FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモのMNP転出の勢いはiPhone如きで止まらない。強い意志で逃げいているから旧端末を配るべき。

ドコモ、iPhone販売は「まさにこれから」 MNP改善、取り扱いショップ全国に拡大へ ~ ITmediaニュース
NTTドコモの加藤薫社長は10月25日開いた決算説明会で、9月に参入したiPhone販売について、導入後にMNP(番号ポータビリティ)の流出入が前年同期比で改善するなど、一定の成果が出ているとの見方を示した。

ドコモ、iPhone効果でMNPが大幅改善--spモード対応後は前年比54% ~ CNET Japan
ドコモでは夏モデル新機種のうち、「Xperia A」と「GALAXY S4」の2機種を積極的に販売する“ツートップ戦略”を打ち出したが、MNPの転出が止まらず苦戦が続いていた。加藤氏によれば、9月20日にiPhoneを発売した1週目は前年比でMNPの転出が33%改善。また、キャリアメールである「spモードメール」に対応した3週目(10月1日以降)は54%改善したのだという。

ドコモの甘さがまた見えたような記事だと思う。
「33%改善」やら「54%改善」やら。

結局ポートアウトだらけのままでしょ。
止められてないやん。

そうなった理由はメーカーが何とかぎりぎり使えるレベルに仕上げてきた
のAndroid端末にクソアプリを山盛りぶち込んで、バッテリーが全然持た
ない加熱装置を作り上げて、ユーザーに売りつけてきた事。

だから「Androidをやめたい」ではなくて、「ドコモをやめたい」人が
大量に出来上がっていること。ドコモがAndroidの何たるかも理解せずに、
PCと同じ感覚のアプリ設計をしたものだから、論外なものが出来上がった。

現場はクソ過ぎるドコモのアプリ群の為に辛い日々を過ごしてきたと思います。
ドコモがメーカーに対しての強権発動で日本の端末をクソ化してきた。

それを加藤社長はツートップやスリートップに関連して「日本のメーカーはクソ」
発言をした。違うだろ、日本のメーカーは何とか頑張って厳しい条件でギリギリ
端末を仕上げてきた。それにトドメを刺したのはドコモのクソアプリだろう。

FlashROMが1GBしかない端末でもドコモのクソアプリが無くて、Googleが設計
したとおり、クラウドベースで綺麗に使っていればあんな問題は起きなかった。
端末の過熱も無ければ熱による不安定・再起動も桁違いに少なかったでしょう。

ライター諸氏を含め、ツートップがNECやパナソニックにトドメを刺したとか
いう人が多いが違う。トドメを刺したのは毎回重くなり続け、増え続けてきた
ドコモのクソアプリ群です。この影響は後どのぐらい続くのでしょうか。
半年?一年?

そろそろF-05D辺りの強烈な加熱端末の乗り換え分がXperia Aや夏のARROWS以降で
始まったので、ポートアウトも一時期の勢いは収まりつつあります。
しかし今回もiPhoneの発売もまだそのドコモを強烈に恨んでいる層が残って
いるiPhoneの発売を迎えました。来年からはXperia GXやそれと同期の端末等に
なっていくので、こんなにドコモを恨む層は消えていき、MNPの差も0~-3万程度に
収まっていくでしょう。

あれだけ強烈にクソAndroid端末をわざわざ作って売ってきたんだから、そりゃ
この結果が有るわけです。皆iPhoneを使いたくてポートアウトしたんじゃない。
ドコモがクソな事をし続けて反省しなかったからです。


とは言え、2日持つ端末を作らせたり、3日持つ端末を作らせたり、加藤社長は
確かに決定的な部分に手を入れ始めたなとは私は感じています。それを実現する
為にはどうしてもクソアプリをどうにかしなくてはならないという結論を
ドコモの社内でも導き出したのでしょう。

確かに今年の夏ぐらいから色々ガラッと変わっているのを感じます。
いやその前の去年の冬位からかな?加藤社長になってから手が入り始めた気は
するので、そういう意味では戦後処理と復興を進めてきた人と言えるかも知れません。


