FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモが2011年の接続料を発表、そして…

ドコモが2011年度接続料を公開、あっせん協議は打ち切り

>接続料は、A社(他社)のケータイから、B社(ドコモ)のユーザーに電話をかけた際に、
>AからB社に支払われるもの。アクセスチャージなどとも呼ばれる。ドコモが提出した
>2011年度の音声接続料は、同一区域内で0.068円/秒、区域外で0.082円/秒となった。
>2010年度の区域内0.087円/秒、区域外0.105円/秒から、それぞれ約22%低減する。

この情報を過去このブログで取り扱ったデータの中に組み込んで見ます。
下記の表の値段は同一区域内で3分間話した場合のものです。



対前年%を出し忘れましたがそれ以外は一通りの比較要素は揃えられたかなと思います。

そこで浮き彫りになるのはソフトバンクの驚異的なぼったくりの数字です。
元から一番安かった比率的にドコモが一番下げているので、対ドコモの
比率がどんどん乖離していっています。

2008年から2010年にかけての3キャリアの下げ幅の比率を補足しておきます。

ドコモ     13.14円
KDDI     12.78円
ソフトバンク 13.86円

「なんだ、ソフトバンク頑張ってるやん」って一見思いますがさに有らず。
これを極端な例で表現しますと1000円ものもを10円値引きするのと
20円のものを10円値引きするのではどういう違いがあるかを考えてみれば
違いが分かると思います。

当然20円から10円値引くほうが値引き幅が大きいわけです。
なんと言っても5割引なんですから。

もともと安いドコモと高いソフトバンクでこれだけ差が有るどんどん差が
広がっていっています。2009年は多少追いついた感が有りますが、
それでもドコモの安さには適いません。ドコモの2010年度が驚異的な
値引き幅だったおかげで他社は相当割高になってしまいました。



安い安いを豪語するソフトバンクが年々割高額を更新してドコモからだけでも
年間150億程度もの濡れ手に粟の利益を得ています。
KDDIやイーモバイルも入れると200億を超えているのではないでしょうか。

この数字どおりなら結局ソフトバンクはコスト自体は全く安くない事になって
しまいます。例の光の道・ソフトバンク独自案の時や800MHz論争の時は
「ドコモとはコストの考え方が違う」と豪語していましたが、なるほど確かに
考え方は違います。

他社の努力を掠め取るなんて卑怯で恥ずかしいコストの考え方をする業者は
間違いなく他とは違う考え方です。


以前から私はこの接続料は何度も何度も問題にしてきました。
800MHz論争に続き、今は900MHz割り当てについてです。
アップルからの納入額が一台辺り5万円とも6万円とも言われている
iPhoneを実質0円でばら撒いているわけですが、それらの原資にも
ドコモや他キャリアから掠め取ったお金が割り当てられているでしょう。

ホワイトのキャリア内無料はドコモもXiプランで24h無料を始めた
以上、ソフトバンクはもう言い訳は出来ません。

他社から奪ったお金で0円でばら撒いてそれで帯域が足りないから
900MHzを頂戴なんて甘い話は成立しません。

しかも今更非効率な3Gを新帯域で始めようなんて考えられない。
ソフトバンクはiPhoneのトラフィック分散用と豪語していますから。
900MHzには間違いなく3Gを立ち上げてしまいます。

ドコモやイーモバイルなら900MHzにはLTEを立ち上げてくれるでしょう。
特にドコモは今後の設備投資は出来る限りLTEにしたいと以前から言っていますし。
今から立ち上げるなら間違いなく次世代に繋がるLTEにすべきです。
また余計なクッションを置いて帯域の無駄遣いをされては困ります。


以上のことからこれだけ接続料金を高止まりさせているソフトバンクに
900MHzを与える必要は全く感じませんし、国全体の損失でしょう。

私はソフトバンクが900MHzを欲しいと言っていいのは最低でも
ドコモの接続料を下回った数字を発表してからだと思っています。
そこがソフトバンクがスタートラインに立っていい前提条件でしょう。

