FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

UQ WiMAXの実測が出だしてきました

UQ WiMAX端末の実機で接続スピードを検証,屋内での電波減衰が弱点か
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090226/325620/


UQのサービスが開始したのでWiMAXの実測地がちらほら出てくるようになってきました。
まずまず予想通りって感じの数字が出てきたと思います。
この記事では電波状況が弱で約3.5Mbpsということ。強だと8~10Mbps弱程度だろうか。
これもユーザーが増えだすと徐々に下がりだすだろうが、ある意味競争相手が多く
過熱気味の市場に参戦するので、最後発でエリアが狭く競争力からすればまだ
これからの会社なので一年以内ぐらいは多くの場所でがら空きに近い状態で
使えるのではないかと思います。

実際のサービスには規格上のスピードは余り参考にならず、周波数や基地局やユーザーの
状況に大きく左右される事になります。キャリア価格と速度をどこでバランスさせるのかという
姿勢が大きく左右します。今報告された雰囲気ではUQのWiMAXのサービスは10Mbps未満の
サービスと考えるのが適当だと思います。

これと競合するのはドコモの3G、これは速度と価格的にUQの側に分が有ります。
価格帯がほぼ同じイーモバイルやソフトバンクはUQに対してはカバー範囲の広さで
競う事になるでしょう。

そうなるとKDDIの位置が微妙です。
早期にUQにMVNOするなどして手を打たないと他の同業と比べても速度が遅いのでエリア
しか対抗軸が見出せなくなります。でもそれだと価格が同じで通信速度が速いドコモに
客を取られかねません。KDDIの次の一手が待たれます。

各社の特徴を記しておきます

UQ      価格が最安価帯、通信速度は3~10Mbps程度。
ドコモ     価格はUQやイーモバイルに比べたら数千円高。
        速度は2~4Mbps、この年末には2~7Mbps辺りになるだろうと予想される。
        エリアはダントツに広い。HSUPAが始まれば上り速度で勝負できる。
KDDI     エリアはドコモ並みに広く、価格もドコモ並み。
        しかし速度はイーモバイルよりやや落ちるか同程度の0.3~1Mbps。
        使えないことは無いが速度が遅い上に制限付き端末があり中途半端。
        混雑時間帯はほぼ使えない状態になる事も。
ソフトバンク イーモバイル+従量制のSIMでエリアを補完。
        メールのやり取り程度ならイーモバイルよりアドバンテージになる時もある。
        しかし従量制の速度は0.5~1Mbps前後とあくまで緊急用程度。
イーモバイル 0.5~1.5Mbps程度と必要十分な速度が得られる。
         価格的にも最廉価帯、エリアもUQに比べると十分に広く、
         1.7GHzであり建物の中では浸透性の強みを発揮する。

ユーザーの立場として普通に考えれば、ドコモ・イーモバイル・ソフトバンク・UQの中から
一番都合がいいものを選ぶ事になると思います。ソフトバンクはまだサービスがされて
いない上に、サービス不可の可能性も有るのでここで比較するのはおかしいのですが、
一応比較対照にはしておきました。


以前書いた通り、UQは無線LANと同じ帯域の2.5GHz帯を利用しています。
当然ながら3G携帯で使用されている2GHz帯より更に建物への浸透性は悪くなります。
これはこの記事での計測結果でも大きく影響が確認されています。

また電子レンジなども近い周波数帯域を利用しています。
当然ながら浸透性は悪い上に、電子レンジで水の分子を振動させるのに利用されている
事からも分るとおり、水分にも大きく影響を受けるのです。

ですので雨や嵐の日は相当速度が落ちることが考えられます。また風呂場や洗濯などの
水場や家電等の金属を多用した機器も電波を効率よく遮断してしまいます。


実は私の家は2棟に分かれており、片方の建物に光を引き、もう一棟に指向性アンテナで
WiFiの2.5GHzの電波を飛ばしています。なのでUQの電波の減衰の傾向が以前からある
程度の予測ができていました。やはり鉄筋やコンクリートには極めて弱く、金属シャッターにも
かなり遮られてしまいます。

キッチン、居間は文句無いレベルで受信できますが、トイレでゆっくりWEB閲覧・・・となると
途切れる事は多いです。トイレはアンテナ方向から見るとかなり壁が多いのです。
ですから方式や出力が違うので一概にUQの電波も同じ傾向を示すとは言えませんが、
UQは今後のサービス展開でも壁越えには相当労を費やす事になると思います。

私のこれまでの実験からは今の既存技術の上での公衆サービスの事実上の上限は2GHz帯
辺りではないかという結論です。これを超えることの出来る技術革新は有るのでしょうか。
どっちにしても物理的限界とのシビアな戦いになり、素直には解決しないでしょう。


以前WiMAXの割り当てをもらったキャリアはバツゲームだと書きましたが、まだ確定的では
有りませんが、LTEが1.5GHz帯からサービスが始まる可能性が高いということもあり、
よりバツゲーム化しそうです。LTEと戦う前にドコモとイーモバイルがHSPAで14.4Mbpsを開始
した地点でかなり微妙な立場に立たされる可能性が出てきたようにも思います。
まだしばらく様子を見る必要は有りますけど。
関連記事
  1. 2009/03/02(月) 20:35:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<不可解な接続料金値下げ - ドコモ | ホーム | 文字入力はどうか>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2009/03/03(火) 10:29:46 |
  3. #
  4. [ 編集]

ご指摘の箇所修正いたしました。
うっかりものですみません。
教えていただいて有難うございます。
  1. URL |
  2. 2009/03/03(火) 22:22:47 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/409-ed92c7f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。