FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

離島を旅行して気がついたドコモ回線の安定感

離島を旅行して気がついたドコモ回線の安定感

昨日のテストでドコモのLTEをふんだんに叩いたわけですが、それでもドコモの回線に対する
信頼感は十分に持っています。それはやはり全国津々浦々を見てきたからという事が大きいです。

都市部だけや日帰りや一泊二泊でいける範囲で見ているならだいたい知れています。
私は日本の果てや誰も住んでいなさそうな突端等、車で行ける(本来いけないような
ところも含めてww)端っこまで行ってみて初めて「ドコモはすごい」と感じたのです。

二か月間、車中泊で日本を1.5周したのです。
沖縄や離島を除く日本周囲の全部の海岸線と、本州と北海道の内陸部も余分に小さく一周。
海岸線もぐにゃぐにゃで細い道で大変、内陸も山だらけで大変でした。
海岸線はTOKIOが出ている鉄腕ダッシュの車が行ってたみたいな雰囲気の事を、放送とは
逆回りで行っていたと思ってもらえればいいです。

日本の端っこばかりを回ってみて思った事は、これだけ全国中よくアンテナを巡らせたな
ということです。十キロ二十キロ走って家が一軒あるかないかのような場所でも電波が
来ている事も有りますし、内陸部の山間部なら勿論何時間も圏外という事も確かに有ります。

私が本気で携帯を命綱と思ったのは、北海道の雪かきされていない山中の道路に入り、
轍の深さが車高よりも高くなってしまった時です。進むも地獄、戻るも地獄。

ブルドーザーのように雪を集めてしまい、車の前部に雪が山となります。
視界も真っ白で走り続ける事も出来ず200~300m毎に車を止めて、念の為にホームセンターで
買った手スコップとマイナスドライバーで雪かきをしながら山越えを果たしました。
しかしマイナス10度以下の極寒の中、雪で車に空気が前から供給されない事でエンジンが
オーバーヒートギリギリまで水温が上がり、おかげでパワーが出ず、ガソリンだけを無駄食いし、
事前の燃費計算とは全く違うペースで燃料メーターが落ちて行きました。予備タンクの携行缶が
まだ有ったとはいえ、日が落ち始めた時はちょっと命の危機も感じ始めました。
(雪山でのオーバーヒートはラリー車でも有るようです)
恐らく寝て起きたら車が完全に埋まって動けなくなってもおかしくないような場所です。
北海道の内陸の山は容赦有りません。


無理して雪山に入るとこんなことになります。
普通の軽自動車で雪かきされていない北海道の山の中に入るなという突込みは大歓迎ですw
ちなみにこれはミラですが、180cm近い身長の私が完全にフラットな布団で横になって
寝られるベッドを作り込めた奇跡の車です。(ただし座席は運転席以外は外されている)


数百メートルごとにマイナスドライバーでグリルの穴を一つづつ雪を掘るのは気が
遠くなるような作業でした。


私の命を救った工具達。


そんな状況でも、私のドコモの携帯端末には電波が3本届いていた事。
人が居なさそうな岬の岬の更に先の岬まで電波が届き続けた事。
橋でいける限りはどんな辺鄙な島でも入っていきました。
そこもしつこくしつこく届いていました。

特にmova。
私が停波までデュアルネットワークを外さなかったのはこの時の信頼感が
絶大だったからです。


FOMAは余り余計な所まで飛ばさないエリア設計なので以前のmova程には入らなくなりました。
しかしそれでも予想を靴返すような場所で入る時が有り驚かされることが有ります。
最近は昔ほどは酷道・険道を攻めてはいませんが、それでも有り難いと感じる事は
今でも十分に有ります。

今年の8月に尖閣諸島行った時も石垣島での電波の良さや、出港してからなかなか
切れなかったFOMAの電波。(尖閣アタック本編は1日目2日目3日目[アタック当日]4日目

ドコモはメジャーな漁場はほぼ網羅しているという猟師さんの言葉を聞き、納得するやら
驚くやら。でも過去の経験から深く納得できたものです。


南北アルプスやその間の群馬~長野~岐阜の山越えルートや、九州・四国・東北の山岳地帯も
本当にどのキャリアも電波の無い場所が続く場所です。先出の北海道も通信断=身の危険に
直結するぐらい過酷な場所が沢山有ります。そこを私は自身の身を以て経験してきました。