勿論3Gを始めるということを取り下げないと割り当てるべきではない
という問題は引き続き有ります。2015年に向けてのトラフィックの爆発
に向けて今後の帯域利用は絶対にLTEを条件にしなくてはいけません。
今更後ろ向きなキャリアに割り当てる事は国益になりません。

まずはソフトバンクが2011年度の接続料をどこまで下げるかが見ものです。
なんと言っても今後毎年6000億のあぶく銭が沸いてくると社長が豪語
している会社ですからね。掃いて捨てるほどお金があるのなら他社から
掠め取る必要はないわけで、笑いが止まらないほど売れて売れて仕方がないの
なら正しい数字を示すべきです。

他社よりも電波状況が劣悪な設備で、しかも唯一2Gを終わらせている会社が、
他社よりもコスト高なんてどう見てもおかしいですからね。

ドコモなんて800MHz+1.7GHz+2GHzと3つの3Gの帯域と
2Gの携帯を運用して一番安いなんてどう考えてもおかしすぎます。
ソフトバンクの実コストはドコモの半分ぐらいしかかけていないんじゃないかな
というのが私の心の内に秘めていた数字です。
ソフトバンクのネットワークが余りにもボロ過ぎますから。

だから2年で1億とか(実際には1年で5000億という表現詐欺)言って、
それなりの数字を示してちゃんとやりますとか言わなくちゃならない。

「吠え付く犬は食いつかず」

この犬が白い犬だったなんてこの言葉を考え出した人は知らなかったでしょう。
口先ばかりでちょっとだけやってやったふりだけ見せてあとは適当にごまかす。
世間は最初だけしか見ていませんからね。



大好きな艱難辛苦が是非孫正義氏の元へ届きますように総務省の正しい判断が待たれます。
関連記事
  1. 2012/01/25(水) 20:42:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<IS01も未来へ~ICSを食べたIS01 | ホーム | キャリア公式のスパムメール>>

コメント

予想通りといえば予想通り

決算発表の席上で社長自ら接続料でホワイトプランを維持してる旨を暴露した過去がありますし、協議打ち切りは案の定ですかねえ。


早くシェア伸ばして開示義務のラインに立てばマトモな話ができるかもって感じじゃないですか??
(^o^)
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 21:05:31 |
  3. どこも族tab #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

この件については、ドコモが率先して下げ過ぎとも思えなくもないですが、ソフトバンクは900MHz帯を獲得して、50m級の鉄塔を建てまくるわけですから、ネットワークコストは、下がりはしないでしょうね
  1. URL |
  2. 2012/01/25(水) 21:31:17 |
  3. モロリン #-
  4. [ 編集]

古いデータですが

2008年度、イー・モバイルのアクセスチャージは29.34円と、ソフトバンクより安いんですよね。
  1. URL |
  2. 2012/01/26(木) 10:55:00 |
  3. 仮 #-
  4. [ 編集]

総務省はソフトバンクモバイルの2種指定を検討中だそうですよ
  1. URL |
  2. 2012/01/26(木) 16:27:08 |
  3. hatchet #-
  4. [ 編集]

なぜ起きた? 信頼が揺らぎかねないドコモの通信障害【石川温氏による解説】
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/074/74165/
流石に総務省も見過ごすわけにいかなかったと
  1. URL |
  2. 2012/01/27(金) 00:10:54 |
  3. kk #-
  4. [ 編集]

イーモバイルが接続料を発表しています。
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20120127_507987.html
前年比約34%減少の0.067円/秒(2011年度:0.102円/秒) 3分間にすると18.36円→12.06円
SBMの発表が楽しみになってきました。
  1. URL |
  2. 2012/01/28(土) 00:21:13 |
  3. IRN58 #Qi8cNrCA
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2216-2d49d97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。