強みかな。
インフラお買い上げや技術お買い上げナンチャッテ研究開発のところと一緒にされちゃ困るわな。
(^。^)y-゜゜゜
  1. URL |
  2. 2013/11/23(土) 19:23:43 |
  3. どこも族tab2 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4247-4212267c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。