FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

尖閣諸島3日目(追記有り)

二日目から続いて船中泊で向かえた三日目。
到着予定は日の出前。

船長が魚釣島が見えてきたと言う。
よく見ると暗闇にうっすら影が見える。

しかしその横に3つ4つ・・・5つほど光の塊が見える。
空まで届いて真っ白だ。
恐らくイカ釣り漁船だと思われる。
船長に「中国船?」と確認すると「その可能性もある」と言う。
普段から来ているのは実際間違いないとの事。
海人は普段から実際に遭遇しているだけにその言葉は重い。

尖閣諸島近辺でその時日本の漁船が操業していた事実は有るのだろうか?
私は船長の言葉が忘れられない。

船長に魚釣島が見えると言われてからもなかなか近づいてこない。
聞くと今からでも1時間は余裕でかかると言う。
あんなに大きく見えているのにまだそんなにかかるのかと驚く。


左:近づいてきた、空が明るくなり始める。
魚釣島を背景に夜明けが始まる。
右:回り込むんで北側に出ると既に僚船が何隻も辿り着いていた。



左:夜明け前直前の様子。
右:夜明けを徐々に向かえる様子を見る私の船に乗り合わせた人々。




夜明けの瞬間と、日本の領土を支配誇示の様子。



日本漁船による魚釣島海域、完全なる日本の領土の支配を明確に示す様子。



左:引き続き日本の領土を提示中。
右:真ん中に海上保安庁が見守っている様子。基本的にはこれ以上は近寄ってこない。
われわれを遠1~2Kmぐらい向こうから守ってくれている。



日本の領土、超誇示中。



左:我々は慰霊祭の合間等にガンガン釣り始める。
右:慰霊祭等取材を続けるクルー。

我々は3島合わせて20隻、取材船も合わせると23隻だったとの事。
もう船が多すぎて数字なんて実際にはどうでもいい状態。
超支配の誇示を大いに感じました。
この映像が世界に届けば間違いのない日本の領土で有り、完全な支配を感じてもらえると思います。




この大きさの魚の半身を下ろしてしょうゆだけをぶっ掛けてまな板ごと食べる漁師飯(?)
マジで美味しいです。
活きのいい魚は身の弾力と味の乗りが違う。


魚釣島の周りをガンガンと実効支配を示すように回っていきます。
海上慰霊祭の様子は後ろからだったので余り見れませんでした。

実はこの頃です。
私達は刺身食べながら船長が出してくれた弁当も頂いていました。
ちょっと魚釣島の周りを回っていた頃、慰霊祭を行っていた面々に何やら動きが有ったのです。

でもその時我々は何が起こっているのかは全く知りませんでした。
「あの」タイミング前後で南小島の方へ移動を始めたのです。
実際に現場でどう動くのかは船長達に任されていたのです。

船長達はタイムスケジュールをもらっていなかったというか自由行動ということになって
いたので、慰霊祭のちょうど終わりぐらいのタイミングで移動を始めたのです。

前々日の説明では慰霊祭を行い、その後船列を組んで魚釣島を周回して南小島まで行って
また魚釣島まで戻ってくるという予定を聞かされていました。それが現場で全てキャンセル。
急遽自由行動に。

そしてその後の顛末は既にTVで報道されている通り。
突然水島幹事長が海へ飛び込んだのです。
それが「あの」瞬間です。

「これから上陸します。魚釣島の船着き場付近に突っ込みます」

同じ漁船に乗り合わせた地方議員3名と他の頑張れ日本やチャンネル桜の面々も
水島幹事長のその言葉で全てを悟り次々と後に続きます。
飛び込んだ人数は水島幹事長を合わせて合計9人。

そうして上陸して灯台や岩場に日の丸を掲げ、慰霊碑に手を合わせて目的だった
本当の慰霊祭を少人数ながら行いました。当初の目的は国会議員や地方議員も
含めたこの慰霊祭だったのです。

15日の中国人の上陸と、出航直前に「10月にも再度上陸する」という中国側の
挑発の言葉で水島幹事長は腹を決めたのかも知れません。
(あれは香港の活動家ではなく、中身は中国の軍服を脱いだ軍人です)


