FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

AKB総選挙に見る色んな栄枯盛衰

昨日なんとなく録画しておいたAKBの総選挙というやつを見てみた。

そのAKBのシステムもあまり分かっていないのですが、仲のいい10~20代の連中から得た
知識によると個人で売り出しているアイドルの卵をオーディションをしてAKBという
ブランドにして売っているグループらしい。

なので事務所は元から所属している所と契約したままで、基本的にはお金の流れには
秋元氏サイドはノータッチというアイドル界のアウトソーシングシステムと考えるべきか?
いや、AKBに所属するには事務所側から秋元氏にお布施が必要?
さすがにそこまで悪質ではないか。

私が勝手に想像するに、事務所サイドから見てAKBに所属するのは無償だが、CDや
あらゆるグッズ等の売り上げは秋元氏が持っていき、TVなどの出演料は事務所が取る、
そういうシステムなのかなとも思ってみた。もしそうならお金の流れが役割分担されて
いるので事務の手間が省かれてコストダウンにもなる。複雑化が必死のエコシステムの
中で単純化に向かった優秀なシステムとも言える。(私の想像通りだったらですが)

携帯でもiPhoneをキッカケに複雑化した携帯プラットフォームをスマートホンという
単純化したものがものすごい勢いではやってしまった。センスの有る単純化は新しい
世界を切り開く起爆剤になると私は考えています。そういう意味ではジョブズの
センスは恐ろしく高いものが有り、明らかに世界を変えた人だと思っています。
(日本でコバンザメしたり起源を主張している某一部上場の社長は除くw)



それはそうと番組を見てみると、個々の順位が発表されて決まった女の子が順に
挨拶をするのを放送するというのが主な内容。30分過ぎたぐらいからどこかでプチっと
音を鳴らし始めた。

栄えだか難波だか博多だか知りませんが、こんな下位から放送する意味って有るんですかね?
恐らく普通の人はこの後一年間、殆ど見ることがないか、見ても気づかない顔の涙声の
挨拶を連続してゴールデンタイムの地上波で見せられる事に私は意味を感じませんでした。


ただしずっと斜に構えて見ていた訳ではなく、やはり後半になるとぽろぽろと知っている
名前の人も出てきはじめ、言っている内容もしっかりとしたものも有り、見方も変わり
始めました。

彼女達は政治のほうの選挙と違い、なんらしがらみやムラ・族等に汚染されておらず、
本気でポストを得ようと戦ってきたなという事が、喜びの声から見て取られるように
なっていきました。

不思議なもので、知らない人が言っているよりも全く同じ言葉を見たことがある人が
言っているほうが説得力を感じるというのは受け手のエゴなのでしょうか。





それにしてもこの選挙にかける各個人の熱い思いが確かに感じられました。
それと共に多くの名言も出ていたように思います。

恐らく去年かその前辺りから流行り出したのでしょうか、それぞれに「名言を言おう」と
いう姿勢が感じられ、始めのうちはちょっと感動していたのですが、後ろの方の
「いつものメンバー」辺りになってくると既に言い尽くされていて、去年と同じ言葉を
もう一度言うとかいう事も出始め、結局はその言葉達も「作り物」だったのかな・・・
という印象もぬぐえませんでした。


考えてみれば事務所もグループもチームもバラバラの敵同士のランク付けですから
そこで如何にしてメディアに残る言葉を言うかは一年だけでなく、この後の芸能生活
全体に影響を与えます。やはり今後の立場の為に考え抜いた言葉なのかな・・・なんて。



そういえば去年の総選挙の時に有名というか問題になった金満票ですが、
一人で万円、十万円単位は掃いて捨てるほど、百万単位のお金でCDを購入した
キチg・・・熱心なファンも居るとの事。

果ては千万円単位でCDを購入して投票券を手に入れたファンもいたという事ですが、
それって1万~2万枚の投票を一人でネットから行ったのでしょうか。
ものすごい労力じゃないかなと思われます。

この投票ってかかるコストはお金だけじゃないんですよね。



ヲタクと言えば秀でた能力を持っている方が多く、趣味の方向にも秀でているから
ヲタク化してしまうわけですが、能力が高いせいで仕事が出来る人は多いです。
よって高収入の人も多い。変な遊びをして女性を渡り歩くような層は少なく、
真面目なので最新の婚活のターゲットにされているとかいないとか・・・。

