鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【動画】イプシロンロケット1号機、打ち上げ成功

イプシロン、打ち上げ成功…搭載衛星を分離 ~ 読売ONLINE
宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の新型ロケット「イプシロン」が14日午後2時、鹿児島県肝付町きもつきちょうの内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられた。
同3時過ぎ、搭載した衛星を分離し、打ち上げは成功した。
日本の新型ロケットの打ち上げは2001年の「H2A」以来、12年ぶり。内之浦からの衛星打ち上げは7年ぶり。
イプシロンは、全長24・4メートル、重さ91トン。最大1・2トンの衛星を打ち上げることができる。省力化と低コスト化を徹底し、打ち上げ費用を先代のMミュー5ロケットの半分(38億円)に抑えたのが特徴。
発射直前になって、立ち入りが制限されている海域に船が近づいたため、打ち上げは予定より15分遅れた。

先日、19秒前にセルフテストで僅かな正常信号の返答がずれた為(0.07秒)に自動停止になり、
打ち上げ延期になっていたイプシロンロケットが本日2時丁度に無事打ち上げ成功しました。


[Youtube] 新型ロケット「イプシロン」打ち上げ成功
rame width="420" height="315" src="//www.youtube.com/embed/Z37uGPQEQRs?rel=0" frameborder="0" allowfullscreen>

こちらもどうぞ。
H25/9/14 【イプシロンロケット試験機 /惑星分光観測衛星打ち上げ成功!】 ~ ニコニコ動画


元々13時45分に打ち上げの予定でしたが、立ち入り禁止区域に船舶が近づいたので15分延期。
しっかり見るべき所を見ているんですねぇ。
某国ならそのまま打ち上げてそう・・・。

それにしても、一発打ち上げ成功とはすごい。
開発自体はH2A/Bロケットの補助ブースターの部品などを流用して、新規開発を出来るだけ
減らし、信頼性の有るものを出来るだけ使って開発の負担を減らしコストダウンと信頼性の
確保をした。

H2A/Bロケットは一回の打ち上げ費用は150億円やら180億円と言われていて、ペイロードは
1.2トン迄と低いながらも30億円クラス打ち上げ可能なので、衛星開発技術が進化していて、
小型軽量化が進んでいる今の衛星業界の需要にマッチしている。

また宇宙ステーション補給機(HTV)「こうのとり」のような大型の物を打ち上げる需要にも
対応する為に、より低コストでの大型機の打ち上げ可能をしたH2の後継機のH3も開発も
発表
されました。


先日のボイジャー1号機が太陽系を離脱したニュースといい、宇宙関係のニュースが
騒がしくて楽しいですね。

日本の宇宙技術開発もどんどん盛んになっていきそうです。
何よりも最近は成功率の高さが期待感を高めますね。
関連記事
  1. 2013/09/14(土) 19:09:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<悲惨、iPhone 5cが売れなさすぎ、アップル崩壊の残酷物語 | ホーム | iPhone 5Sの初期出荷台数は400万台以下? 指紋センサーに問題か。>>

コメント

某、巨大掲示板でH-2Bロケットとの比較。(うろ覚え)

H-2B
「ペイロードが一杯になるまで発射しません」「行き先は決まっています」

イプシロン
「お荷物は一品からOK」「行き先はご指定してください」

定期観光バスと観光タクシーのようなものでしょうか。

個人的にはイプシロンの離陸していく様が、アメリカの軍艦等に搭載されている
「遠くまで良く飛ぶミサイル」に良く似ていることに苦笑してしまいました。

糸川博士のペンシルロケットからようやくここまでたどり着いたことは感慨深いです。
  1. URL |
  2. 2013/09/14(土) 21:12:54 |
  3. ATARIman #Y2n9T2rA
  4. [ 編集]

なにより、内之浦から再びロケットが上がったのが嬉しいですね。
GXエンジンとかでつまずいて伝統の固体燃料ロケットの存続が危うかったのが
再び開発が軌道に乗り喜ばしいです。
>H2A/Bロケットの補助ブースターの部品などを流用して
H2A/Bのメインエンジンにしても、イプシロンにしても枯れた技術だと安心ですね。
新規開発エンジンだと燃焼停止までドキドキですから。
  1. URL |
  2. 2013/09/14(土) 21:20:02 |
  3. paldioPHS #kLCZl7R6
  4. [ 編集]

>ATARImanさん
イプシロンの発射シーンが余りにも軽くてすいすい上がっていくので余計に
ミサイルチックに見えましたね。テスト機だからペイロードはMAXの
半分以下だったのでしょうかね。

>paldioPHSさん
また内之浦からの発射が見られたのは嬉しいですが、
個人的には斜めの発射台で無くなったのはちょっと残念かも。
あの形結構好きだったんですよね。(笑)
  1. URL |
  2. 2013/09/14(土) 23:23:07 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>個人的には斜めの発射台で無くなったのはちょっと残念かも。
自分もそれは思いました。それも伝統ですからね。
今回ロケットは垂直発射でしたが発射体制の発射台の支柱(?)が傾いていたあたりに
技術者の心意気が感じられました。(せめて支柱だけでも傾けとけとw 本当は発射台の構造を単純にした結果でしょうけれど)
  1. URL |
  2. 2013/09/15(日) 07:43:49 |
  3. paldioPHS #kLCZl7R6
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4043-d400dfce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。