上陸した9人の中に実は女性が一人混じっています。
海上保安庁曰く「貴方は魚釣島に上陸した初めての日本人の女性」と言われた(称えられた?)そうです。


報道は上空の空撮は数社あったそうですが、実際の空撮は恐らく何処か一社だけかなと思います。
恐らく民間のビジネスジェットらしきものが1~2機程飛んでいました。
それ以外は自衛隊のP3Cやヘリ、偵察機などのように思います。

ではAFPという聞き慣れないメディアが何故船上から撮影できたのでしょう?
実はAFPの記者は私と同じ思いっきり漁をしようぜの船に乗り込む予定でした。
あと、上陸した青の戦闘服(?)風の小阪議員も私と同じ船に乗船予定として
名簿になっていました。

しかし海保の臨検で5名までしか乗れないところに7名乗船が発覚・・・。
小坂議員とAFPの記者が押し出されることになりました。
で、この二人は桜丸に乗ることに。

なのでAFPの接近して撮れた映像の大スクープは実は臨検でこの二人が
やってきて「今更乗れないよ」状態で押し出されて起こった偶然です。
私が遅れてきていたらどうなったのでしょう?
もしかして私が飛び込んで上陸していた??
議員さん達のように海パン持って行ってなかったけど・・・。



で、メディアが報道している上陸人数は9人。
でも私が書いた上陸人数は10人です。

9人が掲げた日の丸は地上の低い場所です。
灯台や5メートル程度の岩場等。


しかしこういう写真を我々のメンバーが撮影しています。

特殊部隊出身の方がいらっしゃいまして、既に夜明け前に9人より先に上陸を果たし、
暗闇の中で既にこんな高い位置まで素手で上ってあんな高所に掲げていたのです。
なので9人が上陸した時には既にこの日の丸が掲げられていたのです。

彼曰く、「魚釣島はヤギの糞だらけでとても臭かった。
日本の領土としてメンテナンスを行いたい気持ちだった」ということでした。
あと3mぐらいのきつい匂いを放つ蛇にも遭遇したそうです。

険しい岩場を命綱無で素手で頂上まで登り一時間程かかったそうです。
旗の設置を終え降りてきたら何故か日本国旗が飾られ他に人が居る。
他の9人と出会って驚いたそうです。
勿論9人も先客がいたことに驚き。
合流して10人となった時は、それぞれの心を知り合った瞬間でした。

他にも後に語られた裏話は沢山有りますが割愛。
上記の内容も余り詳細には敢えて表記していない部分もあります。



日本人の尖閣・魚釣島上陸、石垣島出発時の映像



尖閣・魚釣島に日本人約10人、日本国旗を掲揚



尖閣の魚釣島に日本人10人上陸 慰霊祭参加の都議ら



チャンネル桜が既にこんなのを上げています。
これ日程から考えてどう見ても石垣島から上げているんだよね・・・。
【守るぞ尖閣】8.19洋上慰霊祭と尖閣上陸、強制送還の問題点[桜H24/8/20]

その他参考ページ:東アジア黙示録:尖閣訪問“十烈士”の決意…同行拒んだ反日メディア



私の行動とは関係のない上陸組みのカットインはこの辺で。。。




魚釣島から南小島に向かう私に見えたモノ。
魚釣島の中央部の窪みになんだかアザラシみたいな岩が見えます。
これを私は勝手にアザラシ岩と名づけることにします。
以後魚釣島を南側から写した映像が有ればアザラシ岩に注目してください。



この画像、電波が入るようになった時にツイッターに投稿したら思いの外好評だった画像です。
なので他のより少し大きい目にしておきます。
魚釣島から南小島に向かう船尾からのショットです。
微妙にアザラシ岩が見えますね。




