FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

NTTドコモ、インド通信大手への出資比率拡大か

NTTドコモ、インド通信大手への出資比率拡大か ~ 財経新聞
NTTドコモ<9437>が26%出資するタタ・テレサービシズ(TTSL)が、上場子会社であるタタ・テレサービシズ・マハラシュトラ(TTML)を吸収合併する可能性が浮上している。インド通信業界では生き残りをかけた業界再編機運が高まっており、TTSLはTTMLに合併交渉を持ちかけたと伝わっている。
これは現地テレビ局CNBC-TV18が報じたもので、関係者はドコモがTTSLへの出資比率を引き上げる可能性があると話しているという。あくまで報道ベースだが、ドコモは最大10億米ドルでTTSLへの出資比率を高め、インド通信業界でのプレゼンスを高める意欲があるようだ。。

ドコモがインドでの通信業界の掌握にさらに一歩コマを進める可能性が
噂されている。

何故こんな話が出てくるのか?

ドコモは長らくインドのTATAの大株主をしてきており、サービス名でも
TATA DOCOMOと名前を出してサービスをしている。
そのTATAの状況を見てみると・・・。


trai.gov.in


trai.gov.in

シェアは長らくほとんど変わっていない。
しかしTATAだけで月に100万回線以上純増していた時代は既に終わっていて、
インド全体では8.7億回線の契約が有る。

TATAはグループ合計で6400万回線を有しているが、先月は56万回線の純減を
喫している。過去の好調だった時期の裏返しとなっている。


私もずっとこの様子を眺めていたわけではないので、大して詳しくないの
ですが、恐らくドコモのこんな噂が出てくるのは、この不調なTATAグループの
状況に何らかのテコ入れをするという事なのかも知れません。

インドでは6位のキャリアとは言え、8億超の市場で6400万回線も有る巨大な
市場とキャリアなので、ここが揺らぐとドコモとしても落ち着いてられない
わけです。自社も今大変な時期では有りますが、ここも手を抜けない市場で
有る事は間違いないでしょう。

中途半端じゃなく、インドの人に響くような施策を取らないとかえって
かけたお金が負の遺産になりかねないので、慎重に大胆に動いて欲しい
なと思います。
関連記事
  1. 2013/10/23(水) 19:34:15|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<iOS 7.0.3公開、パスコードロックの脆弱性など修正 | ホーム | アップル、iPad Air, iPad mini Retina発表、発売は11月1日>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4150-b89bcfff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。