FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

1.8GHz帯LTEと国内1.7GHzの全国区化

2015年には世界で200超のLTEサービスが展開、周波数帯の調整が課題に

>高速無線通信のLTEネットワークは急速に導入が進み、2015年には70カ国以上で200を超える
>LTEサービスが展開される見込みだ。しかし同時に、周波数帯の調整がLTEサービスの発展を
>左右すると指摘している。

今後は間違いなく世界のネットワーク事情はLTEにシフトしていく。
70カ国で200を超えるLTEサービスが開始される事になると記事はなっているが、
やはり障害は以前から指摘しているように周波数と帯域の問題。

今の3Gでは大体2GHz帯と800MHz帯をカバーしていればこの多くのところが
カバーできた。しかしLTEではそういうわけにはいかない。そうなると多くのアンテナと
アンプを端末に仕込む必要が出てきてしまう。

ドコモはこの問題に2GHzの一部を割いてLTEでも3Gのアンプとアンテナを再利用して
端末への実装物を減らそうと考えた。3Gで使っている2GHz帯なら世界中で共通の帯域
だから賛同キャリアが増えてくれば共通で使える端末が作りやすいだろうという目論見だ。
しかし世界ではそう簡単には事が進まなかった。

世界はLTEには3Gとは違う新たな帯域を当てる方向へと向かった。


欧州議会、800MHz帯の4G LTE利用を加盟国に要請--2013年までに

LTEに対する動きが加速してきたように思う。
というか、日本で訳されて報道されるLTE関連のニュースが増えただけだ。
海外では元からLTE関連のニュースは意外と有ったのですから。

日本で記事を書いている翻訳ライター諸氏の目の付け所が我々日本語記事を求めている人の
情報の幅を決めているのではないかなと思います。一~二年前はまだ孫正義氏が3Gの
延長線上が当面は有望やらなんだかんだ、安いやなんだかんだと嘯いていた影響が
大きかった頃でLTEに関しての記事はまだまだ後回し的なところが有ったように思います。

結局HSPA+以上の通信規格は一部の端末が対応しただけで終わってしまいました。
国内ではドコモが動かなければ端末メーカーも本気では動かない事がこれで明らかになった
ように思います。世界中でもDC-HSDPAなんてろくに使われておらず、HSPA+も
使えるところは有ってもメジャーとは言いがたい状態でした。

世界は本命を冷静に読み、LTEと位置づけて計画的に動いていたのです。
HSPA+以上の規格に余計なお金をつぎ込んだキャリアは、イーモバイルならば
キャリアの宣伝費代わりという考え方が出来ますが、ソフトバンクはiPhoneが
ぶら下がる重要なはずの2GHzの整備もろくにせずにDC-HSDPAにうつつを抜かす
結果となり、都心部ではかつてないほどの輻輳を招く原因となっています。
一部WiFi変換で1.5GHzに逃がしてはいますが。

そうしている内にスマートホンの急速な普及と共に3Gの限界が露呈されてきました。
これ以上3Gの延長線上では増え続けるトラフィックを支えきれない事が徐々に
分かってきましたので3Gに投資をしてきたのは間違いでハズレくじだった事が
決定的になってしまいました。


そこで世界中がLTEへの動きが加速ということになったのです。



LTE World Summit 2011で語られたLTEコア帯域としての1.8GHz帯

携帯電話サービスの補完に関するオークションが終了

国家戦略で変容する韓国モバイル事情 - LTE開始、周波数オークション開催、独自OSの開発始動

再スタートを切った英国の4Gオークション - モバイル向け周波数の拡大を目指し2012年に実施へ

上記記事に示されている画像で興味深いものを二つほど紹介。

右上の地図で1.8GHzの割り当てがある国が赤色で示されていますが。
日本は白の状態。
東名阪バンドでしかも4G転用は今の所無いですから仕方ないですね。
それにしてもサポートされている国の多さは非常に魅力的です。
しかも900MHzの倍の周波数なのでアンテナも作りやすく対応する端末は非常に
多くなると思われます。つまり安価で対応する端末が多くなると考えられます。





世界的には2Gバンドが4Gへ、3Gバンドは3Gバンドのままというのが主流のようです。
2Gバンドとして使われてきた1.8GHz帯を4Gへ流していくのは帯域の利用効率を
上げる為にも必要な事といえます。フィーチャーホンがパケットを節約するという
考え方のもとに設計されていたのとは正反対で、スマートホンが決定的にパケット使用量を
押し上げてしまいました。