お金を持っているので投票の額がえげつない事になり、秋元大先生の懐に
吸い込まれていくわけですが、去年百万、一千万単位の投資をしたかたは、
期限が一年間しかなかったことを考えていたのでしょうか。


先に日本国民は政策公約やその実現性を計る事もせずにマスメディアに煽られる
ままに民主党に投票して政権交代を実現してしまったという現実があったりします。

比較的真面目で無垢なヲタク層を「ライバルに勝たせる」という期限付きの目標
実現の為にお金を出させるわけですが、私が気になったのは1位と2位の投票数。

確か去年は1位の前田敦子が139,892票、大島優子が120,186票、そう得票数は1,166,145票。
今年は1位が大島優子108,837票で、2位が渡辺麻友72,574票、総投票数は1,384,122票。


これをどう読むかというと、恐らく上位に投票した人数は大きく変わらないと思っています。
普段からグッズ購入などに当てるお金も必要だし、前回の投票で全力出ししてしまった人は
もう余力がなく精々出せても10万円単位でしょう。

トップグループの票数の低下は個人の組織票(?)の数字が落ち着き、ようやく本来の姿を
現し始めたといっていいのではないかと思っています。だから意外な入れ替わりの演出
が意図せず起きたりしたのではないでしょうか。

またそんな状況で全体の票数が目減りしてもおかしくない状況で票数が増えたという事は、
裾野が広がって得票をした人が増えたと考えられます。まあ難波や栄、博多や海外組みも
有るようなので増えて当たり前ですが。


上位の数字が目減りして、しかも我々のような傍観者からすると一部の熱心なファンに
支えられている「知らない人」が上位にどんどん上がってくるわけで、AKBのシステムも
そろそろピークを過ぎて下り坂かなと考えさせられました。

今はピーク時の残り香の影響でまだまだ大丈夫です。
後1~2年は問題なく人気アイドルグループとしての座としていられるでしょう。

同じように流行って終焉した女の子のグループにモーニング娘が有ります。

あれも結局は何期生とかどんどんメンバーを入れて新しい「知らない人」が増えてしまい、
世間の興味を失ってしまいました。あれも3期生辺りまでが概ねメインのメンバーですよね。
でもどんどん辞めて知っている人が居なくなり、代わりのものが出てきたらそっちへと
移っていってしまう。

今だと同じ秋元ブランドですが、青山だか麻布だか六本木だか乃木坂だか知りませんが、
そういうのが有りましたよね。恐らく来年の選挙の時はそっちの方が力を付けている
んじゃないでしょうかね。既にメディアで見かける勢いを見ているとそんな気がします。



先の今年と去年のAKBの戦況の個々の得票数と総数の数字の動きを見てみて思ったのが
iPhoneの売れ方と勢い。

去年のAKBの勢いはiPhone4の時の破竹の勢いを想像させます。
ここで伸びるだけ伸びるという恐るべき勢いが感じられました。
予約をどれだけ吐いても受注残が切れない状態が去年のAKBとiPhone4の私のイメージ。
今年のAKBの選挙はまさしくiPhone4Sの雰囲気。
既にピークを超えてはいますが、知名度はまだまだ抜群に有り、熱心に支えているファンもいる。
でもその勢いは徐々に力を失いつつある・・・という感じでしょうか。

裾野が広がった分数字が上がっていますよ。
auからも発売されましたしね。
でももうかつての勢いはもうない。

特にiPhoneはAndroidの1/3~1/4しか売れてないので致命的です。
アイドル界でもAndroidの端末のように次から次へと新しい人が出てきます。
同じ知らない人を応援するなら過去のメンバーの香りがするグループよりも普通は
フレッシュなグループを選ぶでしょう。


なんだか全く違うものですが、なんとなくそれぞれの共通項を見出して想像してしまいました。
関連記事
  1. 2012/06/07(木) 19:17:14|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドコモ、海外パケット定額を対象国の全キャリアに | ホーム | 東京は恐いとこだ>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2571-d48b958d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。