FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

米国でのAndroidとiOSの立ち居地

機種別ではiPhoneに、OS別ではAndroidに軍配 - 2011年第4四半期、米スマートフォン市場

>米調査会社NPD Groupによると、昨年第4四半期に米国で販売されたスマートフォンのうち、
>Android端末が48%を占め、OS別市場シェアでiOSの43%を上回ったという。
>
>なかでも、スマートフォンを初めて購入するユーザーはAndroid端末を選ぶ傾向が強く、
>調査対象の34%がiOS端末(iPhone)を購入したのに対し、57%はAndroidを選んだという。




こういう情報は珍しいのでどうしても触れておきたくなったので紹介します。

買い替え組みを含んだ2011年Q4の全てのスマートホンの端末のシェアが左側。
初めてスマートホンを買う人のシェアが右側。

全てのシェアのほうはiOSがAndroidをかなり追い込む形になっている。
その反面始めてスマートホンを買う人には意外とAndroidは優勢となっています。


これはどう考えればよいか。
2011年Q4はiPhone4Sの発売で旧端末からの買換え需要がどっと増えた
ことで全体ではかなりiOSがAndroid端末を追い込むことになりました。
一方、今後OSの展望を考えた時にはiOSよりもAndroidの方に未来を感じて
いる人が多いので新規にスマートホンを買う人が多いのではないかと考えられます。

iPhone側の事情を考えると買い替えの忠誠心は比較的高いと思われる一方、
今後の事を考えるとAndroidの方がいいと考えている人が過半数を超えていると
思われます。


これがiPhone人気の非常に高い米国での調査だという事が問題です。
他の国で調査をすると、もっとiOSの数字が低く、Androidの数字の
方が高くなりように思います。

世界は確実にAndroidの方に動いているのではないかなと思われます。




では今後AndroidとiOSのシェアはどういう風に動いていくのか。
当然ながらもっとAndroidのシェアは高まっていくと思われます。

iPhoneが発売されて半年も経てば更にどんどんとAndroid端末が
溢れかえります。日本国内でも春から夏にかけてどかどかと端末が出てきます。

そうなった時にiPhoneがどこまでその攻撃に耐えられるのかが鍵に
なると思われます。LTE端末もどんどん出てきますし。


そうなるとiPhoneの反撃はいつになるのかが今後のiPhoneの
行方を大きく左右します。Androidはどう転んでも多数側なので安泰です。
しかしiPhoneはどのタイミングで出すかによって生き死にの問題に
発展しかねません。

例えば6月などの初夏に出した場合、4Sで大きくヒットを飛ばした勢いを
継続させる事が出来て、一旦減り始めたシェアを有る程度取り返すことが
可能だと思います。絶対的にAndroidが強いのは変化はしませんが、
iPhoneの落ち込みを強くカバーする事が可能になります。

しかし逆に更にその次の端末がすぐに出せる体制が整うとは思えません。
iPhone5で結構ネタ切れ的なところが感じられ、それ以降の端末は
基本的に贅肉を盛って快適性や多機能を追求する事になるのではないかなと
私は考えています。

つまり5の発売タイミングの置き場所を間違えると致命傷にもなりかねない
ことになる可能性があります。

また5ではLTE対応をしてくる可能性もいろんなことが報じられていますが、
LTEかTD-LTEを選ぶのか、またどの帯域に対応してくるのか。
AndroidならLTE対応の端末でも何十機種と有るので規格を選び
間違えてもメーカー的には損害ですが、Android全体から見ると
数メーカー程度規格の読み間違いがあったところで大した問題にはなりません。
しかしiPhoneでは規格の読み間違いは即命取りです。


今後のiPhoneは北朝鮮のギリギリ外交のように間違う事は出来ませんし、
最高のタイミングや選択を要求されます。

iPhoneは既に新規が既に減り始めてしまっている状態で、今の日本の
少子高齢化のような状況に陥っていってしまいます。Android等に
抜けていくユーザーは止められませんが、しかし新規はあまり入ってこない
ということになってしまっています。