またスマートホンは高解像度というモバイルでは有り得なかった方向の競争を
それぞれのメーカーが始めてしまったものですから大変です。今までは世界中がGSMさえ
残してあれば安心だというGSMの仲良しこよしの輪がどことなく出来ており、3Gの
広がりもそう積極的といえるものでは有りませんでした。

ローミングでも日本ではGSMが使えないということで「あの国はおかしい」的な
扱いを3G開通国でさえされていました。そのぐらいGSM端末は世界中のどこでも
使えたのです。日本の為にわざわざ3G端末を揃えた人もいたぐらいです。

しかしアナログテレビが地デジになったように、帯域の利用効率を上げる事が
スマートホンのせいで最重要課題に持ちが上がってしまい、GSMの為に帯域を
維持しておく事は悪という考え方に移っていきました。

世界がようやくGSM帯域を別のものに転用しようという発想に移行し始めました。
日常の通話通信がようやく3Gに移り、将来の通信はLTEに移行するという力が
スマートホンのおかげで働き始めたのです。

世界ではGSMとして使ってきた1.8GHzをLTEに移行するのが適切と
考える所が増えてきているようです。ヨーロッパ圏でもそういう動きが出てきました。
古い資料になってしまいますが、本家鈴の音情報局でも世界中の周波数というものを
載せておりました。今はかなり変わっているとは思いますが、恐らく1.8GHzを
3Gに転用した国はほぼないと思います。となるとGSM1800をLTEに移行すると
共通帯域に出来る国は意外と多いのではないかということが先の国別使用周波数から
見えてくるのではないでしょうか。

恐らく今後はGSM1.8GHzがそのままLTEのバンド3に移ることになるわけですが、
これがドコモの1.7GHzがそのまま該当します。イーモバイルもこのバンド3に
内包される帯域です。しかしドコモの帯域は東名阪バンドとなっていて折角の世界が
LTEの為に整備しようと動いている国際バンドなのに台無しです。

更にドコモは3Gで最重要な2GHz帯を5MHzや10MHz裂いてLTEに割り当て
ていますが、私はこの動きは感心できません。それにドコモは1.7GHz帯の帯域にも
基地局を増やしてはいますが現在のトラフィックの最大発生元になっているスマートホンで
1.7GHz帯に対応していない端末は数多くあります。

つまり1.7GHzに逃げている多くはフィーチャーホンでありスマートホンでは利用
できない帯域にもアンテナを立てている状態。しかもその1.7GHz帯は20MHzも
有るというもったいない状況。駄目押しで20MHz幅を使い切っている基地局は少ない。
もったいなすぎる。これから世界でLTEの主流になるバンド3をドコモはろくでもない
使い方をしているのです。

私なら2GHz対は始めてしまったものは仕方有りませんから国内を5MHz幅で整備を
していきます。今後は1.7GHzの3Gを10MHz幅分停波して、そこにLTE基地局を
ガンガン整備していきます。

ドコモの東名阪の基地局整備は1.7GHz帯を中心に持っていくことが私は現状では一番
いいのではないかなと思います。1.7GHz帯なら早期に3Gを全部停波する事が可能で、
早く20MHz幅のLTEを稼動させる事が可能です。20MHz幅なら当然LTE-Aへの
転用もすることが出来ます。ドコモは1.7GHz帯は出来る限り早くLTE転用することを
進めていくべきです。

イーモバイルも1.7GHzでLTEの整備を少しづつ開始しています。
がしかし苦しい中での整備のようで、早期に900MHzの割り当てを期待するしか
ありません。2.5GHzや1.5GHz帯に逃げ道のあるソフトバンクと違い、
これからの事を考えるとイーモバイルに900MHzが割り当てられてLTEの整備に
使えるようにするのは当然の事でしょう。

どこぞのキャリアはイコールフッティング等とかを言っていますが、アメリカその他の
海外のキャリアでは1.7GHz帯や2.1GHz帯しかないようなところが普通にあります。
しかしそんなことでイコールフッティングがどうとかいう話は聞いた事が有りません。
増してやそれで裁判がどうこうなんて馬鹿げています。小さい小さい日本国内のお家騒動
レベルの騒ぎにこれ以上付き合うことなど有りません。900MHz帯はイーモバイル、
もしくは先から私が言っているように800MHz帯とのトレードで、800MHz帯と
900MHz帯が15MHz+15MHzとなっているのを10MHz+20MHz幅に
移せる可能性のあるドコモが取るのが日本国内の利益として最大になるのではないかなと
考えています。

