FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

2012年度のタブレット国内出荷台数は568万台

2012年度のタブレット国内出荷台数は568万台~MM総研調査 ~ Internet Watch
株式会社MM総研は23日、2012年度の国内タブレット端末出荷台数調査の結果を発表した。2012年4月から2013年3月までの出荷台数は568万台で、前年度の278万台に対し104.3%増だった。メーカー別出荷台数ではアップルが298万台でトップだった。

2012年度のタブレット端末298万台/568万台がアップルのiPadシリーズだという。
Androidタブレットの追い上げも激しいが、なかなかiPadも粘っている。
しかしこれは2012年だけの特別要因が大きく関わっている。

通常は年に一回だけ発売のはずのアップル製品ですが、iPadに至っては
この年だけ二回も発売したという事が数字を跳ね上げさせたことに
大きく関わっていると私は考えています。

Androidは秋以降に激しい追い上げを見せました。
その勢いのまま2013年に突入していますから、2013年度は間違いなく
Android端末がiOSとシェアが入れ替わると思います。

端末単体ではまだまだiPadが一位になる可能性は大ですが、iPadは
iPhoneとは違いminiも含んだ二モデル構成。主に売れるのはminiですが、
しかし数字的には二手に分かれることになるので、Androidの売れ方が
一つのモデルに集中するような事が有れば有利なはずの機種毎の
順位でも安泰で一位とは言い難いと思います。

まだまだAndroidのタブレットがどれが売れるかは分からないので、
iPad陣営は今の所そこまで心配する必要はないと思いますが、
しかしOS毎のシェアで一気に押し込まれると端末ごとの数字で一位でも
相当苦しい事になる可能性は十分考えられると思います。
関連記事
  1. 2013/05/26(日) 21:36:43|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<廉価版iPhoneを台湾ペガトロンが受注、今年4000万台生産へ | ホーム | 北海道電力が買い取り拒否、ソフトバンクがメガソーラー計画見直し(事故例追加)>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/3713-a0eecbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。