FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

非高速化エリアの実力

各キャリアHSDPA/Rev.A等の高速化が進んでいます。
しかし確実に非高速化エリアは残っています。
非高速化エリアがほぼ解消される頃には次世代規格がやってきて結局同じ事の
繰り返しとなります。特にLTE等はほぼ都市部のみのサービスの期間が長いと思います。
結局一世代遅れた規格が想像より長く使われることになりますのでその実力を
適宜見直すことは有意義な事だと思います。

私はmpwさんところ(http://mpw.jp/)の計測結果を一番参考にしています。
どう参考にするかというと、各機種の分布図がとても参考になります。

例えばドコモで無線LAN機を除くと実質一位のP905iの分布図は以下のとおりになります。
↓速度(kbps)/→度数
0000~*>289
0100~***>850
0200~*****************>4404
0300~*****>1352
0400~*******>2000
0500~**********>2753
0600~***************>4004
0700~************************>6187
0800~*********************************>8594
0900~****************************************>10236
1000~******************************************>10938
1100~*********************************************>11718
1200~**************************************************>12754
1300~**********************************************>11948
1400~********************************************>11472
1500~****************************************>10228
1600~****************************************>10311
1700~************************************>9213
1800~***************>3994
1900~>52

するとピークが1200~でその前後が膨れているので通常使用でだいたい1000~1700bps
程度の速度で利用されている事がわかります。

が、もう一つの山に注目です。
200~に注目です。
ここに非HSDPA機のピークが出ています。

実質5位までの2~6位までの結果を抜き出します。

ドコモ上位5機種(無線LAN接続を除く)
P905i
0000~*>289
0100~***>850
0200~*****************>4404
0300~*****>1352

N905i
0000~>200
0100~**>614
0200~************>3185
0300~****>1193

N905iμ
0000~>31
0100~*>155
0200~*********>1196
0300~**>283

P705iμ
0000~>1
0100~**>12
0200~****************>73
0300~**>12

N902iX
0000~>157
0100~**>676
0200~************>3387
0300~***>948


ソフトバンク(異常計測機種を除く)
912SH
0000~***********>1288
0100~*******************************>3434
0200~******************************>3321
0300~*******>828

913SH
0000~******>380
0100~*********************>1226
0200~***************>874
0300~****>268

923SH
0000~*****>172
0100~****************************>944
0200~***********************************>1187
0300~*******>266

821SH
0000~**********>144
0100~****************>232
0200~******************>255
0300~**>37

816SH
0000~******>30
0100~***************************>120
0200~******************>78
0300~*****>22

ドコモは無線LANの機種、ソフトバンクは異常な計測によりデータが使い物に
ならなくなった機種を除いています。auは旧通信技術のスピードでのピークが
見られなかったので割愛です。

ドコモはピークが200台に来ています。ソフトバンクは100台と200台にピークが来ており、
100台が3機種、200台が2機種となっています。

ドコモは300台と100台では300台のほうが多く、200台も恐らく後半のほうが多いでしょう。
ソフトバンクは200台と比べると、100台のほうが間違いなく多いので200台な中でも
前半が多いのではないかと推測されます。

ここで注意点ですが、私の抜き出し方では遅いキャリアの方が有利になります。
理由は遅いキャリアの方がHSDPA機の遅い目の計測結果が混じる可能性が高く
なるからです。必ず遅いキャリアの方が有利な結果が混じるというわけでは有りま
せんが、総合するとHSDPAの計測結果は有利な方向で混じる可能性は高いです。
400~700台の数字から混じっている結果を推測して有る程度除去は出来ますが、
計算の簡略化の為除去はしていません。

ここで各計測回数ごとに重み付けをして平均を割り出してみます。


非ハイスピード地域の平均は、
・ドコモ     210.82Kbps
・ソフトバンク 174.50Kbps
という結果がでました。

適当な予測値からの計算からですが実測の生きたデータからの試算なので実態も
まずこんなところでしょう。

今後、LTEやHSPA+の時代になった時に非次世代通信技術地域が間違いなく長期間
残り、その整備をどのぐらいしてくれるキャリアであるのか、現状の整備状況から有る
程度の予測はつくと思います。旧技術上でそれなりのスピードが確保されるていれば
今後もそれなりに期待はできるでしょう。

次世代の技術では整備される地域が限られると思うので、旧技術がより大きなウェイトを
占めることとなるでしょう。
関連記事
  1. 2008/10/09(木) 20:33:15|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本当にiPhone 3Gは“失敗した”のか | ホーム | ソフトバンクのブラウザが吐くエラー>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/264-96982ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。