FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソニーがスマホで世界市場で3位、アップルはシェアを落とす

Sony、スマホのシェア世界第3位に。2012年Q3出荷台数で ~ リンゲルブルーメン

素晴らしい、ソニーが
やっと3位に浮上・・・あれ?

>1位:Samsung (32.0%)
>2位:Apple (26.9%)
>3位:Sony (5.1%)
>4位:HTC (4.8%)
>5位:RIM (4.2%)
>その他:38.5%

あれ?


出展:Canalys

1位:Samsung (32.0%)
2位:Apple (15.5%)
3位:Sony (5.1%)
4位:HTC (4.8%)
5位:RIM (4.2%)
その他:38.5%

アップルだけ希望的観測な台数が紛れ込んでいましたね。
というわけで、正しいパーセントの方に修正しておきました。

それにしてもサムスンは2位のアップルの倍以上の販売台数も
シェアも持っているという恐ろしい企業になってしまいました。

アップルが執拗に裁判を仕掛けたことで、逆にアップルが認めた
Androidメーカーという印象を与えた事もあり、どんどん加速
しているように思います。去年はここまで差がなかったのに
あっという間にここまで差がついてしまいました。


2011年 7- 9月 1,707万
2011年 10-12月 3,704万 iPhone4S発売 (販売期間77日間)
2012年 1- 3月 3,510万
2012年 4- 6月 2,603万
2012年 7- 9月 2,691万 iPhone5発売 (販売期間10日間)

ちなみにiPhone4Sの発売が有った2011年10-12月期はほぼ同数
ながらも僅かにアップルのほうが上回って一位を獲得していました。
しかし発売期をもってしても倍の差がついてしまっている始末。

去年のiPhone4Sの時はほぼ2ヵ月半の間に売られた数字を一期に
集められたのだけど、今回はわざわざ買い控えが有る期に発売直後の
ラッシュを吸収させてしまい、数字を作れなくなってしまっています。
まあそのおかげで落ち込みを隠せたというメリットも有るのですが。

何も考えずとも数字が出来てしまうサムスンと違って、売れている
印象操作をしなければならないアップルはここで発売日の仕方を
間違えたのではないかなと思います。

クリスマス商戦的にはなるべく早く発売してAndroidに削られる迄の期間を
できるだけ長くしたかったのでしょうが、売れてます感を出す為の数字
作りは出来るだけ一つの期に販売数を集める必要が有りました。
まあクリスマス商戦で数字が作られれば問題はないのですけどね。

もしアップルが2012年の10-12月期で3500~3700万台を下回ることが有れば
もはや勢いの低下は確実なものになったと言えます。未だに発売国やキャリアを
伸ばしているわけですから同数だったとすると既存国での販売数低下が
明らかという事だし、去年と同数だと去年より伸びているAndroid端末の
販売数を考えると、シェアが落ちている事になります。


まあアップルの話はこれまでにして、ソニーがようやく世界で存在感を
まして来ました。アップルはHTCから裁判の手を引きました。

まさか・・・ねえ。
出る杭はとことん打つアップルですから無いとは言えませんね。

ところで、NOKIAが5位以内から落ち、RIMが5位に。
もうAndroidとiPhone以外のoSから搾り取れる余力はほぼ有りません。
お互いが吸い取るか吸い取られるのかの戦いになっていくので更に熾烈に
なっていくと思います。
関連記事
  1. 2012/11/11(日) 23:18:28|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<「脱獄」せずに不要なiOSアプリを隠す方法 | ホーム | HTCとアップルが特許紛争で和解、アップルの思惑は?>>

コメント

気持ち悪いくらいiPhone叩きますねー。
両方持ちですが、安定性と安心感のiPhoneと自由度とカスタマイズ性のAndroid、どちらもいいところがありますよ。
私はAndroid⒋0の製品しか持っていませんが、ネクサス7触って感じた事は、AndroidもiOSも凄いレベルでしのぎを削っているなという事です。

それよりむしろ個々の製品、裁判でサムスンに突きつけられた社内メール「iPhoneのコピー?余裕ww」みたいな精神の下で作られた製品をお金払って持とうという気がおきません。
  1. URL |
  2. 2012/11/12(月) 08:22:15 |
  3. qwerty #-
  4. [ 編集]

サムスン、検索したら映画マトリックス(1999年)に既に劇中で主人公達が使う携帯電話として、アメリカ市場に食い込んでいるですから。

アップルが初代iPhoneを売ったのは2007年との事。アメリカではやはりそれぐらい時間を掛けてアメリカでは浸透してきたサムスン。

日本では一時期、ノートPCやらを売っていて一旦撤退しましたけれどスマートフォンやメモリーやらでは相当圧倒的な立場にいるみたいですね。

アメリカは今でも辛うじて、良いものは良いから買う。たとえ日本産でも韓国産でも自動車でもTVでもと言うノリがあるのが救いですね。それに比べて中国産と聞くと毒入りペットフード・危ないベビー用品子供玩具・そしてスマートフォン機器。それこそ、国防や国民の健康安全に関することには、過剰反応と言うぐらいイチャモンを付ける。

アップルの製品・商法は中国マーケットを向いているようですし、彼らに買ってもらわないと売り上げもまずい状況になるでしょうけれど、そんな中国とズブズブでやっている限りサムスンに勝てないばかりか、アップルのブランドイメージも落ちていく一方ではないかと思っています。
  1. URL |
  2. 2012/11/12(月) 17:17:24 |
  3. 古いスマートフォンユーザー #-
  4. [ 編集]

林檎嫌いなら仕方ない

iPhoneマンセー記事やdocomoからiPhone出る出る詐欺とか、必要以上にiPhone、Appleを持ち上げる風潮がある(あった?)のでバランスを取る意味ではこういうのも面白いかも。サムスンはシェアは凄いが利益率がどうなのか気になるところ。HTC、RIMが凋落しソニーは現状維持。まあ、XperiaGXは気に入ったのでソニーには頑張って欲しいですが…はたして。
  1. URL |
  2. 2012/11/13(火) 11:37:46 |
  3. 10月からのdocomoユーザー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/3068-a857dca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。