FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

KDDI、LTEのサービス開始を前倒しで年内に

KDDI、LTE展開を前倒しに――当初予定の12月より早く

>KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏が4月25日、決算会見の席上で次世代高速通信規格
>「LTE」サービスの開始に向けた準備の進捗に言及した。
>
>基地局も端末も順調に準備が進んでおり、時期は未定としながらも、当初予定していた
>12月より前倒しでサービスを開始すると説明。周波数帯についても、800MHzと1.5GHzに加え、
>現状、EV-DOで利用している2GHzも利用することを明らかにした。

以前に記事にしたようにKDDIのLTEの基地局の整備状況は非常に素早く、既にドコモよりも
速いペースで基地局数を延ばしています。

なのでサービス開始時期を前繰りしてくる可能性は感じていましたが、機は熟したと言っても
いい状態になったのでしょう。

KDDI側からすれば去年の12月以降のドコモのLTE端末の売れ行きはLTEをの移行を前繰りする
材料として十分な安心材料になったのではないかと思います。

またWiMAXのトラフィックのバイパス効果は嫌というほど味わったのではないでしょうか。
この二点を考えると移行先として決定しているLTEを前倒しで開始し、とりあえずのトラフィック
のバイパス先に利用しているWiMAXへの分散投資をなるべく避けるのは正しい考え方だと思います。

LTEの機材が値下がりして高性能化するまで待って安くなってから一気に畳み掛けるように
整備するのはある意味正しいやり方だと言えます。しかし今何よりも最優先しないといけない
のは大量のトラフィックを何処に逃がすかという問題。

ドコモのやり方は何のひねりも無く、誰が考えても最も素直なやり方ですが、最優先事項が
ドコモの読みどおりになったので一番正しくなってしまいました。
KDDIは変則的なやり方で追い越しを狙ったのですがドコモがLTEの立ち上げでスタートダッシュを
決めたこともあり、自社でもWiMAXのバイパスが有効に働いていることが安心材料になり、
行くべき先の姿がはっきりと見えてきました。

またCDMA2000とLTEのデュアル端末も出ることになったのも大きな安心材料になっています。


さて1.5GHz帯と800MHz帯でスタートするKDDIですが、なんとドコモが使っている2GHz帯も
LTEに使うと宣言しました。やはり同じサービスをするなら、同じ帯域をより高効率に
使いたいという事なのでしょう。

2GHz帯は基本的には端末に新しく増やすハードが必要ないので新たなコストを必要とせずに
対応できる帯域です。ドコモ,KDDI,ソフトバンクの3社で稼動し始めると他の国のキャリアも
乗りやすいのではないでしょうか。移行時に大きな苦労は有りますが、ピークのトラフィックを
乗り越えることが出来さえすれば悪い選択では有りません。


但し、苦言を呈しておくとこれが今の中途半端なKDDIの姿そのものでも有ると書いておきます。
LTEは2番3番煎じ、通話定額も2番煎じ、Galaxyの端末もXperiaもiPhoneも二番煎じ。
細かく見ていくと他にも色々とリスクをとって他を出し抜いていこうとする姿勢が見えてきません。

二番煎じをするようになり、身動きすら出来なかった以前よりはまだマシになったとはいえますが、
CdmaOneを提供し始めた当時やパケット定額を華々しくスタートさせ、他を圧倒し充実していた
頃と比べるといささか色んな意味で大人になってしまった感が強く、面白みに欠けてしまいます。

余りにガンコで世間の標準とかけ離れていくようなことになっても困りますが、今のように
蓋を開けて安全と分かってから飛びついているようでは「業界としての先駆者」の地位は何時まで
経っても手にすることが出来なくなり、信頼性と言えばドコモ、音声定額と言えばソフトバンク
というような「看板」を手にすることが出来ません。

今KDDIに一番欠けているのはそういう部分であり、自分から危険な狩をせずにライオンや豹の
食べ残しを漁っているだけでは今以上の立場を手にすることは無いように思います。

以前のように「二番手が業界を面白くする」もっとアグレッシブなKDDIを見せて欲しいものです。
関連記事
  1. 2012/04/26(木) 19:37:57|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<携帯各社のCM | ホーム | WWDC2012でiPhone5の発表の可能性?アップルの魂はまだ生きているのか?>>

コメント

いつも楽しく読ませて頂いています。

CDMA2000の選択で手痛いダメージを負ってしまった事が、今のauの姿勢なのかもしれませんね。800MHzの新旧入れ替えと言う大きな事業もありましたし。
二番煎じではありますが、今暫くは手堅い道を歩いて、4Gが落ち着いたところでアグレッシブさを発揮できれば良いのではと、個人的には感じています。