後から買う人ほど慎重派で、勝ち組に入りたいと思っている人の割合も
増えていくものと思われます。
関連記事
  1. 2012/02/17(金) 23:00:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<災害時の通信手段 | ホーム | iPad商標問題で世界からiPadが消える可能性が浮上>>

コメント

iPhone5がLTE対応の場合、TD-LTEは無いと思います。
米国で商用サービスで開始されているのがFDD-LTEであり、TD-LTEはサウジアラビアしか商用サービスがありません。
各国のTD-LTEのフィールド試験の状況からiPhone5Sぐらいから対応があるかも知れません。
日本だとSBMのAXGPの展開が早そうですが初期ロットで米国で商用サービスが始まってない物を載せてくる可能性は低いと思います。
  1. URL |
  2. 2012/02/18(土) 00:25:00 |
  3. モバイルマニア #mQop/nM.
  4. [ 編集]

最近はこの記事のようにAndroid優勢で実際いろんな数字から見てもそうで、
今後もそうなんだと思うけど、ほんとにそうなのか、なんの根拠もないけど超個人的には疑問なんですよねぇ。

自分は仕事上、しかたなくiPhone4とAndroid(SH-01D)両方使ってるけど、
使いやすいのは断然iPhoneなんですよね。
Androidのどこが悪いってわけじゃなくトータルとして。

AndroidはEclipseで気軽に開発できて個人的には楽しい端末ではあるのだけれど、
周りでは、Androidを今使ってる人はガラケーに戻したいって言ってる人多いし。。。。
iPhone使ってる人は次もiPhoneって言うし自分もそう思う。。。
自分の周りがたまたまそうなだけなのか?

日本ではAndroidユーザーのガラケー回帰が始まる気がするんだけどなぁ。
もちろんiPhoneでもそれはあると思うけど、Androidよりそう思う人は少ない気がしてます。

根拠は何もありませんが自分の周りの声でそう思います。
iPhoneが苦境でAndroidが順風満帆だとはどうしても思えません。
  1. URL |
  2. 2012/02/19(日) 20:45:45 |
  3. yk #tl2iQ/4g
  4. [ 編集]

>モバイルマニアさん
基本はLTE化はFDDだと思うんですけど、周波数が散らばりすぎなんですよね。
TD-LTEだと2.3GHzと2.5GHzだけに対応すればいいというメリットは有るので
まだ門前払いで可能性を消す気にはなれないんです。
周波数を統一できない事を嫌って意外とiPhone5はLTE対応無しで出てくる可能性すら
有るなと考えているぐらいです。そのぐらい今のLTEの国際環境は酷いと思っています。

>ykさん
大人の意見であり、間違いなく一理有る意見だと思います。
iPhoneの使いやすさはディティールまでしっかりと作りこまれていて「迷う所がない」事に
尽きると思います。Androidは有る意味不親切な部分があり、それがAndroidの魅力にも
繋がっている所もあったりします。
Androidで慣れてしまうとiPhoneが面倒というかかったるいんです。
だから慣れの問題が往々にしてあり、それでAndroid派とiPhone派に分かれる
大きな理由になっていると思います。
最終的には「そっけなさから来る誤解」されることも多いAndroidも理解が深まってくると
見直される事も増えてきて「使えない」からの揺り戻しは有ると思っています。
勿論それでも馴染めない人がいてフィーチャーホンに戻りたいという被と入るでしょう。
それがiPhoneの方が絶対数が少ないだろうという事にも同意します。
しかし私の周りではiPhoneユーザーが居なくなり、Androidに変わっていたという
現象も起こっているのでそうだとばかりは思えません。
つまり「Androidの魅力」にいつ気づけるかが評価と次の端末選びに影響していくのでは
ないかなと思うのです。

Android4.0.xになればそういう声も少しは落ち着くような気がします。
徐々に悪い部分は変化していっていますし。
  1. URL |
  2. 2012/02/19(日) 21:49:00 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2275-299abf90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。