ちょっとおかしな社長のタコ騒ぎイカ騒ぎに耳を傾けるのではなく、折角の指名制なので
日本国内の利益として最大の効果が出る割り当てを行うべきだと思います。うるさい
キャリアはご自身の大好きな艱難辛苦を味わって頂くのが一番でしょう。
自分でも艱難辛苦を味わいたいと言っていたのですから。


あとドコモの1.8GHz帯ですが、これをいつまで東名阪バンドにしておくかと
いう問題が有ります。ドコモに900MHz帯を与えるか、そうでないならば
ドコモの1.7MHz帯を全国バンドにするべきだと思います。
その両方でもいいと思いますが。

1.7GHz帯の東名阪以外の移行先は900MHzや850MHz帯の上り下りの
間や移行後に開いた帯域等に移行するのがいいのではないでしょうか。他には
TDD向けの2.3MHz帯の利用法を変更して移ってもらってもいいかも知れません。

とにかくこれからは世界で使われている共通帯域をどれだけ多く用意できるかが
国力になると思います。日本国向けに当たり前に作られた端末がそのまま世界に
もっていけるようになっていれば、または世界に流通している安い部品で日本で
使える安い端末が簡単に作られるとすれば、今後は色んな意味での競争力が
出てくると考えられます。


電波鎖国された特殊な国でないようになることが世界をリードしていく為の
一番の近道だと思われます。PDC以来日本は世界と完全に分断されたモバイル
環境にメリットもデメリットも味わいながらきました。

これからは世界中のモバイル機器を日本から発信できるようになって欲しいもの
だと思っています。その為には電波環境を世界にどう合わせて行くかが、どの
時期に合わせるかが非常に大事です。

総務省もキャリアも足元ばかり見ないで世界を見て物事を決めて欲しいなと思います。
関連記事
  1. 2012/02/22(水) 19:25:59|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<携帯カンニング、特定できます=精度向上、座席単位で | ホーム | 電気料金:全原発停止で6.4%値上がり…本当にこの程度で済むの?>>

コメント

日本通信、ヨドバシカメラSIMを提供

ヨドバシカメラの企画で「基本料0円SIM」が誕生
http://www.j-com.co.jp/news/release/1149.html

他の家電量販店も真似しそうで、docomo回線、ますます負荷がw
  1. URL |
  2. 2012/02/22(水) 20:24:25 |
  3. die #-
  4. [ 編集]

そういえば欧州の800Mhz帯域は上下逆なんですよね…
そこら辺でも国でかなりずれてるんですよねえLTE
機器メーカーは大変だなあ
  1. URL |
  2. 2012/02/22(水) 21:23:22 |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

イー・アクセスがLTEを3月開始、料金は「月3880円軸に調整」
下り最大75Mbpsだが、当面の対応エリアは限定的
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/news/20120222/1041847/
阿部副社長は、「DC-HSDPA向けの帯域を削ってLTEに振り向けることは、下り最大42Mbpsのサービスに期待して契約したユーザーに対して責任を果たせないので行うわけにいかない。当面は、75Mbps対応エリアはピンポイントになると思うが、できるだけ早期に75Mbps対応エリアを増やせるよう努力していく」としている。

 ただし、同社は1.7GHz帯において5MHz幅×2の追加割り当てを求める申請を総務省に出しており、「900MHz帯と700MHz帯の議論が終わった後、早ければ2012年夏にも1.7GHz帯の追加割り当てを受けられる」(ガン社長)見込み。このため、「EMOBILE LTEの基地局では、当初から追加割り当てを見越した設計としており、免許が得られ次第すぐに電波を発信できる状況にしておく」(ガン社長)としている。追加帯域の認可が出れば、下り最大75Mbps/上り最大25Mbpsのエリアが広がることが期待できる。

まぁ1.7GHz帯の新枠5MHz幅はイーモバイルにしか取る利点ないですし順当に認可が下りるのでしょうね、ドコモの場合は全国枠で利用されてる電波の移行先の決定と移行費用負担辺りで纏められるのでは?
  1. URL |
  2. 2012/02/22(水) 22:29:39 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

