FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

UQ、WiMAX2(TD-LTE)で将来1Gbpsサービスを計画

「WiMAX2+」が2013年10月末からサービス開始、2017年には下り最速が1Gbps超に
WiMAX2は以前からUQコミュニケーションズが検討してきたWiMAXを越える高速通信サービスで、現在使用中の30MHzと、新規に割り当てを受けた20MHz、合計50MHzの周波数を使うことで超高速通信を提供するもの。

UQが新しい帯域を20MHz幅取得し、WiMAX2(TD-LTE)を運用して高速化をする為の計画を公開した。

これによると現状は10MHz×3波で現在の旧WiMAXを運用、ここに新たに20MHz幅で
WiMAX2(TD-LTE)を開始、ユーザーが旧WiMAXからWiMAX2(TD-LTE)以降次第で
2波分を停波、WiMAX2(TD-LTE)に置き換えるというもの。


帯域の割り当てはこのようになった。
新帯域がUQのすぐ後ろに割り当てられた。


CAで2波を利用するするわけだから帯域がぴったりとくっついている必要は特にはない。
UQが有利とされる理由に帯域の連続性が示されるが、CAだとそれが関係なくなる。

しかし、アンテナのマッチングを考えるとやはり隣同士の帯域の方が離れているよりも
有利と言える。またこの20MHz幅同士のCAを計画しており、旧WiMAXを10MHz分残す為
にもどうしても20MHz幅欲しかったのだろうと予想されます。

仮に10MHz幅分しか割り当てられなかったとすると、WiMAX2(TD-LTE)は10MHz幅で
開始させ、以降次第旧WiMAXを1波停波、すぐにWiMAX2(TD-LTE)を20MHz幅に割り当て、
2017年には旧WiMAXは全停波してWiMAX2(TD-LTE)に全面移行する裏計画だったの
かなとか勝手に推測しています。

TDDで20MHzx20MHzのCAですから、FDDだと20MHz幅相当にあたります。
例えばドコモの1.7GHz帯だと20MHz幅が有りますから、2017年辺りにはこちらでも
FDD版の1Gbpsのサービスが期待される事になります。
ドコモもLTE-A、LTE-Aとうるさいですしね。
このまま黙ってこれを放置する事は無いでしょう。

まあまだ先の事です。
当面はWiMAX2(TD-LTE)の実力に期待したいと思います。



あら?これを見ると旧WiMAXが1波になるのは2017年度じゃなくてもっと手前ですね。
2015年度頃には旧WiMAXは1波に、2018年度には完全停波の予定のようです。
関連記事
  1. 2013/07/29(月) 19:40:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<次期iPhone、廉価版iPhoneの実機やパッケージや色々流出(画像色々) | ホーム | 頑張るドコモ、Xperia Aは110万台達成、150Mbpsは10月末開始>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/3898-1dfc43d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。