FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモ発アップル行き、日本が思わぬ「金鉱」に

アップル、日本が思わぬ「金鉱」に ~ WSJ
米アップルは思わぬ場所で金鉱を掘り当てた。日本だ。
過去2年間で、日本はアップルにとって最も急成長を遂げる地域に浮上した。その成長ペースは本国の米国や好況に沸く大中華圏、アジアのその他地域を大きく上回っている。日本はアップルが最大の利益率を収めている市場であり、2013年9月期に営業利益が拡大した5地域のうちの1つだ。
大半の消費者が端末代金を前払いする市場では、iPhoneの価格の高さが販売に水を差している。

日本ではiPhoneが売れている。
「何故か売れている、不思議だ」が記事の論旨だ。

そして
「大半の消費者が端末代金を前払いする市場では、
 iPhoneの価格の高さが販売に水を差している。」
とも書いている。

その行で答えは出ているではないか。
日本ではキャリアがアップルから高価なiPhoneを購入し、採算度外視でばらまいている。
だからキャリアが身を削ってアップルに利益を献上しているから日本は金鉱なのだと。

この記事は不思議だという印象を表した記事のようで、実は日本のキャリアに対して
最大の皮肉を言っている記事なのかもしれない。

世界ではアップルのぼったくりを嫌ってiPhoneはシェアを落としている。
日本ではAndroidユーザーやフィーチャホンユーザーから得た利益をせっせと
アップルに献上してiPhoneのシェアを高めている。

だからソフトバンクはソフトバンクモバイルの決算内容を決してばれないように
しているし、KDDIもアップルへの支払い関係の事は口にしない。
力を入れいているのは実際の収支よりも他事業部に混ぜ込んだ決算と、TCAでの
水増しに水増しを重ねた純増の数字のみ。

メディア自身に情報のリテラシーが無いものだから、こういったキャリアの発表値を
真に受けて右から左に報道するという底の浅い、伝言ゲームが公然と行われ、
ジャーナリズムとしての成熟が見られない。

中には頑張って有料記事を書くような方もいるが、それは深く掘り下げた業界を
えぐった深い記事というよりは、如何に他よりも早く報道するかという、情報の
速さを買っているだけのようなものが大半で、結局ブラックホールの内幕を
えぐった記事は出てこない。

そこを深くえぐろうとすると一部「在日」という触りたくない問題にも触れなくては
ならない部分も有り、携帯という一事業を掘り下げたいだけの人にはとんでもない
ハードルが設置されている。

私がこのブログで韓国・朝鮮関連の事をこうにして触り始めたのもそこが避けられ
ないと判断したことも一因ですが、そのことを扱うと毛嫌いする人もいて、
なかなか真の姿をえぐり取ることが難しい。

ましてや名を売って仕事をしている人達は、そういったカラーが付くことを嫌うし
日本の大手インフラ企業の中に巣くったそういうセグメントの方達には非常に
仕事をしやすい環境が整っている。

だからドコモはTIZENを日本に売り込もうとするし、Galaxyをツートップに
推したりもする。私はそれを阻止したいがこんなブログですら手こずっている
現状なので、一流と目される企業での浄化なんて原発以上に安全でクリーンで、
ビッグパワーな電源が来年完成するぐらいに有り得ないことです。



話はそれまくりましたので修正しますと、アップルは日本を最大の金鉱として
掘り当てましたが、それはなりふり構わずにばら撒きまくるソフトバンクが
auやドコモに食わせた毒まんじゅうで、結局そうなる原因を作ったのはドコモ
だと私は考えています。

iPhoneをソフトバンクがどんどんと売り、ドコモがXperiaを販売、ガツンと
一発ジャブを入れました。

その後、Android auでauも綺麗にスマッシュヒット。
Androidをうまく離陸へと導きました。
日本でもAndroidは成功への階段を上がり始めていました。

Android auに対してドコモがAndroidはドコモというキャッチコピーを出して
いれば、ドコモとauがAndroidのブランドの引っ張り合いをしている事になり、
Androidのブランド価値は大きく跳ね上がります。

iPhoneってニッチな携帯をだしているソフトバンク対メジャーラインの
Androidという流れが作れていたのですが、この辺りやはりドコモは下らない
意地を張り、千載一遇のチャンスをおめおめとドブに流してしまいました。

i-modeの育て方やi-modeからの乗り換えのタイミングにしてもそうですが、
とにかくドコモは将来摑むべきだと分かり切っているチャンスを毎回きっちりと
捨ててくれるという、ある意味恐ろしい程のコンボを続けている状態です。

