FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhoneの取り扱いを中止へ。販売ノルマ厳しく─ロシア3大通信キャリア

iPhoneの取り扱いを中止へ。販売ノルマ厳しく─ロシア3大通信キャリア ~ リンゲルブルーメン
ロシア第3位の移動通信会社Beelineは、iPhone販売に関するAppleとの契約を更新せず、iPhoneの取り扱いを中止すると発表しました。
ロシアの他の巨大通信キャリアであるMTS・Megafonも既に今年iPhoneの契約を解除しており、ロシアの3大通信キャリアが揃ってiPhoneの販売契約を解除したことになります。原因はAppleによる無理な契約条件(販売ノルマ)などによるものと知らされています。

ロシアの主要キャリア3キャリアが揃いも揃って次期iPhoneの取り扱いの契約を
結ばない事にしたようです。

原因はアップルが課す高い高いノルマのせいです。
以前『EU規制当局、アップルの「iPhone」販売契約を調査か』の記事でも取り上げたように、
アップルは各キャリアに対して一方的な契約を結ばれていると言われており、
その際高いノルマをコミットさせられます。

具体的には契約を結ぶキャリアの端末販売数の半数をiPhoneにするというのが
よく言われています。この辺りはキャリアによってまちまちの可能性も有り
ますが、大手だからと言って必ずしも有利な条件を得ているとは言い難いようです。


関連するニュースを採り上げていきます。
米ベライゾン、iPhone販売で赤信号 - 不足額は140億ドルにも(米有力アナリスト) ~ WirelessWireNews
米ベライゾン・ワイアレス(Verizon Wireless:以下、ベライゾン)で、アップル(Apple)「iPhone」の売れ行きが当初の見込みを大きく下回っており、今後の状況次第では今年の目標未達金額が最大140億ドルに達する可能性もあるとするレポートが、米調査会社のモフェット・リサーチ(Moffett Research)から発表されたという。

Verizon Wirelessに今年内235億ドルのiPhone販売ノルマが存在か - WSJ報道 ~ マイナビニュース
公式な発表はないものの業界における暗黙の話題として、携帯キャリアがAppleのiPhoneを販売を行う場合、指定期限内に特定金額の端末購入を確約する「コミットメント」と呼ばれる販売契約が存在するという話がある。米Wall Street Journalの7月11日(現地時間)の報道によれば、米最大手キャリアのVerizon Wirelessは今年中に235億ドルのiPhoneを販売するノルマを抱えており、現状の販売ペースでは達成は難しいのではないかと予測されているという。

これらの記事からアメリカのベライゾンが今年度には235億ドルのノルマを要求され、
最大140億ドルの不足があるとされている。

ベライゾンは3年間で450億ドル(150億ドル/年)をコミットしたとの事ですから、
AT&Tが今年度38億ドルというのとはレベルの違う数字をコミットしたことになります。
これはベライゾンが大量のコミットをして一台当りを少しでも安く仕入れようとした
のではないかという事が考えられます。

それともアップルから実力を買われ、高額のコミットを要求されたのか。
どちら発の契約かは分かりませんが、どちらにしろアップルが優位な立場で結ばれた
契約でしょう、ある意味奴隷契約です。

EUの件でも有ましたが、このコミットの数字に足りない場合、一定額のiPhoneを
自腹で購入するという契約が有り、それが問題になっていました。ベライゾンの
件でもそれが含まれている可能性が考えられます。

それがベライゾンでも結ばれているとなると、最悪のケースでベライゾンは
140億ドルのiPhoneを自腹購入を迫られる事になりかねません。

平均購入価格が700ドルとして2000万台、500ドルとして2800万台の自腹購入
という事になるので一キャリアの背負える範囲を遥かに超えてしまいます。

ロシアの三大キャリアがみなアップルとの契約を解除するわけです。

iPhoneはどんどん世界市場でのシェアを落としてきていますが、こうして契約を
解除するキャリアが増え始めると更に世界シェアの下落が加速します。
契約を更新するキャリアがいても、アップル側も今までのような殿様商売が
何時までも続くわけもなく、今までよりも弱い立場での交渉となります。

私はロシアの件だけでなく、他でも次期iPhoneの契約をしないキャリアが
更に登場する可能性を睨んでいます。もう王者と言っていいAndroidは当然の事、
これからのメジャーの座を目指すTIZENやFirefoxOS、まだまだこれからがある
ChormeOSも有りますので、別にキャリアからすればiPhoneに固執する必要が
ない環境が整ってきています。

またユーザー側も、AndroidやiPhoneがスマートホンの市場シェアの殆どの割合を
取ってしまっており、スマートホン同士の乗り換えのパイはもうほぼありません。

そうなるとフィーチャホンからの乗り換えに期待するしかありませんが、
フィーチャホンは通話や簡単なメールに特化した使い方をしていれば、
スマートホンよりも遥かに優秀な携帯端末であり、スマートホンに乗り換える
という事は性能ダウンになってしまいます。だから乗り換えたくないと考えて
いる人は少なからずいます。

また安価な端末でいいのに、端末代が高額になり勝ちなのもスマートホンの
欠点です。iPhoneはキャリアが元気な国では既存ユーザーから集金して、
新規契約者にばら撒いて安価に端末をばら撒くという契約法が成立していま
すが、そういう国ばかりでは有りません。

