FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Siri対抗?音声エージェントサービスを立ち上げるドコモの狙い

Siri対抗?音声エージェントサービスを立ち上げるドコモの狙い

>NTTドコモは2012年2月27日、同社のスマートフォン向けの新サービス「しゃべってコンシェル」を
>3月1日から開始すると発表した。スマートフォンに向かって話しかけるだけで、Wikipediaや
>乗り換え案内情報などの検索、通話やメールの作成、アラームや音楽プレーヤーの操作ができる
>というサービス。「明日の天気を調べて」「東京駅までの終電の時間は」などといった風に、
>自然な言葉で話しかければ、サービス側で意図を理解して最適と思われる結果を返してくれる。
>アンドロイドOS 2.2以上の主要なドコモ端末に対応し、アプリ本体やサービスは無料で提供。

「しゃべってコンシェル」というサービス、将来的には「しゃべコン」と呼ばれる事になると
思われるこのサービスをドコモが発表。非常に興味深く思いました。

Android2.2以上という事で、ドコモの端末ならほぼ使える状態でSiri対抗サービスが
開始されるもようです。

ドコモは元々iコンシェルというサービスを持っていたのでこれは新サービスというよりは
コンシェルジュサービスをよりインタラクティブにした正常進化と捉えるのが正しいように思う。

またもや珍しくアップルがドコモのサービスをより使いやすくし、それをドコモが逆輸入した
ような形になったと思います。iモードしかり、iコンシェルしかり。

ドコモは可能性のあるサービスを結構発明しているにも拘らず、低いレベルのサービスで運用して
いることをアップルというかジョブズは見抜いていたのでしょう。それをよりよく改造するのは
アップルの十八番です。

AppStoreだってSiriだってうまくスマートホンというプラットフォームにマッチ
するように乗せたなと思います。

そして今回はSiriの登場から半年の期間でドコモに逆輸入してサービス開始が出来てしまう
ドコモもさすがだなと思います。iPhoneを持っているソフトバンクやauは「いずれは…」と
いう期待感を持ちながらもサービス開始を待つしかない。それはiPhoneもだしAndroid
も同じ状態。Androidには少しづつ似たようなものが登場しているがまだSiriの
域に達してはおらず、Siriと渡り合えるのはGoogleの対抗サービスを待つしかない。
二社は動くに動けない中途半端な状態。


しかし現状ではAndroidに全てを委ねているドコモはやりたいことが自由に出来る状態。
しかも音声認識に関してはアップルがiPhone3Gを発売するよりもずっと前から研究は
してきている。またNECや富士通等にも日本語や動画の自然解析の研究をしてきた技術者は多く、
何かあってもバックアップする体制も万全です。

ドコモが半年で複雑奇怪な日本語の音声コンシェルジュサービスを立ち上げることを可能にした
のは実は既にリーチ状態で何時世に出してもおかしくない状態で素材技術が全て揃っていた事が
大きかったと思われます。


またこの紹介記事はいい読みをしているなと思わせる所があります。
Siriとは違いはドコモの手の内のサービスへの導線だというのは確かに私もそう感じます。
いいか悪いかは別にして、気持ちいいぐらいにドコモは新たなサービスに今後の向かいたい
方向を示してきたなと思います。

それだけでなく、メールの音声入力は今後CPUの速度がどんどん上がっていく事を考えると
今後メールの入力はしゃべコン経由の音声入力が一番速いなんてことになってしまいそうな
気もします。

当然それは音声解析部分を端末で行っていると仮定した場合ですが、今端末側で解析出来て
いなかったとしても将来的には単語辞書はクラウドに持つとしても端末側のCPUが速く
なれば必然的に日本語の自然文字入力はIMEが全て吸収してしまい、ATOKやWnnや
Google日本語入力等、色んな入力システムの辞書と統合されていくと思います。
つまり最終的には音声入力部分は端末側で全部面倒見るようになると。

既にマッシュルーム対応でATOK等の日本語入力は既に音声入力変換は対応が始まって
いますし、将来のAndroidOSはこれらのIFを綺麗にまとめて一本化する方向に
動くと思うのです、現状はそれぞれが解析エンジンを持っていると思いますが。

現状はドコモは囲い込みに技術をオープンには出来ないでしょうが、iPhone対抗を
考えると将来的にはドコモがGoogleに技術をライセンスして収益はそちらから得る
方向に移行し、Android全体の体力強化に動く作戦も有りかなと思われます。


しゃべってコンシェル ~ ドコモ公式ページ

しゃべコンについてのドコモの公式ページで一通り知りたい事が書かれています。
ここに紹介ムービーが有り、2分47秒のムービーで大まかな事が全て分かります。

やはり圧巻なのは「マイケルにメール。桜が綺麗だから一緒に京都に行きたいわ。」を
一括でこなしてしまう流れですね。これが出来るだけで貰ったメールに対しての読了の
返信メールの手間は殆ど無くなってしまいます。これはかなり使えると思います。

ただ案内のボイスが鼻づまり過ぎるのは気になります。
初音みくの時代にこの鼻づまりはちょっと頂けませんね・・・。

しかしSiri対抗は今年の年末まで無理じゃないだろうかと思っていたのですが、
こんな早期に反撃をしてくるとは思ってませんでしたのでちょっと驚きました。
関連記事
  1. 2012/02/28(火) 19:32:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<【がれき=放射能】じゃない! | ホーム | アスースの4コアタブレット「Eee Pad TF201」>>

コメント

かなりよさそうですねー。まもなく日本語対応するといわれるSiriも、
日本では相当機能が限定されそう。レストラン検索やwolframalphaが使えないですし。
あとAppleの日本語へのローカライズ能力にはかなり疑問があります。

実質的にはドコモのサービスの方ができることは上かも?
これに満足せずどんどんブラッシュアップして欲しいところです。

  1. URL |
  2. 2012/02/28(火) 22:30:42 |
  3. str #-
  4. [ 編集]

3月1日からですか。
これはお手並み拝見ですな。
僕の旧ギャラタブから使ってみよう
  1. URL |
  2. 2012/02/28(火) 22:49:43 |
  3. モロリン #-
  4. [ 編集]

>strさん
そうですよね。
日本語という3大難語に含められる言葉向けのサービスをいち早くスタートさせた
アドバンテージはかなり有ると思います。
これでSirin対してかなりプレッシャーがかかるでしょうし。
場合によってはSiriがブラッシュアップを求められて登場時期が遅らせる事も
無いとは言えないのでこのドコモのサービス開始はかなり意味の有る一手に
なったんじゃないかと思われます。

>モロリンさん
レポートよろしくです。
  1. URL |
  2. 2012/02/29(水) 01:44:56 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

僕の旧ギャラタブでよければw
  1. URL |
  2. 2012/02/29(水) 22:59:13 |
  3. モロリン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2304-f960dcc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。