FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

文字入力はどうか

今日はたまたまドコモショップの前のルートを通った時に時間が有ったので寄ってみた。
テスト機が多く揃っているドコモショップなので時々ここは使っている。
動作するSH04Aにまだ触れていなかったので触ってみたかった。
使ってみたら今までのものと全く違う操作性なので使い方がよく分からない。
なので一通り見てみたいが休日で混雑している店でそこまで長居したくないので
とりあえずメールの打ち込み画面にしてみた。

やはりフルキーでのローマ字入力はものすごく速く入力できる。
多少の長文もものともせずに入力できる。ただキーピッチが開きすぎていて
スピードが一定以上上がらないこの辺りまだ煮詰めるべきところはある。

IMEも大きな不満もなく十分日頃使えるレベルで、動作も言うほど遅いところは
感じられなかった。欲しいと思うまでには到らないが、これも一つの選択肢だろう。
特にそれなりの長さの打ち込みを重要視するならお勧めだ。

長らくドコモショップから離れている間にテスト機の数もかなり増えている。
そういうわけで触った事あるものも無いものも含めて並んでいる順番に
文字打ちのテストをしてみた。

実はドコモはこの4シリーズになってから操作性を統一する方向を模索している。
文字打ちについてはかなり操作性の統一が図られた。

*で入力済み文字の大小切り替えと濁点・半濁点、右上ソフトキーで特殊文字入力等、
どのメーカーの機種を触ってもまずまごまごすることが無くなった。
テスト機を触る時にいつも壁になっていて一瞬止まってしまう部分だった。

まだメーカーによっては「やゆよゃゅょ←」みたいな独自性を残しているところも
いくらかは有るが、それは基本を満たした上でプラスアルファの部分。
基本操作だけで使っていれば違いすら気づかないかもしれない。

しかし一部その共通性を満たしていないメーカーがあった、それはP。
文字を入力して1秒ぐらい止まると半角分カーソルが浮いたようになり
次の文字入力可能だよと知らせてくれる、それがPにはない。慣れるとそれに
依存して打ち込む癖がついてしまうものだからこれがないとストレスが溜まる。

特殊文字の入力も確かPだけ違ったかもしれない。
一気に沢山の機種を雪崩打って確かめたので記憶が曖昧な部分が多いので
断言できない。しかし他とPの機種だけが違いが有り、その他は基本共通事項は
全て共通ではないかという印象を持った。

先日ドコモの端末についてかなり辛らつな意見を書いたが、実はあれは書き過ぎ
だなと後で思っている。実際今のドコモの機種は相当良くなっている部分も有るので。
しかしそういっても良いぐらいにまだ負の過去はいくらか引きずっている。
まだ過渡期なのかもしれない。

実は905以降はそれ以前の機種に比べると段違いにいい。
ドコモの暗黒時代は将来を見据えて採用した汎用型のOSのせいでもっさり動作の
機種が多く、ボタンを押してから反応まで「待つ」必要があった。

905でももっさりの機種はいくらか残ったが多くは改善傾向。
去年の冬の4シリーズ以降でもっさりすぎてストレスの溜まる機種はほぼ駆逐
出来たのではないかと思う。しかし今日触った中ではN04Aはもっさりだった。
ただ、N04Aのもっさりはメニューの切り替えの部分で大きくそう感じたので
もしかしたらメニューを簡素なものにすれば意外ともっさりが消えるかもしれない。

STYLEシリーズの中には昔の機種かと思うほど全ての操作がボタンを押したのと
同時にすぱすぱと動く神がかりな機種も有り、ドコモの機種もここまで速くなったか
と思うことすらありました。N04Aも画面的にはもっさでどうしょうもないなと思いながらも
以前の頃のもっさり機種のようなイライラ感が余り感じられなかった。この辺りは実際の
操作性にチューニングされているところが幾分有るからかもしれない。

今年の冬には
・Medity M3(45nm) 1GHz
・UniPhier5M(32nm) 800MHz
・SH-mobile G4(45nm) 840MHz
辺りが登場し、HSPA7.2/5.4 HD-videoも見込まれているので動作速度についての
不満はほぼ解消されるのではないかと見込んでいる。

常時この速度でチップを動かすわけではないので普段の操作性には何ら寄与しない
可能性は有るが一応期待しておく。
関連記事
  1. 2009/02/28(土) 19:40:12|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<UQ WiMAXの実測が出だしてきました | ホーム | NFC、再度>>

コメント

それは私もおもいます。操作性の統一は大切です。一時の○h903は相当酷かったですね。その点auは昔から操作性はある程度統一されていて、機種変しても違和感はそんなにありませんでしたが、kcp+になってから更に統一された印象です。Bluetoothとか。
もしかして今のkcp+はかつてDoCoMoも経験した過渡期なのでしょうか。それにしてはFWVGA液晶と銘打っておきながらkcp+がWVGAまでしかサポートしていないと言うのは貧弱だと。その事実のせいで、黒帯なんてレッテルを張られkcp+は批判を受けているんです。
  1. URL |
  2. 2009/02/28(土) 22:42:06 |
  3. LOT #-
  4. [ 編集]

>LOTさん
ドコモの以前の機種は何かと酷いところは多かったですね。
色んなところが改善傾向なのはとても嬉しい事です。
KDDIは端末やネットワークの作り方等、褒められた部分ばかりでは無いのですが、
あるラインでのすごいこだわりというものを感じます。
操作性の統一や、問題だらけであったとしてもちゃんと動くものとして出したKCP+など、
何らかのこだわりを感じさせてくれますね。
そこがKDDIらしさかなと思うことは多々有ります。
  1. URL |
  2. 2009/03/03(火) 02:25:07 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/408-c0f3d4b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。