FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhoneに廉価版は必要か否か?

アップルが廉価版「iPhone」を必要としない理由 ~ CNET Japan

米アップル、新興市場攻略にはアイフォーン廉価版が必須条件 ~ bloomberg.co.jp

相反するタイトルの二つの記事、タイトルだけを見ると悩ましい事情に見えますが、
二つの記事の中身を読んでみると廉価版iPhoneを必要としないというCNETの内容の方が
圧倒的に濃い事が分かる。

廉価版が必要とするbloombergの記事の方は「中国の事情がこうだから廉価版が必要
ですね。」という単なる市場の様子を意見にしただけの記事。

一方廉価版は必要ないとするCNETの記事は部品単位の値段まで理由を掘り起こして
底から積み上げた記事。内容的には圧倒的にこちらの方に分があるように思います。

更にこれ、私が常々書いているのと似たような意見ですよね。
廉価版の端末の役目は旧端末のiPhone4やiPhone4Sがその役を担っているわけです。

廉価版を作る時は代替型遅れの部品を安く買ってきて基本的なハードとして仕上げる。
それって・・・今の型遅れのiPhoneそのものですよね。

旧世代の型遅れの技術だし、メモリもちゃんと少ないし、CPUも遅いし、画面も荒い。
OSは一から起こさなくても既に動いているし新たなチェックも必要ない。
既に世間でβテストどころか本番テスト済み。
普通に考えて廉価版端末として何の不自由が有るのでしょうか。

そりゃ最新の技術で、今までの旧端末よりももっとコストを下げたものを作れと
言われれば不可能ではないかも知れません。CPUコアだってCortexA8やA9ではなく、
A7にすればバッテリー容量を削減できてそれで更に安く出来る可能性も有るでしょう。

しかし新しく端末を設計すれば「ジョブズの手によって作られた端末」という
ブランドは消え去ります。既に誰が作ろうとiPhoneというブランドは確固たるもの
ですが、どの程度有るのか分からないメリットの為にジョブズというブランドを
捨てるのもどうかなと思うわけです。

ということでCNETの記事と同じく「廉価版iPhone要らないんじゃね?」となるわけですが、
ここ昨今、廉価版がいついつ出るだのどうだのというリークが多く、単なる期待と
憶測が偽情報を本当らしく見せかけているだけなのか、それともアップル公式で
リークされていて、実は本当に作っているのか。

または情報はアップル公式だけど、実際にはフェイクで世間から「iPhone」と
いう言葉を消さない為だけにやっている嘘リークなのか、踊っている中に居ては
全然見分けがつきません。


私はあくまで余計な事はしてこずに、普通のiPhoneを秋から冬辺りに発売すると
思うんですけどね。今それ以上をやる必要性を感じないんですよ。

これ以上端末数を増やすとiOSの管理が全く追いつかなくなります。
今でもiOSはiPhone 5/4S/4/3G、iPod touch(第4、5世代)iPad 2、iPad(第3、4世代)
iPad mini、Apple TV第2、3世代とこれだけのiOSデバイスを最新版に更新して
いかなくてはなりません。

もしキャリア毎や言語毎に少しでも弄らなくてはならないカスタマイズが潜んで
いたら、先ほどの端末数×キャリアの数や言語の数分だけソースコードの
管理が必要になります。

そのソースの更新と体制の維持コストは新機種を出す度にどんどん膨らみ続け、
アップルを苦しめていきます。これからAndroid端末に肩を並べるように、
「新端末を半年に一回発売します」なんて事をやったら死亡確定です。

マイクロソフトはそれで苦しめられたから旧OSのサポート期日を決めたのですから。

私の感触では、アップルはそろそろ端末数や発売国数がいい感じに増えてきて
大変な事になっているのではないかと想像しています。

iPhone 3G等の更新しなくはいけないもの以外のソースコードには、修正すべき
全てのバグ等を反映しなければならず、本当に大変だと思います。

同じ人が複数担当していると、でじゃぶに陥ってだんだんどこまでやったのか
分からなくなっていくんですよね。

私もこれは大いに経験済みで、この苦労が痛いほどよく分かります。
私はアップルの今のiOSのソースコードの管理の業務は絶対したくない仕事だと
思っています。こんなに数が有ったら地獄ですよ本当に。



