FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモら4社、4通信方式対応のモデム技術開発

ドコモら4社、4通信方式対応のモデム技術開発

ドコモ、NEC、パナソニックモバイル、富士通が4通信方式対応モデム技術を共同開発

>GSM、W-CDMA、HSPA+、及びLTEの全ての通信方式に対応可能なモデム技術の
>開発において、通信制御に関する機能をつかさどるLSIのエンジニアリングサンプル性能評価を
>経て、本日、主要ネットワークベンダとの接続に必要な全試験工程を実施完了いたしました。
>
>今回の開発によって、これまで多くの場合、端末内に2つ搭載する必要があったLSIを1つに
>集約することでモバイル通信機器へコンパクトに実装することができ、通信時や待受け時の
>消費電力を従来比で最大20%低減することが可能です。また、搭載LSI数の減少による
>部品点数の削減と、更なる高集積化によるLSIサイズの縮減は、端末の価格低減にも寄与します。
>さらに、通信方式は全て3GPPによる標準規格に準拠し、特にLTEについてはドコモが採用
>しているFDD方式、中国等で採用が予定されているTDD方式ともに対応しており、
>国内のみならず海外におけるモバイル機器メーカの端末開発にも貢献します。

このチップがFDDとTDDに対応しているというのは何かを暗示しているのでしょうか。
ドコモが絡んでいるチップがそれ以外のキャリアの端末にも使われることが有るのでしょうか。

恐らくは念の為の対応だとは思いますが、戦略的対応である可能性も無いとはいえないので
今後の動きが気になります。
関連記事
  1. 2012/02/24(金) 19:16:17|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2011年度全社の接続料金が出揃う | ホーム | 携帯カンニング、特定できます=精度向上、座席単位で>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2290-8c3f6b6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。