Android auとauがいくらAndroidの名を前に出しても、ドコモはだまって
「ドコモのスマートホン」とAndroidの名を隠し、端末からGoogleの印刷を
消してNTT docomoと印刷することに精を出しました。


それでもなお、Androidはなんとか立ち上がりはしました。
しかし、ドコモはここでまだ貧弱でCPUパワーもメモリ容量も伴っていない
端末に、ドコモのクソアプリという毒を盛ります。

どこまでもユーザーを殺したいと思っていたようです。
おかげで少ないメモリを圧迫し、クラウドで快適だったはずのAndroid端末も、
従来のPCやi-mode端末と同じ様な使い方を強要され、Googleが考え抜いた
クラウドの思想が全て死んでしまいました。

それもドコモがi-mode利権を手放したくないという、従来思想から脱却できず、
古い思想をスマートホンに持ち込もうとしたからです。

そんなふうにドコモは2年後に爆発する時限爆弾を埋め込んでしまいました。



今こうしてアップルが金鉱を掘り当てたのは何の事はない。
ドコモが2年前に埋めた金塊をアップルが掘り当ててしまっただけの話です。
本来Androidがガンガンシェアアップしている部分の一部をドコモがあの手
この手を駆使して献上しているだけの話です。

Googleからすれば迷惑な話でしょう。
センス無しで背後から撃つような味方のはずの企業が日本の最大キャリアと
して存在するのですから。



私はドコモのクソアプリによって作られた爆弾入り端末はあと半年ぐらいで
終わりと見込んでいます。正確には分かりませんしある程度前後はすると
思います。そこからはMNPの収支も改善するでしょうし、純減志向の状態も
急速に改善するはずです。

ドコモはクソだとされていたF-10Dを4.0.3→4.2.2にアップし、クソ度を
何とかしようと頑張ってきました。またSH-10DもAndroid 4.0.4→4.1.2に、
T-02DもAndroid 4.0.4→4.1.2と、私が言っているように「新しい端末を
ばら撒いて怒っているユーザーの流出を阻止せよ」という事を、OSのアップ
デートで乗り切ろうとしているようです。

これはこれで結果が出ればいいことだと思います。
が、どう改善したかは私は知りません。

まあこういう手の打ち方をしてきたので、ドコモは一番の不満点を改善させた
のではないかなとは思っているのですけど。

どっちにしろ今回、Android 4.1/4.2が降ってきた、Snapdragon S4 Plus MSM8960を
積んだ2012年夏機種の前まではこの調子が続きそうです。


それまではドコモがアップルに金鉱を献上し続けるでしょうね。
auやソフトバンクにもね。

数字が膨らむ来年の2~3月は見ものですよ。
ドコモはこの辺り、きっちりと今から対策をしておかないと、-20~40万の純減を
覚悟しておかないといけないと思います。

それはみな、ドコモ発⇒ドコモ以外のiPhone行きでしょうね、多分。
iPhoneが売れているんじゃなくて、ドコモのAndroid以外が欲しいのです。
関連記事
  1. 2013/11/11(月) 22:07:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<WiMAX2+が快適らしい | ホーム | FCCが多数のAndroidユーザーの力を借りてモバイル速度調査、米メディアの報道>>

コメント

いつも楽しみに読ませてもらってます。

よくよく考えてみれば、クラウド方式を最初から全力でアピールできていれば、パケット定額制実質必須とか、それを説明できてなくてのトラブルとか、そういったトラブルもだいぶ減らせていたような気がします。
その代わりケータイデータお預かりサービスを無料で提供しています、ぐらいの宣伝もつけておけば、なぜクラウドにこだわるのかって意見も合る程度ごまかせただろうし……。
  1. URL |
  2. 2013/11/12(火) 12:13:29 |
  3. kam-row #-
  4. [ 編集]

>kam-rowさん
まあ一気に全面クラウドにするとそれはそれで警戒する人もいるでしょうから、
当面問題の大きかったメール関係等の一部だけでもクラウド化出来ていたらまた違っていたんでしょうね。
パケットに関しての納得感には気が行きませんでした、クラウドだと確かにその辺の説明がしやすいですね。
  1. URL |
  2. 2013/11/14(木) 02:01:06 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4210-c2fadf6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。