まあこういう事も有り、廉価版を出したらソースコード管理の部分のコストは
確実に上がるよという事も付け足しておいて終りにします。
関連記事
  1. 2013/01/30(水) 19:55:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<米アップルの威光に陰り、影響力低下 | ホーム | ドコモは徹底してEコマースに参戦>>

コメント

おや? 廉価版iPhoneに関するいろんなメディアの発言の中で、鈴さんの以下のコメントが一番的を射ていると思ったのですが。
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-3321.html
>ただしアップルからすれば旧コネクタの端末が何時までも残るよりは、早くライトニングに
>切り替えてぼったくりたい所だろう。100均クラスのコネクタはさっさと撲滅したいはずだ。
>そういう意味でも廉価版端末を出す理由は有ると言えばある。
既にレガシーデバイスとなってしまったdockコネクタの製品を、appleがいつまでも売り続ける訳無いじゃないですかー。
それに、一旦dockコネクタの製品を販売終了してしまえば、いずれiOSのサポートも切れるってものです。

それと、現在の廉価版iPhoneについては、私と認識を異にしているのでコメント。
毎月の通信費用がべらぼうに高く、キャリアインセンティブをじゃぶじゃぶ出せる日本やアメリカならiPhone4やiPhone4Sを
廉価版と呼べますが、途上国ではiPhone4が3万円近くします。とても廉価版とはよべません。CNETの記事はその意味で片手落ち。
ローエンドでは、iPhone3GS(1万2千円くらい)と、Galaxy Yとか中華スマホとかの最新版(より安い)が競って…いません。
さすがにiPhone3GSでは勝負になりません。

なので、「Lightningコネクタ対応のiPhone3GS/iPhone4S、当然LTE非対応」みたいな感じの商品が世の中に出てくると思います。
値段も今の3GSや4Sと変わらないと思います。だから廉価版ではないし、appleも否定するでしょう。
ただ、このままではapple製品に不可欠の驚きがなにもないので、そこだけが悩みでしょうね。
  1. URL |
  2. 2013/01/31(木) 00:26:17 |
  3. みりん #r1kBbc/Q
  4. [ 編集]

>みりんさん
それを書いた事は忘れたわけではないのですが、あくまで「廉価」というラインに乗せると
ぼったくり仕様の為に入れたライトニングはAndroidと戦う為には不利な材料になるわけですよ。

>既にレガシーデバイスとなってしまったdockコネクタの製品を、appleがいつまでも売り続ける訳無いじゃないですかー。
>それに、一旦dockコネクタの製品を販売終了してしまえば、いずれiOSのサポートも切れるってものです。
いやそうは思うのですが、この二つの記事の差異は「理想と現実」を如実に表したものかなと自分で思っています。
自分でもつい最近書いた記事を覆すことを書きながらそれ思ってたんです。

頭の中で「どっちに来るかな?」と揺れて思いながらも、実はこっち側かなというのがこの記事というわけです。
先のLightningコネクタの方の記事はいい子ちゃんしている方の私です(笑)
  1. URL |
  2. 2013/01/31(木) 22:54:28 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

Androidに対するiPhoneの優位性として、周辺機器のエコシステムが統一化されているというのがあると思うのです。
その意味で、現状のdockコネクタとlightningコネクタが併存している現状は、むしろ不利な材料とみています。
いつか使えなくなるかもしれないdockコネクタの製品をびくびくしながら買うのっていやじゃないですか?

それと、これは繰り返しになりますが、appleは「廉価版」という言い方は絶対にしないと思います。iPad miniがいい例です。
ただ、廉価版と言わせないための「なにか」がどうなるか、です。それがあればappleの株価は持ち直すでしょうし、
なければじり貧、というだけです。
  1. URL |
  2. 2013/01/31(木) 23:20:50 |
  3. みりん #r1kBbc/Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/3334-e22063f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。