FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

続・3G携帯はいつまで使える?

前編「3G携帯はいつまで使える?」からの続きです。
前編を先に読んでからのほうが良いと思います。



ドコモはHSPA+を無視してLTEの展開を2010~2012年辺りにはスタートさせる。
当然ながら当面の高速化はソフトバンクの方が楽に有利な展開に持ち込める可能性が
出てくる。しかしソフトバンクはHSPA+どころかHSPAもきっちりと全国展開できていない
可能性が高く、ドコモの足踏みの間も東京近郊などの局地的には抜くことはあっても
全国サービスで追い抜くことは有り得ないだろう。

ここで幾分かの時間的猶予がドコモに与えられる。
ドコモがユーザー数を減らさずにLTEに移行するにはこの猶予を上手に利用する必要が
ある。新たな基地局展開に不利なソフトバンクだとは言え、そうそう黙って時間を与え
続ける訳はない。ここでドコモが王者足りえるかが試される。


LTEとW-CDMAの関係について考えます。LTEや4Gの方式の端末は回路やハード的な
デコードからソフトやファームを使った演算でのデコードにシフトする。どんな演算を使う
のかまでは把握していないがFFTやらDCTと言った昔ながらの力技演算を気の遠くなる
ぐらい繰り返してデコードするんだと思います。

専用設計のDSPで鬼計算させて電波をデジタルデータに変える訳です。
計算機の性能が上がってきたから取れるキチガイじみた手法とも言えます。
この方法で計算法を変えれば3.9Gにも4Gにも対応できるというわけです。

これをSDR(Software Defined Radio/ソフトウェア無線)と言います。
ハード的には電波を受信してPCMデコードしてそのまま演算機にぶち込むだけの
汎用性があってごくごく単純な回路しか必要なくなるわけで、あとは専用DSPで
ごりごり計算をすればどんな方式でも送受信可能となります。

なので究極的にはハードは物凄く単純で価格を下げれる可能性を秘めています。
高いのは演算を行う専用DSPのみ。

今までの手法なら既存のW-CDMAとLTEの二種類の受信回路が必要となりますが、
SDRならLTEで採用されているOFDMA/SC-FDMAだけでなくW-CDMA/HSPAも演算で
デコードしてしまえばいいではないかということになります。

そうなると既存のW-CDMA基地局が生きてくることになります。
4Gの時代になっても3G過疎地域はしばらくは3G基地局のままで運用可能で、
耐用年数が終わってから3.9G/4Gに入れ替えると言う手法が可能となります。
そうなると今の2G携帯は今の2Gのように停波までの維持等ではなく、第一線の
基地局として20年以上経過してそれを過ぎても期間提供され続けるかもしれません。

今後はSDR携帯で3G→3.9G→4Gの移行は1G→2G→3Gの時代とは違う新しい
展開が可能だと思います。3G携帯が存在しなくなってからゆっくりW-CDMA→
3.9G/4Gの基地局に入れ替え可能になります。


ドコモ・ソフトバンクは今の資産を捨てずにそのまま移行できることになり、先の記事に
書いたソフトバンクの空白の期間もなくなります。勿論先に始めたドコモが優位で
イニシアチブを握るのは致し方ないですが。


現状に満足し、3.9G/4Gなんていらないよと思っている人も少なくないでしょう。
折角使えるようになった3Gの基地局をわざわざ捨てるなら私もそう思いますが、
将来的にはワンチップで全ての基地局にアクセス可能になるならば・・・、
また意見は変わりますね。


こうなるとKDDIも同じ展開が期待できます。
止まっていたCDMAの基地局の増強をまた始めたのは混雑緩和だけではなく
SDRで既存の基地局が生きてくるからということもあるのでしょう。ドコモが停波を
迎えるまでにどれだけのバックボーンの増強をできるのでしょうか、カバー的には
ドコモからほとんど遜色ないわけですから今後20年以上使える基地局と考えるなら
しかっかりと増強をしておきたくなるはずです。今ドコモが死に物狂いで基地局を
立てまくっているのはSDRを睨んだ上でだと思います。

ただし端末メーカーがSDRのデコーダーにCDMA2000/EV-DOをどれだけ対応
してくれるかが鍵になってきます。W-CDMA/HSDPAは間違いなく対応して
きますが、CDMA2000は乗せないメーカーもあるかもしれません。デコーダーの
ライセンスだけの問題なので技術的な問題ではないでしょうね、この辺り。


ただ会社は違えどKDDI陣営にはWiMAXという存在があります。
端末はユニバーサルの共通になっても基地局はユニバーサルにはできません。
できたとしてもスーパーコンピュータみたいな恐ろしいほどの計算機になりそうです。
どっちにしても方式を複数抱えることになったKDDIは今後不利でしかないでしょう。
飛ばない2.5GHzだし、この周波数では電子レンジの近くで使えないですよね。
弁当を温めたらダウンロードが失敗した・・・とかありそうでなんとなく嫌です。

今後LTE>4Gにかけて現W-CDMA陣営の3GPPは方式の拡張を続けていきますから
間違いなくWiMAXの利点を吸収してしまい、マイナー陣営の悲哀を受けることになると
思います。立てるより返納を選んだほうが賢いかも知れませんが、KDDI本体でやって
いるわけではありませんから止めるに止めれないのが正直なところではないでしょうか。


予断ですが、内部に同調できるアンテナが有ればワンセグだってフルセグだって
SDRで受信が可能になるように思います。ソフトを入れ替えれば携帯をスペクトル
アナライザに変身させることも可能ではないでしょうか。

要はワープロ専用機の時代からソフトを入れ替えれば何でもできるパソコンの時代が
やってきたようなものと考えればいいんじゃないかと思います。



二回に分けて書いてきたこの記事、完全な想像です。
大まかにはこの方向に、細かいことは違うようになりそうに思っています。

偉い人、ご意見有れば匿名でも何でもご指摘、突っ込み歓迎です。
遠慮なくネタとして叩き台にしてください。

雑誌編集の方、興味が有れば連絡頂ければこれを元にして原稿起こします。
関連記事
  1. 2008/08/11(月) 20:36:02|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<緊急::2ちゃんねるのドコモ規制 16:30 | ホーム | 3G携帯はいつまで使える?>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. |
  2. 2008/08/13(水) 11:16:01 |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/183-cd3dd467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。