FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

App Storeでのダウンロード数はもうすぐ500億に、GooglePlayとの数字の比較

世界中のApp Storeでダウンロードされたアプリケーションの数は、もうすぐ500億に。

Apple Inc. (AAPL)’s Countdown To 50 Billion App Downloads ~ ValueWalk

アップルのAppStoreでダウンロードされたアプリの数はもうすぐ500億に到達するという。

Android端末はあっという間にiPhoneの販売数を抜き去った。
アプリのアップロード数も去年夏ごろに並んだので、具体的な数字は未発表だが、
今は既に数では抜き去っている可能性は高い。唯一Android陣営がまだ抜き去って
いなかったのは、このアプリのダウンロード数です。


では双方のプラットフォームのそれぞれのダウンロードの数はどんなものか。
色々探してみてもまとまった資料が無い。なので探し回って資料を作成してみた。



AppStoreのほうは全て発表に沿った実数、GooglePlayの方は200億回までは
発表による実数、以降は私がそれ以前からの流れを引き継いで、3ヶ月で
50億回づつ上がっていくと想定した予測値です。

それをグラフ化してみた。



どうやらGooglePlayの2012/5の150億回の数字を拾いミスっている可能性が有る。
多少いびつなグラフになったが、まあこれはこれでよしとする。

双方を比較してもほぼ平行線に見える。
しかしよく見ていくと間が狭まっている事が分かる。
それは数字を拾っていても感じられたことです。

分かりやすいように緑の縦線を入れ、互いの差がどうなっているのか
グラフから目読みですが入れてみました。
少しづつですが、確かに縮まっていますね。

数字を拾っているとiPhoneの新機種が発売された直後にAppStoreのダウンロード
数がGooglePleyと並ぶか、やや上回る感じ。しかしそれ以外の季節はその半分
以下のペースに落ちてしまっている感じでした。非常に解りやすい。

iPadの発咳直後にはこのような傾向が見られないのはまだまだ実数的には
iPhoneと比較できるレベルじゃなかったからでしょう。それがここ最近は
タブレット需要も高まってきたのでそれなりに効果は有ると思います。

恐らく去年の数字で一瞬GooglePlayのダウンロード数の勢いと並びかけたのは、
iPhoneとiPad/iPad miniとiPod touchの発売が重なったことに起因するのでは
と私は分析しています。


ただし並びかけたとは言っても、GooglePlayの数字は250億以降はあくまで
私の予測値です。3ヶ月で50億回で増えているという前提です。
これが変化しないということも考えにくい。

これは本格的にICSやJBが出てきた後になり、それらの対応アプリの
ダウンロード時期と重なるので、私のように対応の有無によって
アプリを乗り換えたり、他のアプリを試す為にいろいろ試したりしている
可能性が大です。そう考えると実際には3ヶ月50億を超えて、更に成長
していてもおかしくないなと考えています。

なのであくまでも私の予測ベースという前置きはしますが、GooglePleyの
アプリのダウンロード数はAppStoreのダウンロード数に、上記の表やグラフに
示されているよりも速いペースで追いついていると私は予測しています。

野心的な予測を立てるなら、AppStoreの500億回達成とGooglePlayの400億回
達成の時期はほぼ同じぐらいではないかと考えています。AppStoreが120億回
位増えている間に、GooglePlayは200億回位の勢いで増えている事になります。



さて、Androidが端末の売れ行きの割合に反して何故GooglePlayの増え方は
この程度なのか。それについても触れておかないといけないと思います。
理由はAndriod端末はGooglePlayに縛られないから」だと思います。

Amazon Appstoreはカウントに入りませんし、他にもサムスンのマーケットや
大手企業が運営しているサイトは沢山有ります。中華タブレットなどでは
そもそもGooglePlayのアプリ自体が入ってないものが大半です。
国によってはGooglePlayのアプリが入っていないものが主流なんて場合も。

なのでAndroidの端末の増え方と平行にGooglePlayのアプリの数や
ダウンロードの数字が伸びてこないのはこうしたマーケットの分割が
大きな理由だと考えられます。逆に考えれば、それでもなおAppStoreを
追い上げているのですからすごいとしか言いようが有りません。



以降は双方とも50億回きざみで数字を発表してくれると嬉しいなと思う
のですが、前歴を考えるとなかなかGooglePlayの方は難しいかな。
関連記事
  1. 2013/05/06(月) 19:15:27|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<iOS7はカーナビにアップル独自地図を表示できる? | ホーム | なんかぼろいソフトバンクのエリアマップ>>

コメント

今更の書き込みですみません。

Google Playストアにおけるアプリの総ダ
ウンロード数が累計480億回を突破した事も発
表されました。先月だけでも2億8000万回だっ
たそうです。

ちょっと記事の抜粋ですがアップル超えてるんじゃないですかね
  1. URL |
  2. 2013/05/16(木) 07:33:01 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

>ジャホさん
GooglePlayが480億回は知りませんでした。
情報有難うございます。
Google I/O当日にAppStoreが500億回に達したそうです。
まだ超えていませんが、もうここまで追い上げているので年内どころか夏までに越えてしまいますね。
GalaxyS4の発売が順次世界で行われていますからそれでかなりブーストかかるかも。
  1. URL |
  2. 2013/05/16(木) 22:52:56 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/3653-d7181eb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。