イーモバイルに900MHzを割り当てると言うのは全く感心できません。
イーモバイルの加入者は、ドコモ、au、ソフトバンクの加入者数よりも、1桁少な状況です。
まず、1000万契約を取ってから、さらに資金力のテストに合格してから、初めて割り当てを検討しても良いぐらいです。
イーモバイルには、1.7GHzの追加で充分です。
あと、ドコモが1.7GHzを放置したのは、経営ミスだと思います
  1. URL |
  2. 2012/02/22(水) 22:33:14 |
  3. モロリン #-
  4. [ 編集]

>あと、ドコモが1.7GHzを放置したのは、経営ミスだと思います

東名阪でしか使えない周波数帯にも注力するというのは、いったいどのように優れた経営判断なのですか?
  1. URL |
  2. 2012/02/22(水) 23:49:20 |
  3. 普段はROM専門 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>dieさん
ドコモの回線自体はまだまだ耐えられるでしょう。
SPモードのIP周辺がこういったMVNOに分散する事でドコモの強力なモバイルネットワークが
より有効活用されることになると思われます。

>通りすがりさん
私は上下逆は無線機がその周波数に対応できていればプロファイルだけの問題なので
大した問題ではないような気もしています。だたし上りと下りの幅が広ければ余りにも
広い帯域への対応を要求されるので色々とこんなんに当たる可能性は否定できませんが。

>kkさん
まあ1.7GHzの追加5MHzをイーモバイルが取るのは順当でしょうね。
しかしそれではすぐにパンクしてしまいます。
なので900MHzを取ってLTEをガンガン展開できるようにしてあげなければいけませんね。

>モロリンさん
まあソフトバンクを擁護しようとするとその線で攻めるしかないですよね。
私もその立場でのシミュレーションは行っているので考慮済みの意見です。
イーモバイルはPCデータを中心として契約を集めており、例えばソフトバンクのように
殆ど使われていないような音声端末による契約数集めを行っていません。
そもそもソフトバンクは最近までデータ通信をイーモバイルに借りていて
今なお既に契約が残っている分はイーモバイルを頼っている状態です。
キャリアは単純な契約数で量るのではなく、どれだけのデータ量や通信量を
扱っているかという事を考慮しないとそれこそイコールフッティングだとは言えません。

>普段はROM専門さん
総務省に働きかけて全国バンドに持っていく努力をしなかったことをミスと言いたかったのです。
W-CDMAのバンドⅢとLTEのバンド3の世界バンド
経営という言葉を出したのは表現を間違えました。
  1. URL |
  2. 2012/02/23(木) 01:13:47 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

いろいろとコメント。

>世界中でもDC-HSDPAなんてろくに使われておらず、HSPA+も
>使えるところは有ってもメジャーとは言いがたい状態でした。

HSPAが160カ国の423キャリアで普及しているのに対して、HSPA+は95カ国の185キャリアで運用されています。これは、
>2015年には70カ国で200を超えるLTEサービスが開始される事になると記事はなっているが、
に対して決して少なくない数と思います。もっとも、42MbpsのDC-HSDPAについては49キャリア(国数は資料にありません)と、既にLTEサービスインしている34カ国、57キャリアに比べても少数ですが。
http://www.4gamericas.org/index.cfm?fuseaction=page&pageid=939
(参照時点で2012年2月15日のデータ)

>世界は本命を冷静に読み、LTEと位置づけて計画的に動いていたのです。
むしろ、ドコモとLTE推進派がHSPA Evolutionの流れを押しとどめたといえるのでは?
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/wj2011/20110530_449304.html
(引用)さらに「LTE World Summit 2011のプログラムになぜか書かれていた」と言いながら、2Gサービスを終了して世代交替させる秘訣を講演してきたことも紹介した。日本とは違い、ヨーロッパでは2Gサービスが残っていて、終了は考えづらい状況だという。尾上氏は、「古い技術のEvolutionをやめること」と秘訣を語ったこと、そして「同じことが3Gでも起こるので気を付けたほうがいい」と警告を伝えたことを報告した。(引用終わり)
古い技術のEvolutionとは、まさにHSPA+のことですよね。
上に挙げた4G Americasの資料でも、2009年から11年にかけてAT&T, Telstra, China Unicom, DeutscheTelekomなどメジャーどころがHSPA+を導入しています。「本命を冷静に読み」なんてとんでもない。

>しかも900MHzの倍の周波数なのでアンテナも作りやすく対応する端末は非常に
>多くなると思われます。つまり安価で対応する端末が多くなると考えられます。
700MHz帯の2次高調波がちょうど1.5GHz帯になっていることは指摘しないのですか?
1.5GHz帯は日本の独自周波数帯で有り続けると思いますが、700MHz帯対応の端末が普及してくれば、1.5GHz帯対応もちまたで言われるほど困難、高価とはならないような気がしています。

