FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Android 4.0(ICS)はメインRAM搭載量が命

唐突ですがAndroid 4.0(ICS)はメインRAMの搭載量が効いてきます。
これは私の持論です。

理由はOSの肥大化、そしてOSではなくて端末都合ですが画面の高解像度化が主な理由。
しかしそれだけではなくてマルチタスクの考え方に変化が出てきていることも大きな理由。

ICSではタスクを明示的に削除できるようになっていますが、これはよりメモリの有効活用に
人間の意志を介在させて効率化度を上げようというもの。

未来のアプリの利用頻度なんて実際に使っている人でなければ分からない部分なので
それをOSに積極的に取り込んでいこうというものです。

全てのICSでそうなるかは分かりませんが、基本的にはメニューボタンはタスク切り替え
ボタンへと変更されています。これは普段使うアプリは全て立ち上げておき、基本的には
タスク切り替えで使っていこうという攻めのメモリ利用の考え方です。
この事により、私はICSではメインRAMの搭載容量が操作性を決定する鍵になるなと考えています。

今までのスマートホンではアプリの立ち上げにはストレージに利用されているフラッシュROMの
読み出し速度が決め手になっていました。しかし現在でも基本的によく使うアプリはRAMの中に
残っているものがそのまま立ち上がり、アクセスラグもなく一瞬で切り替わります。

ICSではよりそれを追求して快適度を上げていこうという設計のように感じました。
基本的にアプリはRAMにキャッシュされたものを使う事を前提と考えて作られているようです。


恐らくスマートホンを構成する部品としては一番高価な部類に入ると思われるRAMですので
おいそれとは増やすわけにはいきません。しかし今後ハイエンド端末としてフラッグシップを
名乗るのなら2GBは欲しいと思います。

GalaxyS3の一部モデルではRAMが2GBのものも有るとの事なのでより積極的に快適度を上げて
いこうという姿勢を感じます。普通は高価なRAMを二台分も費やすなんて考えられないことです。

しかしそれでもユーザーが使ってみて大きな満足度を得られる端末はRAMの容量が関わってくる
事になると思います。

CPUは既に満足ライン、画面ももう行き着くところまで行き着いていますし、ストレージの
フラッシュROMも必要十分になってきています。

次は表に出しても評価されにくく、メーカーが出来たらケチりたいメインRAMが端末選びの
基準になっていくと私は考えています。

現在の私の考えでは「RAM 2GBの端末に外れなし」じゃないかと思っています。
余り評価されない部分だけど大事な部分に力を入れている端末という意味で、それなら
OS部分にも力を入れているだろうという風に考えています。(絶対とは言い切れませんが)


そういう意味ではGalaxyS3の恐らく韓国内モデルのみだといわれている2GBモデルは
本気度が高いと思われます。恐らくAndroid 5.0が少々肥大化しても楽勝で使える端末
になると言っていいと思います。

当面使える端末のレベルを考えると

CPU デュアルコア 1GHz
RAM 1GB
ROM 16GB

が最低ライン。

より積極的に高い性能が欲しいなら

CPU デュアルコア 1.5GHz
RAM 2GB
ROM 32GB

は欲しい所です。

CPUが意外に低いねって所ですが、ある程度のCPUパワーがあれば後はメモリ勝負になるものです。
マルチタスクを積極的に使うとCPUよりはメモリ勝負になるところが大いに有ります。
どれだけ速く演算をこなしてもちょっとでもスワップしてしまったら台無しですから。

高解像度が加速している所もよりCPUよりもRAMが欲しくなる大きな要因です。
高解像度になれば成る程CPUが速くなってもバスが速くならなければ意味が有りませんしね。



思い返してみれば私が上に書いてきた事は全てWindowsが通ってきた道です。
Windows 3.1のPCが当時勤めていた会社に初めて入った頃、私はテスト要因として
そのPCを使うことになりました。勿論周りの人はMS-ODSばかりです。

「そのPCを増強するならどこか?」と会社側から聞かれたところ、「会社に入れるWindowsのPCの
メモリを16MB以上にするべきです(当時安価なマシンは4MBや8MBのマシンが主流)」と伝えました。
するととても驚かされました。

会社側はてっきり高速なGアクセラレータに入れ替えろとか、もう一段CPUの速いマシンを入れる
べきだと言うものだとばかり思っていたようです。何故ならば当時のPCの雑誌は初心者向けから
マニア向けまで全てと言っていいほどメモリの事んは触れず、GアクセラレータやHDDの高速化、
CPUの載せ変えしか書いていませんでしたから。

メモリの事が世間で重要視され出したのは私が言い出してから年単位で後のことになります。
会社からは何時まで経っても雑誌すら触れないメモリでこんなに快適になるんだと感謝して
くれました。

それを今このタイミングでスマートホンも同じだと言ってみます。
今の時代なら既にPCでスキルを持っている方はRAMの重要性は嫌というほど知っており、
そこに注目しています。しかしそんな知識を持っている方はごくごく少数派です。
でも知っている人は知っています。



高いですよ。
でもそれだけ長く使えるいい端末だってことの証なんです。
2GBが駄目なら1.5GBでもいいです。
私はその端末を評価します。
ワンセグつけるならその値段分のメモリを下さい。
関連記事
  1. 2012/05/28(月) 19:17:10|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<アップルの業績 | ホーム | 孫正義に苦情を言ったソフトバンクお客様がブロックされるまでの流れ>>

コメント

確かにパソコンでもCPUよりメモリのほうが重要ですね。
CPUは高性能なものを積んでもフルに恩恵をうけることはあまりありませんし、ましてやスマートフォンならなおさら。

キャリアの製品情報のページをざっと見てみましたが各社CPUは表記してあるのにRAM容量はどこにも書いていないみたいです。(ちなみにドコモはROM容量さえ書いていません。)
ソニーモバイルや富士通、NECなどメーカーの製品ページにはしっかり記載されているのでキャリアのページにも載せるべきだと思いますけどね。
  1. URL |
  2. 2012/05/28(月) 20:48:27 |
  3. ナギ #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

RAM2ギガは高望みかも?

使用中のアプリから容量見たら、F-05Dで0.89メガ、L-01Dで0.78メガ程度…tabletも似たような値だったと思います。ARROWS-Xでネットよく見ますが、FLASH使ってるサイト立ち上げるとしょっちゅうブラウザが落ちます。

nextシリーズでこんな有様だから、下位のwithシリーズはもっと貧弱かもしれないですね。あー、RAM容量測ったのはAndroidassistantです、ハイ。
  1. URL |
  2. 2012/05/28(月) 21:52:14 |
  3. どこも族tab #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

RAMを増やしてRAM上に使用頻度の高いアプリをキャッシュして・・・そういやZAURUSに設定あったなぁ・・・

ただあまり増やしすぎると待ち受け時のバッテリの減りが早くなるんじゃないかな、とちょっとだけ。
  1. URL |
  2. 2012/05/28(月) 21:53:36 |
  3. 田舎モバイラー #SFo5/nok
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2549-48eb78bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。