FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

半年で1億台、Androidが脅威の販売数

Android端末の総アクティベーション数が2億台を突破、日々のアクティベーション数は55万台

>音楽ストアサービスや「Google Music」の正式提供などが発表されたGoogleのイベントにおいて、
>Googleは今日までのAndroid端末からのアクテベーション数を発表しました。
>総アクティベーション数は2億台。5月のGoogle I/Oでは1億台とされていたので、
>わずか半年で倍増したことになります。また、日々のアクティベーション数は55万台とのこと。

Android端末は脅威のハイペースで端末が売れていることは広く報道されていること
ですが、Googleからも正式に発表がありました。

5月現在で累計1億台を売ったということでしたが、それから半年で更に1億台を売った
ことになります。

5月以降に売れた端末と言えばほぼAndroid2.3GBを搭載した端末か、
2.3GBにアップデートできるクラスの端末でしょう。

そうなると稼動しているうちの1億台はほぼAndroid2.3の端末ということになります。
その5月迄にもAndroid2.2Froyoを搭載した端末が売れているので
2.2以上でくくるとアップデート組みも含めて1億5千万台のAndroid端末は
2.2Froyo以降が稼動していると思ってもいいのではないかと思います。
それらの中の少なからずが2.3GBにもアップデートされていますし。

Android端末は短期間で一気に売っているのと、大量に売れ始めた端末のCPUは
ほぼSnapdragon 1GHzクラス以上で有るので最低レベルの底が高いと思います。
私の初代Xperiaだって腐っても1GHzクラスの端末ですし。

スナドラ1GHz以上でくくると殆どの端末が該当し、1億5千万よりもっと多くの
端末数になると思われます。Androidは2.3GBで一つの完成を見ましたが、
2.2Froyoでも必要十分な状態だと思います。


以前は頻繁なOSのバージョンアップによる互換性等が叩きのネタになっていましたが、
2.3GBで落ち着き、多くの端末を有するAndroidも2.3GBでほぼ統一が
はかられ、更にたくさん流通しだしたアプリをメーカーが事前に互換性テストができる
環境が整い、iOSに比べて互換性で問題を生んでいたAndroid上のアプリの
互換性も端末同士の互換性もかなりましにはなってきたように思います。

日本語アプリでは多くの人が使っているGalaxyとXperia辺りでは問題を
起こすアプリはほぼなくなってしまったのではないかという気がします。
さすがにその二機種で問題を起こすとバグレポートが山のように飛び込んでくると思うので。


ところで、本家・鈴の音情報局の画板のアクセスログがどうやら色んな端末を持っている方の
足跡をつける場所として機能しているようですが、こちらの足跡ログを見ている限りでも
Android端末ではほぼ2.2Froyo以降しかない状態です。

たまに2,1も有ったりしますがそれはすべてSO-01Bです。
HT-03Aの1.6もひとつだけ有ります。
それ以外はすべて2.2Froyoか2.3GBです。

それ以外で足跡を残されている方はすべて2.2Froyoと2.3GB以降です。
iPhoneも積極的にiOSをバージョンアップさせるほうなのでOSのバージョン的
には比較的新しいものである可能性は高いです。

iOSでのアクセスは4.x以降しかない状態です。
3.xを使っている人はほぼいなくなっているということでしょう。

中には2.xがしつこくログを残しにアクセスに来ていますが、このアクセスは
全てネタかなと思っています。auでも2.xという意味不明なものもありますし。

4.x以降となると端末の底辺は3GSになると思います。
3GではiOS4以降は動きませんし、実は600MHzの3GSもそろそろ苦しい。
まあ使える下限と言えますが、できれば4以上がほしい所。

本来スペック競争する端末ではなかったはずですが、アップルもこれだけAndroidが
圧倒的なスペックを誇っていたらそのステージに立たないというわけにはいかなかった様子。