>現在のトラフィックの最大発生元になっているスマートホンで
>1.7GHz帯に対応していない端末は数多くあります。
ドコモDシリーズの対応状況を何となくまとめてみました。
UMTS Band 9 対応
 F-03D*, L-02D, P-02D*, SH-01D*, T-01D*, N-01D, SO-02D*
LTE Band 1 対応
 F-05D, L-01D, N-04D, SC-03D
いずれも非対応
 P-01D*, SH-02D, SH-04D, F-07D*, SC-04D, SO-01D
なお、*がついているのはUMTS Band 19対応機です。
また、STYLEシリーズは6機種のうち5機種がBand 9対応、Band 19には6機種すべてが対応しています。
現状では、全部のバンド・モードを実装することは無理なので取捨選択を行っているのでしょうが、なぜこうなっているのかはよくわかりません。

>ドコモの1,7MHz帯を全国バンドにするべきだと思います。
総務省の「周波数再編アクションプラン(平成23年9月改定版)」に既に載っていますよ?
http://www.soumu.go.jp/main_content/000128692.pdf
(引用)① 1.7GHz 帯携帯無線通信システム
・ 周波数需要に対応するため、平成24 年中に10MHz 幅(1744.9~1749.9MHz/1839.9~1844.9MHz)を確保できるよう調整を進める。
また、現在、東名阪地域に限定されている周波数帯域( 1764.9 ~1784.9MHz/1859.9~1879.9MHz)について、使用可能地域の拡大について検討する。(引用終わり)
追加割当の2×5MHzはイーモバイルが当確視されていますが、どのキャリアが獲得するにしてもBand 9からはみ出している帯域なので、Band 3として運用することになるのか、新バンドを作るような困ったちゃんになるのか、野次馬としては関心があります。
東名阪バンドの全国化は、早く時期を確定させてほしいものです。

>TDD向けの2.3MHz帯の利用法を変更して移ってもらってもいいかも知れません。
細かい話ですが、現在の日本では、2.3GHz帯は公共業務用として割り当てられており(これは1.7GHz帯の携帯電話向け以外の帯域も同様)、「TDD向け」などという用途は存在しません。まあ、1.7GHz帯の移行先として2.3GHz帯が候補に挙がっているとはおもいますが、この部分は表には出てこないでしょうね。
また、800MHz帯FPUの移行先としても、2.3GHz帯が検討されていますよね。(周波数再編アクションプラン)
むしろ、1.5GHz帯のデジタルMCA空き地が2×10MHzほど残るはずなので、この辺も活用してほしいところ。

私の結論。もうちょっと周波数再編を急いでほしいとは思いますが、今の日本は悪くない線をいっていると思いますよ。ヨーロッパの800MHz帯だって、デジタルテレビの再編が終了するのが2015年6月なんですから。
  1. URL |
  2. 2012/02/23(木) 01:18:51 |
  3. みりん #r1kBbc/Q
  4. [ 編集]

>みりんさん
非常に詳しい情報有難うございます。色々と参考になる意見でした。

そうですか、東名阪1.7GHz帯の全国バンド化が既にアクションプランに載っていたのですか。
私が長年もったいない事だと思っていた部分が解決に向かっていたと知って喜んでいます。
また2.3GHz帯は2.1GHz帯のIPモバイル跡地のTDD帯域のことでした。
2.3GHz帯のことも書こうとして混ざってしまいました。

それとドコモのスマートホンで対応機種数が増えてきている事は確かなのですが、
相当売れたGalaxy S2、Xperia arc/acroのように販売数が多いものに限って
UMTS Band 9に非対応ってことまで含んで言いたかったんです。
実際には現状での対応機種数とは比例しない数のUMTS Band 9に対応していない
多くのスマートホンが使われる結果になったのではないかなと思うのです。

あとHSPA+については、対応国数とキャリア数は考慮に入れていません。
判断の基準にしたのは「アップルがiPhoneでのHSPA+の対応を見送って
14.4Mbpまでとした」ということを判断の基準にしています。
つまり対応国数とキャリア数は多いかも知れませんが、整備状況は
アップルが見送るレベルでしかなかったのではないかと。

それにソフトバンクはHSPA+の開始キャリアでは有りますが2GHzでは
開始していませんし、単純にHSPA+に対応しているキャリアだからといって
そればiPhoneで使えるかと言うとまた別の話にもなると思うのです。