ちなみに私が去年の4月に東北に向かえたのはこの全国一周半を2ヶ月かけて車中泊で
行った事がベースに有るからだったりします。車もタウンエースと大きくなっているので
かなり余裕を持った生きる為の部材を積んでいける事も後押ししました。
ベッドも大きくて余裕が有るしね。(6日目7日目8日目10日目


これらの事を冒頭にリンクしたこの記事は思い起こさせてくれました。
命を懸けた現場に身を置き、初めてドコモの電波の有難味を思い知ります。
私がドコモをどれだけ叩こうが裏切らない大きな理由がここに有ります。
関連記事
  1. 2012/10/21(日) 19:38:21|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<日本でまた新しい超電導物質を発見 | ホーム | レノボのWindows8のPC>>

コメント

ドコモが日本中で安定してもらわなければいけないのは当然と言えば当然と言いますか、警察や官庁・お役所の人も繋がってもらわないと困ります。
山岳救助に警察やらのレスキュー要請や通報も登山口やベースに使う山小屋に携帯電話網が来ていないと困りますし。

2Gの頃は北海道山岳や湿原やらではauしか入らないと言っていた知人も居たのですが、3GからLTE、そしてスマートフォンとなった今、都会部だけ繋がればと言う流れがどうにも気に入りません。

だから、新幹線ホームだけの計測を自慢したり、LTEなのにYoutubeなどの動画サイトの視聴に詰まる不思議な通信業者まで出てくるのはいかがなものか?と思っています。

ドコモとauにはやはり元電々公社から独立したのですから責任を持って欲しいものです。あとののこりは国内よりもアメリカとか言ってる様ですので期待なんか出来ないでしょう。
  1. URL |
  2. 2012/10/21(日) 20:05:06 |
  3. 古いスマートフォンユーザー #-
  4. [ 編集]

ド田舎はドコモに限るのは事実だね

アドバンテージが離島半島のみとは。


まあ、僕の故郷たる紀伊半島南部では確かに一人勝ち状態。田舎の集落はauですら128kの3G未満エリアよりも一回り広い7.2Mエリアが構築されてたりするし(於那智勝浦町等)。だからドコモに腹立ててもドコモを捨てられないのも事実。田舎者の悲しい性だね。

余談ついでに実家のW県S市某所は、海山谷でイーモバが不安定てか普段圏外でたまにしか電波入らない場所です。尚更キャリア替えしにくい(悲)。
  1. URL |
  2. 2012/10/21(日) 22:20:51 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

>古いスマートフォンユーザーさん
日本のインフラ整備に興味のない金満成金は無視するとして、日本の二大キャリアである
ドコモとKDDIが北海道にかけてきた熱意は大きなものですよね。
まあ二大キャリアじゃない所はベンチマークされて弱かったところだけを直して
してやったり顔ですかし、強烈な動画規制でドコモやKDDIの3Gにも劣る4Gを
自慢しているのですから笑うしかないですね。

>どこも族さん
紀伊半島は国内有数の電波に厳しい場所ですよね。
行く度に災害で道の様子が変わっていて、どちらかというと補修が間に合わずに
道が減っていっている印象が有ります。
そんな中でもドコモはこの不毛の山岳地帯を徐々にエリア化しているから凄いなと思います。
特にここ数年でかなり強烈にドコモのエリア化が進んだと思いますが、それでもまだという事で
したらついてないですね・・・。
  1. URL |
  2. 2012/10/21(日) 23:15:20 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

携帯3社が補助金を過大に受理
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121025/k10015996801000.html

キャリアが山間部や離島の携帯不通地域を整備する際に国から補助してもらった分のうち
消費税分を過大に申請して不正にもらっていたとのことです。
不正利益は許すべきでないのはもちろんとして、

KDDI 不備額2億3700万円
ドコモ 不備額7900万円
ソフトバンク 不備額330万円

これって補助金をもらって基地局整備をした箇所数に比例して発生した金額ですから、
額が少ないほど整備をした箇所が少ないってことですよね…
「つながらない→ソフトバンク」である理由がこんなひょんなところからも明らかになってしまうなんて
まさに予想GUY!!(笑
  1. URL |
  2. 2012/10/25(木) 18:30:56 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2991-8db714bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。