FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップル終に泣きが入る、「iAd」広告料を再度値下げへ

アップル、「iAd」広告料を再度値下げへ - 最低金額10万ドルに

>アップルは、2010年夏の「iAd」提供開始当初、1キャンペーンあたりの最低金額を
>100万ドルに設定していた。しかし、この料金の高さが災いして、iAdの売上は
>その後伸び悩んでいることが伝えられていた。そのため、同社は昨年最低料金を
>50万ドルまで引き下げ、さらに前払い金を条件として一部の広告主に30万ドルと
>いう条件を提示したこともあったという。

>アップルはモバイル広告市場で、グーグル(Google)やミレニアル・メディア
>(Millennial Media)の後塵を拝してきている。IDCのデータによると、
>2011年の米モバイル広告市場におけるグーグルのシェアは24%で、2010年の19%から増加。
>また、ミレニアル・メディアの2011年の同シェアは17%。それに対し、
>アップルはシェアは2010年の19%から、2011年には15%まで落ち込んだという。
>
>この低迷の原因については、サービス開始当初の割高な料金設定に加え、
>広告配信先がiOS端末に限定されるというプラットフォームの問題も挙げられている。
>グーグルやミレニアル・メディアでは、Android、iOS、Windows端末のいずれにも
>広告を配信できるが、それに対してアップルはi0S端末のみにしか配信できない。
>
>iOS端末は累計で3億1500万台が販売されており、対応アプリの数も約55万種類に
>達しているが、最近ではiOS別のシェアでAndroidに押され続けていた。


モバイル広告シェア
Google        19%→24%
アップル        19%→15%
ミレニアル・メディア ??%→19%


モバイル広告の分野でiAdの求心力の低下が激しい。
当たり前のことといえば当たり前の事です。

冒頭に書かれている通り、広告料の高さも要因の一つにあるのでしょうが、
それ以上にiPhoneのシェアがどんどん下がっている事が最大の原因では
ないかと私は考えています。

iAdはiOS端末でしか広告が見られないのですから普通に考えて
Android端末がシェアを高めてきたのですからiAdの魅力は
相対的に下がってしまって当然でしょう。

企業は必要なものには金をかけますが、必要でないものに金をかけるのを
やめてしまったというだけの単純な話しだと私は考えています。


抜き出したモバイル広告のシェアを見てみるとアップルはGoogleに
抜かれただけではなく、ミレニアル・メディアにも抜かれてしまっています。
広告メディアから見たアップルに対する魅力がどんどん失われつつ有るんだなと
実感できる数字だと思います。

わざわざ高い金を払ってシェアが半分以下の端末に向けて広告を打ちたいとは
誰も思いませんよね。
関連記事
  1. 2012/02/16(木) 21:55:00|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<iPad商標問題で世界からiPadが消える可能性が浮上 | ホーム | iOSアプリの「連絡先」データ無断取得問題>>

コメント

と言うか、Appleの囲い込みに嫌気がさした会社が多くで始めたってところでは。
iBook Storeでは「他店舗での価格決定権」まで握ろうとして、それを嫌った会社が出て
慌てて条件を緩和してきましたからね。
  1. URL |
  2. 2012/02/17(金) 12:07:21 |
  3. こむ改 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2273-b94c25ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。