FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

「iPadのバッテリー問題」にApple社が回答

アップル、新iPadのバッテリ充電問題を「設計どおり」と認める

「iPadのバッテリー問題」にApple社が回答 (WIRED.jp)


新型iPadが実際には90%位の充電レベルなのに100%を示しているという問題。
アップルは「そのように設計している」と認めたそうです。
実はこれ、リチウムイオンの電池の特性でこのように設計していると思われます。

リチウムイオンは過充電・過放電は当然のこと、満充電状態や完全放電状態で置いておくと
バッテリーが痛んで寿命が極端に短くなるか、場合によってはレッドカード一発退場で
寿命がそこで終ってしまうことが有ります。


それを避ける為にサムスンのGalaxy Sでは90%充電時で100%を表示する
ように設計していたようです。

「ようです」というのは私の知り合いに、「Battery Mix」というアプリをそのGalaxy Sを
使っていた知り合いに教えてあげた所、
「どうもこの端末は90%で満充電って表示しているみたい」と教えられました。

勿論そう設計する理由はリチウムイオンのバッテリーの特性を知っていましたから
納得できました。Galaxy Sはバッテリーに優しい充電をする端末です。
ということは歴代のGalaxyシリーズ全てがそう設計されている可能性もあると
いうことだと思います。


一方、新型iPadもバッテリーの容量をガツンと増やしたのでこの90%充電を
取り入れる余裕が出来たのかもしれません。勿論これはバッテリーに優しく、
寿命を延ばす為の優しい充電法です。ソフト充電とでも呼びましょうか?

ただそれを取り入れる為に値段が上がったり重くなったりしたのならどっちが
いいのかは悩みどころですけどね。


国産端末もソフト充電を取り入れるぐらいのバッテリーの余裕は欲しい所ですよね。
関連記事
  1. 2012/03/28(水) 21:05:10|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<緊急地震速報・緊急津波警報 | ホーム | NTTドコモ、今夏Android4.0アップデートとspモードメールアプリ更新で一部機能制限>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2397-a0cb0c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。