FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

マイクロソフト、サムスンにアンドロイド関連特許許諾

マイクロソフト、サムスンにアンドロイド関連特許許諾
グーグル包囲網を強化


>【シリコンバレー=岡田信行】米マイクロソフト(MS)は28日、サムスン電子(韓国)と
>特許相互許諾契約を結び、グーグルが開発したOS(基本ソフト)「アンドロイド」に関連する
>MSの特許の利用をサムスンに認めると発表した。サムスンはMSに使用料を支払う。MSは
>アンドロイドを利用する携帯機器メーカーと相次いで特許契約を結ぶ動きを強めており、
>サムスンとの契約でグーグル包囲網を強める。

サムスンまでマイクロソフトの手に落ちた。
サムスンが特許料を支払う事が決まったようだ。

このおかげでAndroid端末の値段が上がり、WindowsPhoneのシェアが上がるかの
ような意見を持っている人は少なくない。私はそうは思わない。

詳しいユーザーは模様眺めに入る人もいるだろうが、今後予想される動きは店頭に並んでいる
Android端末は相変わらずで、WindowsPhoneの端末数が少し増える程度だと
思われる。

「なんだ、何も変わらないじゃないか。」

それを見たユーザー達は安心してAndroid端末を使い始めるだろう・・・というのが
今後の私が考える流れ。

以前私は各種記事に釣られてWindowsPhoneがぐんぐんシェアを伸ばして携帯用OSと
して二位にのし上がる日はそう遠くないかのような事も書いたが、どうもiOSを抜いて二位に
上がる事もままならないのではないかという考えに落ち着いてきた。


今回のサムスンの特許料の話、一方的にAndroid側が不利に見える。
たしかに特許料を払うと余計なコストがかかるから今までよりは条件は悪化する。
しかし端末開発のコストは開発がこなれてきて徐々に下がっていくので特許料の分を
いくらか穴埋めはしてくれる。まるまま特許料分のコストが上がるわけでもない。

そしてWindowsPhoneが特許料分のコスト安で有利になるかと言えばこれもそうとは
言えない。WindowsPhoneを出すにはOSのライセンス料金を必ず取られる。
結局WindowsPhoneを作って売るにも特許料とそう変わらないコストが必要になる。
そうしなければマイクロソフトは儲からない構造になっているから仕方が無い。

特許料を幾らに設定しているのかは分らないが、この特許料だけの話で一方的にAndroidOSが
不利になる事は考えられない。逆にWindowsPhoneがシェアを取るには今後相当な
努力が必要になると思われる。敵はAndroidだけはないのだから。

WindowsPhoneは結局法人用途に特化した携帯OSに納まるのではないかと予想している。
個人向けには余り流行る要素が見られない。

良くも悪くも既にドコモやauがAndroidの名前を売ってしまった後だ。
ここにWindowsPhoneが出て来ても「おせーよ」という事になりそうだ。

カラカラのスポンジはよく水を吸ったが、水を吸い終わったスポンジに今から水を吸わせるのは
困難な事だと思う。

Android端末はiPhone5の発売後の力の受け流し方次第ではまだまだシェアを伸ばす
見込みが有ると思う。Androidだってやっと安定してきた使える端末が登場し始めた頃だ。
そんな時期に新しいモノが登場しても既に目標を見つけて追いかけている大衆にあっという間に
踏み潰されてしまうだけのような気がしてならないのは私だけだろうか。
関連記事
  1. 2011/09/29(木) 19:26:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソフトバンク、秋の大騙してんこ盛り発表会 | ホーム | コンビニコピー違法化、私的クラウド補償金も!?>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/1885-6a1004da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。