北小島、南小島近辺での快適な釣風景。
あの方々はまだ上陸中です。



快適な釣風景です。



船員の方曰くこの日の潮の流れは余り良くなくて漁には向かないとの事。
それでも南小島横の水深100m辺りの場所で大物がよく上がりました。
面白い程上がります。



左:カツオがきました。
右:その頃私の竿には鮫が来ました(´・ω・`)
   1m程でしたが引きが強く100mの底から引き上げるのに体力を削られました。



左:私が釣った鮫(´・ω・`)
右:何か分からないけど大きい割には大して価値が無いという魚。
   私が釣った小さな高級魚よりも価値が低いらしい。


帰る間際までばんばん釣果を上げていきました。
魚釣島や北小島・南小島横で散々釣り上げて楽しかったでしたよ。
こうして尖閣諸島の領土主張とこの海域の正当な主権国民としての主張をしてきました。



帰り、エンジンが壊れた僚船から無線連絡。
助けに行くことに。
20分ぐらい漂流していたらしい。
この船は海保に曳航されて夜の10時に到着。
我々は5時半には港に帰り着いていました。



南国を満喫しています。



海上保安庁の船。
3隻配備のはずが、何故か5隻も居ました。
日本海側からも二隻程応援に来ているようです。
竹島近海の警備や北朝鮮に対しての対抗策が無くなってしまいそうな・・・。



やっと港に帰ってきました。
先頭から二番目に到着。
港ががらがらです。
相変わらずメディアが居ます。
三脚で場所取り合戦。

で、港に帰ると「上陸した人居ませんか~?」と毎回声を掛けてる。
それは最後の船が着くまでずっと繰り返されたとの事。
私は先に帰ってしまったのでそれ以上聞かれても何も出てきません。



水島幹事長による上陸に関しての記者会見直後風景。




こぼれ話ですが、水島幹事長達が上陸した事を知った○○○○庁の船上で
万歳三唱が起こったということのようです。

帰ってからホテル前の飲み屋で飲んでいたら事情聴取を終えた水島幹事長が
人を引き連れて入ってきました。
握手を求めて「上陸おめでとうございます」と伝えたら「上陸の時手を岩で切ったんだよ」と
怪我している手を見せられました。
まだ手には生生しい上陸の勲章が残されておりました。
関連記事
  1. 2012/08/22(水) 02:02:44|
  2. 時事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Xi契約500万回線(≠人) | ホーム | 尖閣諸島2日目>>

コメント

「慰霊祭利用された」 遺族会、署名を拒否 尖閣上陸

こういうことも起こってる

「慰霊祭利用された」 遺族会、署名を拒否 尖閣上陸
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-195921-storytopic-1.html
  1. URL |
  2. 2012/08/22(水) 07:31:52 |
  3. 通りすがりさん #kmb98D8k
  4. [ 編集]

>通りすがりさんさん
そうなんですよ。
沖縄問題の複雑さを顕著に描く報道です。
我々の周りの島民の間ではこういった声は一切聞かれませんでした。
しかし沖縄本島の新聞にかかれば必ずこういった反対勢力が存在することになります。
地元の声と報道がどうも毛色が違うという基地問題と全く同じですね。
これが事実ではないとは言いませんが、我々がいた石垣島で発行されている
八重山日報では絶賛とも思える記事内容であるのに対し、左派勢力が異常に強い
沖縄本島では間違いなくこういった動きを叩く内容が報道されます。
詳しくは4日目の記事として書く予定です。

この辺りが沖縄基地問題が複雑化する理由であると私は認識しています。
  1. URL |
  2. 2012/08/22(水) 09:09:27 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

感動しました。

叩かれている、フジの放送で泣きました。
フジテレビ系(FNN) 8月20日(月)19時27分配信

19日に尖閣諸島魚釣島に上陸した地方議員ら10人が、20日、沖縄・石垣島の警察で事情聴取を受けた。

事情聴取を受けた田中杉並区議は
「私は昨日、思いがけず魚釣島に上陸いたしました。
その際に、一首、和歌を詠ませていただきました。

『しきしまの 大和の国に 生まれ来て 母なる土を 踏むぞ うれしき』」
と語った。
http://www.youtube.com/watch?v=xOei-WxH3Xg&fmt=22


コレはフジとは、別ですが、
社長お迎えシーン
http://www.youtube.com/watch?v=sOfzZ9PzmAI&fmt=37
  1. URL |
  2. 2012/08/22(水) 11:06:59 |
  3. jpm #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2779-47ccb6c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。