FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップルを更に追い込むサムスン

サムスン、4件の特許侵害でアップルをドイツ地裁に追加提訴

サムスン、日本と豪州でも「iPhone 4S」の販売差し止め仮処分を申請


元々はアップルが仕掛けた喧嘩、しかし投げたのは喧嘩を仕掛けた側のアップル自身。
しかし逃がさないぞと更に追い込もうとするサムスン。
勿論Googleも後ろには控えている。
アップルに勝ち目はない。

一つしたの記事でAndroidの隆盛とiPhoneの下降トレンドについて書いた。
裁判でもそれに連携するような形に推移している。

せめて裁判のほうだけでもくだらないことをせずにいればもう少し楽だったのに・・・と
言うしかない。来年の今ぐらいにはAndroidとiPhoneのパワーバランスは
どうなっているのか。


私は私の言ってきた意見の延長線上、かなりAndroid側に加速がついていると
考えます。勿論WindowsPhoneは存在すら忘れられているのではないかと。
iPhoneの沈みが速ければ多少浮かび上がることも出来るでしょうが。


アップルはサムスンの追撃を振り払い切れるでしょうか?
振り切れずに販売停止が広がるとAndroidの浸透が更に加速するだけに
アップルにとっては死活問題です。

アップルとソフトバンクの株価の推移が気になってきますね。
アップルはこの10月につけた$420越えを取り戻すことが出来るのでしょうか。
ソフトバンクは震災前の3月4日に出した3515円の65%の2304円。
この調子では2000円割れも視野に入ってくると思われる。
それを握るのはiPhoneの勢い、それにはサムスンの動きも大きく影響すると
私は睨んでいる。
関連記事
  1. 2011/12/20(火) 22:40:53|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ドコモ、spモードの障害について考えてみる | ホーム | Androidがやっぱり強い>BCNランキング>>

コメント

Appleの敗因は、Samsungを「自分の技術を持たないパクり企業」とレッテル貼りしてしまったことでしょうか。

Appleだって馬鹿じゃないから、MotorolaやNokiaなどの「ホンモノ」には絶対に喧嘩を売らない。むしろ特許裁判で追い込まれて莫大な賠償金を支払う羽目になってる。

だけど、SamsungやHTCならどうせ韓国・台湾の後発パクりベンダだろうから、ヘボな意匠権で戦える、と思ったんでしょうね。

はっきり言って、SamsungやHTCは、Appleの100倍は技術企業ですからね。Appleこそ、他社の技術をただ詰め込むだけのインテグレーション技術しか持たない。それを決まった形に押し込むなんて言うくだらないデザイン技術には長けているけど、本当の技術は何一つ持っていない。これは初代マッキントッシュの時から何も変わってない。あの当時も「ありものの技術をパクって卓上型に押し込んだだけの会社」っていう評価でしたから。GUIもほぼ100%パクり、一応独自の技術的ブレークスルーを付与したWindowsの方がはるかに技術的にはチャレンジングな製品でした。

たぶん、技術を持たないからこそ、自社が技術を持っていないってことに気が付かないんでしょうね。だから、タッチパネルのジェスチャーなんていうくだらない特許を恥ずかしげもなく世界に発表して大恥かいているわけです。

これで、本物の技術をもった会社には敬意を払う、っていう会社に生まれ変わってくれればいいのですが、そんなことは永劫にあり得ないでしょうね。特許裁判で負けても、逆恨みしかしないでしょう、あの会社のこれまでの行動を見ていれば。
  1. URL |
  2. 2011/12/21(水) 23:37:38 |
  3. arlt #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2121-3fd40258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。