ただ、端末に関してはもう少しバリエーションを増やして、選択の楽しみを作って欲しいですね。今は消去法で決まってしまい面白みに欠けてると感じています。
  1. URL |
  2. 2012/04/26(木) 21:27:18 |
  3. ばべる #-
  4. [ 編集]

LTEと言うけれど、ドコモ・au・SBMと足並み揃えて7GBぐらいですぐ規制とかふざけた馴れ合いモードのまま、パケット料金は割高。こんな悪サービスになりそうな気配が濃厚ですね。

各社あんな割高料金のままでユーザーが何時までも使ってくれると思っているのか。

自宅のCATV回線などで高速ネット+VODサービスやらつけても6,000円ぐらいからの価格競争になりそうな時代にどうなんでしょうかね?
  1. URL |
  2. 2012/04/26(木) 21:28:09 |
  3. 古いスマートフォンユーザー #XOY0l5i6
  4. [ 編集]

> 今KDDIに一番欠けているのはそういう部分であり、自分から危険な狩をせずにライオンや豹の食べ残しを漁っているだけでは今以上の立場を手にすることは無いように思います。

LTE導入後もデータ通信定額制を維持できたら、結構凄いと思います。(実際はWimaxで制限を掛けないことを今後も継続する、ということぐらいに止まるとは思いますが。)
  1. URL |
  2. 2012/04/26(木) 22:30:34 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

KDDIつながりで

総務省、販売代理店の個人情報漏洩でKDDIに管理徹底求める
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120426_529585.html
> 2007年6月以降、KDDIが携帯電話端末の回収を委託していた、福岡県福津市の販売代理店において、解約などで顧客から回収した携帯電話が個人情報が記録されたまま第三者に譲渡されたという。KDDIでは、合計9台の端末で個人情報の漏洩が発生したとして総務省に報告した。

事態が発覚したのはかなり前だったと思うのですが、今更、という感じの記事です。(まだこんな状況だったのか、とちょっとびっくりしました。)

> 事態を受け総務省は、個人情報保護法と、電気通信事業の個人情報保護ガイドラインにおける安全管理措置義務、および委託先監督義務に違反するとして、再発防止策の早急な実施と、実施状況の報告を行うよう求めた。

早急な対応が出来ないあたり、KDDIの組織が活力を失っているのかな、とも思いました。「auモメンタムの完全回復」を宣言、もいいですが、こういった所を適切に対応していかないと、顧客からの信頼を高めることは難しいような気がします。

KDDI、2012年度にスマートフォンで800万台の販売目指す
田中社長が「auモメンタムの完全回復」を宣言
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120425_529270.html
  1. URL |
  2. 2012/04/26(木) 23:51:52 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

スマートバリューやスマートパスは十分アグレッシブだと思いますけどね。
他キャリアは同内容の追随サービスを未だに出せて来れてないですし。
決算を見る感じ、固定回線も含めて加入者増加の相乗効果も早速出てきてるようです。

LTEは周波数再編を待たなければならない事情もあったわけで、後発スタートになるのはある意味どうしようもない話。
LTE対応チップセットがこなれてこないうちに端末をだしまくったらKCP+の悲劇と同様になるでしょうし、
タイミング的にはちょうど良いんじゃないでしょうか。

あと、WiMAXは今後のトラフィックの増加ペースを考えたら平行投資していかないとトラフィックを裁ききれなくなると思いますので、多少抑える程度にするのではと思います。
出せる端末数は少なくても、LTEと違って通信量規制を今後もかけなければ一定の支持を得られるのではないでしょうか。


販売代理店の個人情報の扱いというと、
ヤマダなどで携帯を扱っている代理店のTガイアあたりが、
「プリペイドからのMNPにはキャッシュバックを出さない」
という独自施策をやっているという話が多々上がっていますが、
電話番号とMNP予約番号だけではMNP利用者の転出元での契約がどういうものなのかわからないので
プリペイドかどうかを知るにはソフトバンクの顧客管理端末ジニーで照会しなければなりません。
3キャリアを扱う併売店なら確かにそれが出来ますが…これ、明らかに個人情報保護法違反ですよねぇ。
総務省の指導が入らないうちに止めたほうがいいと思うんですが。
  1. URL |
  2. 2012/04/27(金) 05:22:12 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

貢献はしないけど内心応援してるよ?

LTEに関しては、以前の3.5Gみたいにガンガン行ってもらいたいですな。
うん、ドコモが焦るくらい急ピッチで進めてほしい(笑)


ドコモも前倒し言ってるが、まだまだ手緩いし。
(・∀・)他力本願スマンノゥ
  1. URL |
  2. 2012/04/28(土) 10:06:46 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

XiはエリアであっさりEM LTEに抜かれてしまいましたしね
  1. URL |
  2. 2012/04/28(土) 15:53:07 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2474-05af1067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。