FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

AndroidとiOS端末、どっちがよく売れる?

Androidタブレットの販売台数が3倍に、シェアは39%に上昇

iPhoneが「Android全部」を上回る:米Verizon社の販売


Android端末が売れている、iOS端末が売れている。

色んなニュースが飛び交うが一体どれが本当なのか。
どれも本当だから困る。

しかしそれは事の一部分を切り取った上での本当だ。
それを見極めていかないと大きな流れを見失ってしまう。
例えばほぼ時期を同じくして出てきた上の二つの記事、どう読むべきか。

片や2010と2011Q4の「全世界」のタブレット端末の動き。
そこにはこの一年間様々なスマホやタブレット型端末の発売や売れ行き、各OSの
シェア等の色んな力を受けて出てきた数字かなと思われる。

一方iPhone4Sは上の記事と同じ時期のベライゾン版のiPhoneという
条件を限った話。今年の春頃から長らく期待したまま待たされてきたオナ禁状態の
iPhoneファンや購入予定者で、しかもベライゾンという限られたキャリア
だけの話です。そのベライゾンは世界で一番iPhoneが好きな国のアメリカ。
iPhone3Gの頃もよくアメリカの販売数(予測物も含む)が突出したグラフが
出ていましたよね。

つまり上手に条件を絞っていけば意図した数字を作り出すことが割りと可能な状態に
現在は有ると言えます。

これがベライゾンだけでなく、世界全体や日本全体、せめてアメリカ全体程度の割り
ならばまだ面白い傾向が出始めていると読めたと思います。しかし「何故そこで
ベライゾンだけ?」って先にハテナが来てしまいます。

で、私の記事に対するコメント欄でもこの記事を引用された方はいらっしゃいますが、
その方を含んでこの記事で「iPhone4Sスゲー、Androidザマァ」
的な発言を行った方に是非これを聞いてみたいのです。

「今後中長期的にその傾向は続くと思いますか?」

その回答にこの記事の意図や真髄が隠れているのではないでしょうか。



次にAndroidタブレットの記事で2011Q4の対前年比較。

         2010Q4  2011Q4
Android   310万台 1070万台 (上昇率約3倍) →2012Q4予測:約3000万台(等比の場合)
Apple    730万台 1540万台 (上昇率約2倍) →2012Q4予測:約3000万台(等比の場合)

         2010Q4  2011Q4
Android    29%   39.1% (対前年10.1%) →2012Q4予測:約50%(等率の場合)
Apple     68.2%  57.6% (対前年10.6%) →2012Q4予測:約47%(等率の場合)

多くの方が予感はしていると思いますが、私はAndroidのタブレットの市場は
まだまだこなれていなくて、2011年の年末商戦辺りからようやくこなれ出した
所じゃないかと思っています。

国内外のタブレットがようやくエンジンがかかってきたところで、数字的には
2012年でようやくスタートを切ったといっていい状態ではないかと思います。

ですので2012年のAndroidタブレット市場は間違いなく今までとは
違った上昇カーブを描くと私は考えています。3倍なんて生ぬるなく、もっと
上を目指すだろうと思います。

今まではマニアのおもちゃでそれ程一般の人は手を出さなかったAndroid
タブレット端末に一般の波が押し寄せてくるからと考えています。
やっぱりGoogleの提唱するクラウドのメリットを最大限傍受するには
スマートホンとタブレットとPCをセットで利用するのが一番です。

PCについてはまだGoogleは弱いと思える部分も有りますが、
やはりGoogle+やAndroidマーケットをPCも含んで
利用し出すとGoogleが全てを環境を統合しようと考えていると
いうことが嫌というほど分かります。

それに気づき始める人が増えてくるのが2012年だと私は考えています。
Androidはクラウドの環境でスマホとタブレットとPCを連携して
こそ威力を発揮します。国内メーカーはそれをよく意識してタブレットを
売っていくといいと思います。



最後にiPhoneの記事の中で「それはちょっと・・・」と思った部分を挙げておきます。

>また、多くの(ほとんどの?)Android携帯の購入者は、自分が買った携帯が
>スマートフォンだという自覚すらないように見える。

少しは居ると思われるが、それを何故iPhone購入者はこの件に関して該当無しの
ような書き方をするのか、更にそういう興味のない層ばかりがAndroid端末を
購入する数字だけで、今までiPhoneを驚異的に上回るペースで立ち上がってきた
ことをどう説明するのか興味があります。

早い話、元記事のライターの属性をよく調べてみるべきということですね。
関連記事
  1. 2012/01/27(金) 19:15:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドコモの障害は体質のせい、やっと改善のスタートラインに立つ | ホーム | Google 全体で 1 つのポリシー>>

コメント

米国全体で、iPhoneはよく売れたみたいです。
米スマホ市場 iPhoneが「アンドロイド」抜く
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20120127/JCast_120243.html
> 米調査会社カンターワールドパネルコムテックは2012年1月25日、2011年10~12月の米市場におけるスマートフォンのシェアを発表した。米アップルの「アイフォーン(iPhone)」が44.9%となり、米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を搭載した端末の44.8%をわずかながら上回った。

Jobsの死の影響も大きかったったのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2012/01/27(金) 20:43:44 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

サムスン電子が窮地…「世界標準特許」がブーメランに?
http://japanese.joins.com/article/898/147898.html?servcode=300§code=300

> サムスン電子は昨年、アップルのiPadとiPhoneがサムスンの第3世代(3G)通信標準特許を無断使用して被害を受けたとして、製品の販売禁止と損害賠償を請求する訴訟を起こした。
> サムスンは「われわれの土地を踏まずに(特許を使わずに)携帯電話を製造することはできない」と勝訴に自信を見せた。
> しかしEUの見解は違った。むしろサムスン電子が訴訟を起こしたのを契機に反独占調査に着手した。

結果がどうなるのか、気になりますね。
  1. URL |
  2. 2012/02/02(木) 10:46:21 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2218-e3dc4e31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。