とはいえ4でも800MHz、4Sではデュアルですがやはり同じ800MHzというわけで
やはりバッテリー優先の設定でOSのチューニングで使い勝手をあげるやり方。



まとめて見ますと、AndroidではCPUは1GHz以上、OSは2.2Froyo以降が
実用ライン。去年の夏以降ぐらいに発売になった端末でしょうか。
初代Xperiaは4月だし2.1で該当しませんが、自分でカスタムROMを焼くなりして
2.2や2.3化するならば十分有りに変わります。


iPhoneでは去年の夏前に発売されたiPhone4以降が実用ライン。
iPhone3GSもiOS4.xで頑張る前提なら有りと言えると思います。


つまり普通に使えるスマートホンの境界は去年の夏以降発売辺りが境目。
それ以前は目利きが必要ということかなと。





Androidの方は初めにも書いたように2.3専用に向けて作っても今となっては
そう問題を起こすことは無いでしょう。iOSは4.x以上のラインを守ればほぼ大丈夫。


半年で1億台売るAndroid端末と1Qで2000万台半年の2Qで4000万台、
4Sの発売で少し増えて半年で5000万台売れると見られるiPhoneでは
このままだと半年毎に5000万台、年間1億台の違いが出てくると予想されます。


端末を買う人は今店頭に普通に並んでいるものを買えばまずOSのバージョン的に
問題がある可能性はほぼありませんが、アプリを造る側の人はどこで線を引けば
悩ましいことろです。

だらだら書きましたが何かの参考になったのでしょうかね。
ならない可能性のほうが高そうな気がします。


ちなみにiPhoneでソフトを書くときの注意はiPod Touchの存在。
RAM容量が概ね同じ世代のiPhoneの半分なんですよね。
一方Anaroid端末はほぼ512MBで揃っています。

RAM容量が影響するような迷惑なアプリを組むことなんてまず無いですが、
一応頭の中に入れておいたほうがいいかなと思われます。


ざっくりと端末とOSに触れてみました。
関連記事
  1. 2011/11/27(日) 19:28:23|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<「アホだと思われるのがベストの戦略」 孫正義インタビュー | ホーム | アップルのAndroid訴訟は単なるジョブズ個人の恨みが原因か>>

コメント

iPhone3GユーザーですがiOSは4.2.1で使ってます。
細かい話ですが、iPhone3GではiOS4以降ではなくiOS4.3以降が動きませんのでお間違えなく。
又、iOS4.2以降じゃないと音声通話にも支障をきたすとソフトバンクから案内が有りました。
そういる理由もあって、iPhone3GユーザーでもiOS3を使っている人は殆どいないと思います。
  1. URL |
  2. 2011/11/27(日) 19:40:53 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

>YASUさん
詳細をお知らせ頂き有り難うございます。
その辺り「そう言えばそういうのがあったな~」程度の認識で詳細を忘れてしまっていました。
確かに音声通話のなんじゃかんじゃっていうのも有りましたね。
アクセスログにiOS3.xが無い事の説明がつき、納得できました。
  1. URL |
  2. 2011/11/27(日) 22:37:10 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

真偽は分かりませんが、2ちゃんねるでiPod touchは通話と3Gパケットがないので、RAMは少なくても良いと言う書き込みをみました。

Androidはほとんどが3G対応ですが、前述の2ちゃんねるの書き込みの真偽は、どうなんでしょうかねえ?
  1. URL |
  2. 2011/11/28(月) 00:02:56 |
  3. モロリン #-
  4. [ 編集]

>モロリンさん
そんなこと書いていた人がいるのですか。
幾ら匿名だからってそこまで適当なことを書かないで欲しいです。
WiFiであれTCP/IPのスタックを積まなければならない以上必要なものは一通り揃っているんです。
それで一番の物理層の3Gの実装が必要ないからって節約できるのはほんのちょっぴりだけです。
RAMが半分になっても丁度いいぐらいなんてほど節約は到底出来ません。
  1. URL |
  2. 2011/11/28(月) 01:59:12 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/2040-6c4f2f4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。