FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Xperia arcのICS、やっぱりゴローさんROMにしました

なんだかんだで気に入って使っているXperia arcですが、なかなか変えたい端末が見つからない
のでこれをずっと使っています。Galaxy Nexusを見送ったのが敗因?なんだかんだででかいしねぇ。

で、デザインがやっぱり気に入っているのでXperia GXを見送って結局Xperia arcから
離れられない状態が続いています。Xperiaでまたこのデザインそろそろ来てほしい。

というわけで5月だか6月にXperia arcの海外グローバル版のROM、LT15iのICSに入れ替えて
いたのですが、ちょっと思う所が有りましてXperiaのカスタムと言えばこの人、ゴローさんが
出しているKTGシリーズに入れ替えることにしました。

ソニー純正ロムだけど、グローバル版だと先日のようにエリアメールが受信できないんですよね。
というわけでゴローさんによりカスタムされたロムは受信できるってことと、あまりいじって
ないとはいえメモリ的にも動作速度的にも有利という事で入れ替えることに決定。

手順的には

1.手元の端末は既にBootloader Unlockedな端末が既に有りますのでその辺は問題無し。
2.fastboot modeでカスタム済みのカーネルを焼く。
   →カーネルはroot済みなのでsuperuser.apkとか環境を構築してroot化環境を揃える。
3.カーネルにCWMが導入済みなのでCWMを立ち上げてカスタムROMのlzhを焼く。

環境を揃えて有ったので特に時間や煩雑な手間のかかるところは有りませんでした。
BootloaderはUnklockdだったのですが、非ルートで使っていたので動作は遅かったのですが、
rootを取ったら変にセキュリティーのトラップが働かないので動作が高速化します。
おかげでICSがさっくさくになりました。

カスタムROMを入れるとソニー純正版ロムで苦しかったメモリもRAM 512MB端末なのに
容量的に間に合うようになりました。普段使いでスワップに苦しめられることも無くなり、
アプリの立ち上がりがサクサクになりました。メモリ的に安泰とまでは言いませんが、
とりあえず512MBのメモリで十分と思えるようになりました。
要らないものを捨てればとりあえず512MBでもICSは快適ですね。

重いアプリを動かすと物足りないかも知れませんが、普段は全く問題なし。
操作感が下手なデュアルコアの端末よりも快適になりました。


Snapdragon S2はシングルコアで古いCPUとは言え、2GHzまでクロックアップできます。
怖いので多くの人が動かして実績のある1.5GHz辺りで押さえておきます。



私はsetcpuではなく、CPU Master使いです。
とりあえずクロックごとの電圧はこの辺まで落として既に一週間弱は安定して使えています。
クロックも電圧も問題なさそうです。



使える周波数はカーネルが握っています。
このカーネルでは2GHzまで対応しています。
勿論焼けるのが怖くて適用ボタンは押せません。
冷却仕様に改造して冷やせるようになれば2GHzをポチってもいいかも知れませんが。
でもバッテリーの事を考えてもこのぐらいでバランスがいいようです。



最初の方は馬鹿ほど使ってバッテリーを減らしてしまいましたが、
最終的には一日使って50~60%程度残るって感じで落ち着きました。
バッテリーは一日半は持つ感じですね。

今でOSをソニー純正ICSよりはちょっと悪くなった感じです。
CPUクロックを1GHzに落とせばもっとバッテリーにやさしいと思われます。


結果から言ってサクサクになってバッテリーも以前より持つようになりました。
クロックを上げているので持ちは多少悪くはなっていますが、050plusを
常駐して、一日中使い倒してもバッテリーが持つので特に問題は無しです。

やっぱりroot化はリスクを取るのとAndroid OSの同時に動作速度が速くなるのと
要らないものを消せるので古い端末ではメリットが大きいですね。

OSを入れ替えた特典で中華フォントではなくなりました。
どうせついでだったので電波ゲージもちゃんと動くようにしました。

恐らく冬機種のXperia Vに心が動けばそれまでの寿命になりますが、
心が動かなければ来年夏までこれを使うことになりそうです。
何の文句もないのですが、唯一あるとすれば軽くでいいから防水だと
嬉しいかなとは思います。やっぱ雨の中ではちょっと怖いんですよね。
本格防水でなくともちょっと水滴を避けられたら安心なんですよね。


久しぶりに中をいじってみるとやっぱりソニー端末は国産系としては
良く出来ていて、いじり甲斐が有るなと思います。今更シングルコア端末が
デュアルコア端末よりも快適になってしまうのですから。

CPUはそのままでもメモリだけ増やしてくれればもうこの端末でいいよって
思ってしまうような動きです。まあそれだけ非root端末はウエイトが
乗っかっているって事なんでしょうけど。

旧端末はroot化に躊躇しなくてもいいという事もまたいい事かも知れませんね。
最新端末だと絶対迷うと思うので。


S2のCPUで2GHzまでいけますが、今のCPUってどの辺までクロックアップ耐性が
有るんでしょうかね。2012年端末辺りでは2GHz位で常用可能レベルなんでしょうか。
今の端末は既にクロックアップが必要じゃないのかほぼその辺の報告って聞かれませんね。

安定して速いのは有り難いですが、だんだんいじるべき場所がなくなっていくのは
寂しいと言えば寂しいですね。



とりあえずこの仕様で半年ぐらいは使うと思いますが。
また新しい何かが起これば記事にします。
関連記事
  1. 2012/09/22(土) 19:15:07|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<auとソフトバンクのiPhoneのどっちが勝つ? | ホーム | 超レアなケースを当たり前にあることのように宣伝に使う孫正義氏>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2880-704d6545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。