でも加藤社長、やっぱドコモにはメーカーを責める権利はないと思いますよ。
信頼性のない端末に仕上げてポートアウトを作りまくったのはドコモの責任
なんだから。

一時期のAndroid端末を例えるなら、サードブレーキをめいいっぱい引いたまま
走っている車?それとも体重200Kgのランナー?
どっちにしても重たくてしんどいものなのです。
ドコモがそんな重しさえ乗せなければ・・・どうなっていたでしょうね。

むしろ加藤社長は日本の部品・端末メーカーを褒めてあげて下さい。
あれだけ加熱する端末を大量に売っておきながら、大きな火事や爆発事故が
起きていない事。(小さいのは有ったのかも知れませんが・・・?)
普通、あれだけ加熱していたら何か起こってもおかしくないですよ。

しかしドコモのクソ加熱アプリの洗礼を受けても、日本の高品質な部品や
端末達は大きな火事も起こさずに耐え抜きました。これぞ日本品質です。
どれだけドコモに痛めつけられても、端末をクソアプリに加熱させられても、
耐えて耐えてユーザーの命と財産を守り抜きました。日本のメーカー偉い。


どっちにしろ、今回のiPhone発売で大きな禊はそろそろ終わりです。
ほおっておいても今後は純増もMNPも大きく改善傾向に向かうでしょう。
まあその手柄は加藤社長が受け取るのが順当なのでそれでいいと思います。


でもね、後まだ大きな仕事が残っているんですよ。
旧端末を持っている人はまだまだたくさんいます。

特に加熱のクレームが多い端末を中心に販売記録からリストアップして、
一つ遅れでいいですから、0円で配ってあげて下さい。
余りに可哀そうです。
MNPで逃げられる事を考えると、旧端末の整理を兼ねてとか、または
古い端末でもクソアプリを減らしたリビルド品とかでもいいから今から
でも手を打てば間に合うかも知れませんよ。OSはそのままでもね。

今丁度Android端末の売れが止まって余ってますよね。
それを上手に使わない手は有りません。
怪我の功名、余っているなら逆転の発想で利用するに限ります。

まあドコモメールが来れば多少マシにはなるかも知れませんけど。
とりあえずこの半年が最後の我慢し所でしょう。
その半年はさっさと端末ばら撒いてあげてね。

これを乗り越えれば、ドコモのポートアウトは驚くほど減ると思いますよ。
正確な終わり時期までは分かりませんけどね。
関連記事
  1. 2013/10/26(土) 20:11:05|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<システナ製「Tizenタブレット」動画レビュー | ホーム | 半沢つるべ、ソフトバンクのCMの真実>>

コメント

端末価格を高止まりさせて2年間縛りきろうとする料金設定や
プレミアクラブの改悪で改善傾向に水を注しているように思います。

端末価格のほうが戦略といえばそれまでですが他社も同じものを
扱う中で他社価格プラス2万なんて価格をよく付けたなと思いましたよ。
  1. URL |
  2. 2013/10/26(土) 22:45:59 |
  3. unsigned float #-
  4. [ 編集]

>unsigned floatさん
確かにユーザーの利益を削って悪徳っぽいことをしている場面も増えてきました。
いくらソフトバンクに「ドコモを抜かす」発言をされて、それに対抗する為に利益を取りに
いっているとはいえ、ちょっとユーザーの方を向いてなさ過ぎですね。
株主の意見は美羽氏出来ないのは分かりますが、それもユーザーが居てこそなんですよね。
そういう部分でもドコモアンチを増やす原因になってしまっているかもしれません。
  1. URL |
  2. 2013/10/26(土) 23:08:04 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

確かに新作は電池持ち良い。だが…

Tegraは電池喰い激しいちゅうことがよく分かりました。
それと通信のレスポンスと発熱はスナドラの方が優れてるのも分かりました。
Tegraってイマイチだったのか…(・o・)

ただし糞アプリがてんこ盛りなのは相変わらずですね(´・ω・`)ったくもう
パレットUIがナントカに変わったが、メーカーUI(FならNX)に変更しても無効化できないゾンビ仕様なのは相変わらずオヴァカです。
バックグラウンドでコソコソ動くアプリも何だか増えたかもね( ´△`)

