FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソフトバンク、衛星携帯参入

ソフトバンク、低料金で衛星携帯参入 災害時に緊急連絡

ソフトバンクがアラブ首長国連邦(UAE)のスラーヤの回線を借りて衛星携帯サービスを提供する。
小型で廉価な端末を揃えるのはソフトバンク系列という事からも多くの方が予測できるとおり
なんですが、これがGSMとのデュアル端末となっている。

更にiPhone用に装着し、iPhoneを衛星携帯として使えるキットも出るという所が
面白いなと思いました。自分の端末を衛星携帯として使えるのはメリットも大きいですが、
iPhoneの新機種発売や世代交代とともにキットの世代交代も余儀なくされるわけですが、
その当たりのコストをどう償却していくのかに興味が有ります。

またキット単体での給電なのか、iPhoneからのUSB端子給電(可能か不明ですが)だけで
動作可能なのか。形状が使いにくても意味が有りませんし「結局専用機の方が使いやすい」と
いうことにならないかという問題も有ります。

ソフトバンクの事ですから孫正義氏の直接チェックも有りますのでそれなりに纏めてくるとは
思いますが、この手のアダプタが軒並み使いにくいものしかないというのが私の印象なので
どういうものが出てくるのか気になりますね。

案外BTやWiFiのワイヤレスでiPhoneを単なる受話器&電話帳としてだけ利用する
という方法も有りますけど。この方法だとKDDIのiPhoneでもドコモやKDDIの
Android端末でも同じものが使えることになるので面白い展開が考えられます。


勝手な想像を書いてみましたが、このアダプタがどんな形で出てくるのか割と興味を示しています。
衛星携帯自身よりもそっちに興味が向いているといった方が正確かも。
期待して待ちたいなと思います。
関連記事
  1. 2012/08/12(日) 19:13:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「サカナクション流して」とSiriに言ってみる → 流れない | ホーム | アップルはそれでも裁判を続ける>>

コメント

http://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1212/14/news087.html

サービス開始予定が来年2月以降と発表されたわけですが、気になる一文が。

>電波天文台が使用する電波と干渉するため、利用を制限するエリアが国内でもあるという。

日本で電波望遠鏡がある場所というとやはり代表的なのは長野県野辺山ですが、
八ヶ岳や甲武信ヶ岳などの人気登山スポットがあるエリアでもあります。
その付近で使えないなどということになると、ソフトバンクの狭いエリアを補完する衛星携帯としての利用価値が多少なりとも下がってしまいますね。
ていうか利用制限ってどうやるんでしょう?
GPSで制限エリアに入ったのを把握次第電波を止めるとか?
ちゃんとやってくれないと、以前光の道CMで画像を無断転用した前科があるソフトバンクが
またまたJAXAに迷惑をかけるようなことになりそうで怖いですね。
  1. URL |
  2. 2012/12/17(月) 22:15:15 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

ちょっと調べたところ、ドコモがすでにサービス提供しているIsatPhoneだと、このような利用制限エリアを指定していますので
ソフトバンクが提供するものもこれに準じた利用制限エリアになると思われます。
長野・群馬・山梨の大半が該当するというかなり広い範囲ですね。
http://www.docomo.biz/html/service/isatphonepro/area.html

なおIsatPhoneの利用制限はあくまで「この場所では発着信を行わないようお願いします」という利用者の良識に任せられているものなので
ソフトバンク版も同様の運用になると思われます。
ちなみに万が一使ってしまった場合の罰則規定は無いそうです。
まぁ山岳警備隊とかのどうしても必要な人や団体が使う分にはちゃんと守って運用されるでしょうからまず問題ないでしょうが、
ソフトバンクの純増水増しスキームに組み込まれて、抱き合わせで維持費0円(その代わりに発着信が高額とか)でばらまかれるようなことがあると
利用制限エリアの存在を忘れて使ってしまう人が頻繁に出てきそうで怖いですね。
iPhone用のアダプターとして売られるとなるとなおさらその危険性が高まりそうな予感。

電波望遠鏡ははるか宇宙の彼方からやってくる非常に微弱な電波を巨大なパラボラアンテナでかき集めて画像を生成するものですので、
ちょっとしたノイズでも観測に影響が出てしまい研究に遅れをきたすことになります。
(たとえば電波望遠鏡の受信機は絶対零度に近い温度まで冷やすことでノイズを極力出さないように出来ているそうです)
政商が真に国を愛する者であるなら、はやぶさを作ったJAXAのような日本を代表する研究組織の邪魔をするようなことはさせないようにきちんと配慮して運用するようにするはずですが、
もしそれをせず自らのビジネスを優先するようなことがあるなら…
彼が本物かどうかの踏み石になるかもしれませんね、この衛星携帯事業は。
  1. URL |
  2. 2012/12/18(火) 23:44:42 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2762-cf7fbd78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。