開始したかどうこうよりも、浸かるものなのかということが重要じゃない
かと思うのです。
  1. URL |
  2. 2012/02/23(木) 01:59:23 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

鈴さんは700Mhz帯域分配はどのように考えていますか?
  1. URL |
  2. 2012/02/23(木) 08:51:13 |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

>> 普段はROM専 さん
地方バンドって、そんなに必要ですか?
それこそ、地方では2.1GHzや1.5GHzに逃がせば良いと思いますけど…。
地方は、後からもらっても充分だと思います。
僕なら、地方と都会のイコールフッティングしか意味がないと思います。
トラフィックの多いところしか、帯域を多く欲しいです
  1. URL |
  2. 2012/02/23(木) 21:18:44 |
  3. モロリン #-
  4. [ 編集]

もはやHSPA+だのなんだのと余計な回り道などせずにいたほうがいいんじゃないのかなぁ。と独り言。
  1. URL |
  2. 2012/02/24(金) 00:27:33 |
  3. cipher999 #2OPm.WFI
  4. [ 編集]

>通りすがりさん
900MHzを取るキャリアによりますが、基本的にはソフトバンク以外でしょうね。

>モロリンさん
キャリアはLTEでの国際ローミング事も前提にネットワークを作らないといけないですからね。
LTE2.1GHzなんてどの国の端末も対応していない周波数よりは多くの国の端末が
対応している1.8GHzをLTEに使う方がメリットが多いでしょ。
となると地方のLTE展開もそれにそった周波数でないと東名阪しかローミングが出来ない事に
なってしまいます。

>cipher999さん
株価釣り上げと一緒で、騒げばモノになると思っているのでしょうね。
  1. URL |
  2. 2012/02/24(金) 04:11:42 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>みりんさん
イーモバイルのLTEはBand3としての運用とこの前の発表会動画で副社長の阿部氏が話しておりました
  1. URL |
  2. 2012/02/25(土) 00:49:44 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

>kkさん
遅ればせながら、情報ありがとうございます。
端末認証情報でも、LTE Band 3となっているみたいですね。

ところで、2ちゃんねるで拾った情報なのですがw、850MHz帯のBand 5/18/19を束ねるようなBand 26 Extended850MHzという規格が現在3GPPで検討中だとのことで。上り814-849MHz、下り859-894MHzというのは、700APTともハーモナイズがとれて、世界的に普及しそうな感じです。この拡張帯域、日米韓に加えて、オーストラリアでも検討しているみたいですし。

さらに、700MHz APTバンドは、既にインドがFDDに転向している模様。中国はこの帯域でのIMTは2015年まで利用しないことはずっと前から決まっていますが、ほぼこれでATP FDDのグローバルバンド化が決まったようなもの、と勝手に思っています。
http://www.rsm.govt.nz/cms/pdf-library/policy-and-planning/current-projects/digital-dividend-planning-for-new-uses-of-the-700mhz-band/submissions-1/digital%20Dividend%20Submission%20-%20Vodafone.PDF
Vodafoneがニュージーランドに提出した700MHz帯に関するコメントの72.にあります。

全てうまくいくと、700APT/Extended850/900/1800/2100と、主要5バンド全てが最大市場とハーモナイズされることになります。FDD LTEのアジア向け端末は、まず間違いなくこのバンドに対応すると思いますので(既にアジアでLTEがサービスされているExtended850/1800/2100が先行するでしょうが)、個人的にはこれで満足です。
  1. URL |
  2. 2012/03/17(土) 02:30:36 |
  3. みりん #r1kBbc/Q
  4. [ 編集]

>kkさん
マジですか。
私は範囲には言っているという意味で書いたのですがイーモバイルから正式に
発表が有ったのですね。情報有難うございます。

>みりんさん
>850MHz帯のBand 5/18/19を束ねるようなBand 26 Extended850MHz
それすごい情報ですね。恐らくBand6も内包していると考えても良さそうですね。
700APTは途中から進展が良く見えないので若干諦め気分だったのですが
どうやら綺麗に纏まりそうな雰囲気っぽいですね。
(長らく記事にせずにドコモ900に拘ってたのもそのせいだったりw)
これ以外と900よりも700の方が厚い可能性が考えられますね。
帯域幅が10MHzなのは今でも無しだなとは思っていますが。
  1. URL |
  2. 2012/03/17(土) 03:21:26 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2278-894f38b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。