コンシェルやNOTTVやらの不要アプリ削って、だーぱんの節電長持ちバッテリーやiBATTERYやらの節電アプリ使ってもF-01Fでネットガンガンな僕は2日持たせられませんでした( ノД`)…
  1. URL |
  2. 2013/10/27(日) 00:12:07 |
  3. どこも族tab2 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

Tegra3とSnapdragonS4以降は製造プロセスが全然違います。
40nmと28nmを比べるのは可哀想かと・・・

40nmでCortex-A9を4つも搭載して、しかも携帯電話のような小さい筐体に押し込んだらそりゃアッチッチになりますよ(汗)
  1. URL |
  2. 2013/10/27(日) 00:29:28 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

>どこも族tab2さん
私もTEGRA3の端末を持ってるんですが、それがNexus7(2012)なんで、バッテリーが4325mAhも
有るので、7インチで画面はバッテリーを食いますが、それでもやたらもちがいいんですよね。
なのでスマホ的には苦しい消費電力かも知れませんが、極端にバカ食いという印象もないんですよ。
7インチサイズで大きさに余裕はあり、熱容量的にもかなり楽していると思いますが、
熱いなんて思ってことはないですしね。
なのでそこから導き出したのが、TEGRA3がどうしようもないSoCというよりは、TEGRA3を加熱させる
何か・・・それがドコモのクソアプリ群だろうという流れで記事を書いています。

>GMSさん
やっぱりTEGRA3とSnapdragonS4を比べると、スナドラのコアは優秀ですよね。
しかも40nmのCortexA9と28nmのKraitじゃもうレベルが違いすぎて話になんないし。
上のどこも族さんのレスにも書きましたが、それでもTEGRA3がどうしようもない程使い物に
ならないような代物でもないなと一応思っているんです。
多分ドコモのクソアプリのせいで、ドコモの加熱端末は、総じて高クロックでの
動作を強いられているんじゃないなかって気がしています。
Nexus7(2012)はマジで熱くなりませんし、XperiaGXと比べても動作が軽いです。
双方は恐らくCPU的にはそう大きく性能差はないと思われますが、熱の発生具合と
動作の重さ軽さの違いを見ていると、動作クロックを決めているのは、
ドコモのクソアプリの有無の違いしか見えてこないんですよね。

Nexus7(2012)を使っていて思うのは、恐らくAndroid端末はJellyBean+CortexA9(Quad)で
一つの完成を見ているように思います。そのクラスの端末できちんと動作できない端末は、
完成しているものを腐らせている何らかの理由があるんだろうなって思うのです。
  1. URL |
  2. 2013/10/27(日) 01:49:44 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

同じTegra3でもNEXUS7は最大1.2/1.3GHzに抑えるなど設計面で発熱対策をしていますが、F-02Eは最大1.7GHzとアッチッチ全開では?
ドコモアプリのせいもありますが、カタログスペックにこだわった設計のせいでもあると思います。

何がともあれ、富士通もQualcommを選んでくれて一件落着ですね。
Snapdragonの省電力機能は極めて優秀です。
APQ8064の中古スマホを通信を一切切った状態で音楽プレーヤーにしているんですが、バッテリーが20%まで減るのに10日以上かかり、使用頻度が低ければ平気で半月保ったりしますので。
モバイルネットワーク接続と通信するアプリ群がいかにバッテリーを食っているか、またSoCがいかに低消費電力に設計されているかがよくわかります。
  1. URL |
  2. 2013/10/27(日) 22:05:52 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

内心NVIDIAを応援したいが…

Webでの発熱、通信レスポンス、電波ピクトのレスポンス&安定性
全部F-01F»F-02Eです。

従来機が上なのは通話時の相手の声の聞きやすさくらいです。
チップ依存の基本的部分は老舗Qの完勝かな。いやはや

LTE基本特許やらを押さえてるだけのことはある。流石だ。
好きなメーカーじゃないが、出来は素直にいいですハイ。
だけど富士通はまたTegraにチャレンジしてほしいな?頑張れNVIDIA
  1. URL |
  2. 2013/10/28(月) 23:38:43 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4160-e9deeafc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。