そうでな国ではどうしても端末代が高くなりがちで、特にアップル税が満載の
iPhoneは価格だけは高級品です。iPhone以上の機能や性能の端末よりも遥かに
高い値段で売られる事になります。アップル税のおかげで。

その結果以下のようなことが起こっています。
iPhone、西欧とインドの2大市場でシェア低下端末価格の下落は世界的な現象 ~ JB Press
先頃米IDCがまとめた西欧のスマートフォン市場調査によると、今年1~3月期における米アップルの「アイフォーン(iPhone)」の出荷台数は1年前から11%減り、620万台となった。これにより同社の西欧市場のシェアは前年の25%から20%に低下した。
一方で韓国サムスン電子のスマートフォンの出荷台数は31%増えて1430万台。同社のシェアは39%から45%に拡大している。
1年前に比べたインド市場におけるスマートフォン出荷台数の伸び率は163%で、これは世界平均の4倍以上。中国の伸び率86%をも上回っている。
そして同国で台頭しているのは地元のメーカー。同国3位のマイクロマックス、4位のカーボン・モバイルズなどの成長率は200~500%。
また同国には無数に小規模メーカーがあり、中には1000%の成長率で伸びている会社もある。そしてそれらメーカーのほぼすべてが基本ソフト(OS)に米グーグルの「アンドロイド(Android)」を採用し、低価格端末を販売している。同国のスマートフォン市場に占めるアンドロイドのシェアは89%に上るという。

ここで特記すべき事は「西欧ではiPhoneの出荷台数の実数の低下が始まっている」という事。
これは市場で選択されていないという事、一旦こうなると流れが決まってしまい後戻りはできません。
しかもこの夏から秋以降にFirefoxOS、続いてTIZENが出てきます。
弱り目に祟り目で、完全に駄目押しでしょう。
ロシアに続くのはどこか?

Androidの進撃止まらず―EU主要国と中国で70%以上、アメリカで52%を獲得(Kantar調べ) ~ techcrunch.com
今日(米国時間7/1)、Kantar Worldpanelは世界のスマートフォン市場に関するレポートを発表した。その分析によれば、過去3ヶ月、Androidベースのスマートフォンはヨーロッパの主要市場(イギリス、ドイツ、フランス、イタリー、スペイン)で70%以上のシェアを占めたという。また世界市場でも同様のシェア拡大が続いている。この成功の最大の原動力はやはりSamsungであるようだ。ヨーロッパでのスマートフォン販売の半数をSamsungが占めている。

この図をよく見てもらえれば分かると思いますが、Androidはどの国でもAndroid
以外からシェアを奪う事に成功していますが、iPhoneは必ずAndroid以外からしか
シェアを奪えていません。

つまりiPhoneはAndroid以外のパイが枯渇するとシェアをいずれAndroidに奪われて
いく事になります。今後AndroidとiPhone以外が枯渇していくとiPhoneは更に
窮地に落ちていく事になると予想しています。
関連記事
  1. 2013/07/15(月) 19:41:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<パナソニック、インド市場でAndroidスマートフォンを発売へ | ホーム | iPhone5で感電死か アップル調査へ 中国>>

コメント

右肩上がりが止まったら行き詰まる手法を続けるところの末路は、もうすぐ見えるかな。あーもう綻び出てるか。

ドコモは交渉やめてほしいな。望み通りの1ラインナップなんて、こんな情勢じゃムリムリ。
それに国内でもいずれほとぼりが冷めて至極普通の市場になるはずだし。

下がり目のところに縋ったって、無駄金消えて不良在庫山積みになるだけだよ?ドコモさんよ??
  1. URL |
  2. 2013/07/15(月) 21:47:52 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

auでも取り扱い止めてほしいな。。。
iPhoneを辞めて身軽になって『進化した自由』になってほしいです。


あと小ネタですが

『携帯電話の電波利用料軽減へ 災害時の有用性など評価』*朝日新聞デジタル版
http://www.asahi.com/business/update/0714/TKY201307140054.html

記事の文末には…
“使用する周波数の幅や、端末の数に応じて負担するのが原則だが、公共性が高いとみなされると負担を軽減される。
東日本大震災で携帯電話が危険情報の伝達や人命救助に役立ち、その後も携帯会社が災害対策への
投資をしていることが評価された。
減免額は今後決める。利用者の料金に影響する可能性は低い。”

と結んで有りましたが
影響させて欲しいです
ユーザーとしては何らかの形で還元して
例えば3Gプランに有った様な
無料通話を月/¥500相当を付けるとか。。。
  1. URL |
  2. 2013/07/16(火) 00:18:00 |
  3. 英優 #90JsmjVc
  4. [ 編集]

まったく何やってんだよ、って話ですよ。
モノが良いのは知ってる、けどアップルの高圧的で尊大な態度はマジ勘弁、と思っている人がどれだけ居ることか・・・
iPhone5使ってる私もその一人ですけどね。

これだけAndroidが普及している中でアップルだけこの態度、あの利益率、そんなものは絶対維持出来ないと何故わからないのでしょうか。
くわえて、今のドコモの施策からもアップルに似た空気を感じるので、こちらはとても心配です。
  1. URL |
  2. 2013/07/16(火) 00:53:10 |
  3. qwerty #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/3852-7f875c4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。