FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhoneの廉価版端末考

価格を意識したアイフォーンの買い手を取り込め。 ~ ウオールストリート・ジャーナル

iPadミニの生産は需要に追い付かなかった=米アップルCEO


これらの記事。
早い話、「廉価端末は売れる」という事を表している。

今、シェアの数字を出すと廉価端末もふんだんにあるAndroid勢に比べるとiOS端末はどうしても
不利な立場になる。勿論旧端末を安くは売ってはいるものの、キャリアの販売補助金が見込めない
売り方の国では旧端末でも最新端末の半額を割る事はまずない。

私はiPhoneの廉価版端末の存在を否定してきたが、iPadの売れ行きの差がここまで酷いと、
アップルも考え始めていてもおかしくないなという気もしてきた。実績が物語っているし。

ただしアップルも販売戦略が有る。既に部品確保が終わっている旧端末を売り切らなければならない。
廉価端末として旧端末を売っているのはこの確保した部品などの整理という側面もある。
どうせ売れるんだから部品の発注の読みがそこまでシビアに考えず、値段の安くなる発注の
仕方をしていればよかった。

そういう意味では葉中がシビアになるのと同時に、部品の発注が値段よりもロスを意識した
発注になるのでコスト的には不利になる可能性も有る。


ただしアップルからすれば旧コネクタの端末が何時までも残るよりは、早くライトニングに
切り替えてぼったくりたい所だろう。100均クラスのコネクタはさっさと撲滅したいはずだ。
そういう意味でも廉価版端末を出す理由は有ると言えばある。
関連記事
  1. 2013/01/26(土) 19:18:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マップの世界から見るAndroidとiOSの差 | ホーム | 世界のスマホ出荷、半分はサムスン電子とアップルが占める>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/3321-fad31893
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。