FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Android端末の販売数はどこまで追える?

BCNITメディア等のGfkの集計データ、他にはこういった統計データが有るが、
これらのデータはどこまで現実を映していると考えていいのだろうか。
私は常々可能性を模索して考えている。


基本的には国内の大手の二つの集計はPOSデータを元にしている。
BCNとGfkはPOS集計に参加している販売店の違いは有れど、ランキング上
そう大きな違いは出ていないのが現実だ。
しかしキャリアショップは含まれない。

発売時にドカンと数字が飛び出るのは基本的に年一回しか発売がないiPhoneが大きい
だろうと考えられます。もしソフトバンクのキャリアショップが含まれていたらそのインパクトは大きい。


一方ドコモの場合はどうかというと、やはり新機種の初期の予約が淀橋のような大型店舗だと
一店舗で1000台を優に超える。例えばXperiaのGXの時は某店舗で各色400台
づつ入荷していたという情報も有る。

勿論こちらもボリュームは大きいのですが・・・ユーザーは他機種に分かれる上に、
主な機種は半年に一回出るのでiPhoneよりも集中度ははずです。
しかし「実ユーザー数」に圧倒的な差が有るのでこれだけユーザーが分散する
環境が有るにも拘らず、ドコモも集中が意外にも目立ちます。

auでスマートホンでは目立った集中はIS03の時ぐらいという印象です。
iPhoneの時もそれほど集中したという印象は感じませんでしたし、
それぞれ時期が重なるドコモとソフトバンクに吸い込まれている印象です。
しかしながら純増ベースではauは悪くない結果を叩きだしています。

販売ランキングを見ているとこのキャリアショップの数字も欲しいなと思うことがかなり
有るんですよね。勿論一部の家電量販店の数字だけで大まかな傾向は掴めるのですが、
最近もっと数字の制度が欲しいなと思う時が有るんですよね。


もう一つ気になっているのがこういった怪しい中華PAD等
勿論まっとうな大手メーカーの端末を個人輸入したり、ショップなどで売っている場合も有ります。
秋葉原や大須・日本橋などで購入できることも多く、POSの数字に表れない数字は多いと思います。
片やiPhoneやiPadは個人輸入分は有ると思いますが、基本的には追従できる数字の割合はAndroidの
タブレットやスマホよりも多いのではないかと思います。


最近それが気になりだしたのはこのブログのアクセスランキングをじっくりと眺めていたからです。
通常こういった蓄積していく形のデータは販売ランキングよりもかなりゆっくる動いていくもの
なんですが、どうも動きが思っているのとちょっと違うんですよね。
なので販売ランキングと精度やPOSで追い切れていないデータが気になりだしたというのが真相です。
このブログのアクセスランキングはそういった拾えていない数字まで影響していますから。

特に怪しいPAD系の端末の数字が一番気になるんですよね。
売れている数字がスマートホンよりも少ないだけに影響する度合いが大きくなると思うのです。
関連記事
  1. 2012/08/27(月) 20:40:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Xperia NXが何故か今頃AOSPに選定 | ホーム | iwataniスペシャル鳥人間コンテスト2012>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2795-808a4028
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。